女子高校生の友達に誕生日プレゼント!アイデアは手作り簡単リング

 

プレゼントするなら世界に1つだけの物をプレゼントしたい!

 

そんなことを思っていませんか?

 

特に女子高生ともなると、時間があるので、何かを自作してプレゼントする機会も多いことでしょう。

なので、今回は自分好みのハンドメイドをプレゼントしてみよう!という企画をお送りします。

完全にオリジナルのアクセサリーを作るので、誰とも被ることがないプレゼントを贈ることが出来ますよ。

 

話題のハンドメイドのアクセサリーとは?

 

世の中がとっても便利になったので、今ではアクセサリーなどほとんどの物が自分で作ることが出来ます。

また、人の手で作るハンドメイドは完全なオリジナルとなります。

 

一見、ハンドメイドと聞くと少しハードルが高い印象を受けますよね。

でも、蓋を開けてみると実際には、それほど難しい作業ではありません。

手先が起用な女性や男性なら、とっても簡単ですぐに作ることが出来ると思います。

 

そして、ハンドメイドの何が素晴らしいかと言うと、自分が欲しかったデザインを自分で作れるというところです。

ショッピングに出かけても、自分好みのデザインがなかったときってありませんでしたか?

きっと、こうゆう経験は誰しもがしたことがあると思います。

また、欲しいデザインがあっても、サイズが合わなくて買うのを断念した人もいるでしょう。

 

そんな悩みはハンドメイドで自作することで、「ノン!ノン!ノン!のノープロブレム」になりますよ!

予算も安く済ますことが出来ますし、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

女子高校生の友達に誕生日プレゼント!アイデアは手作り簡単リング

スプーンで作るシルバーリング!

 

まずは、定番のシルバーリングの作り方を紹介してきます。

今回紹介するハンドメイドリングは、材料が「銀製のスプーン」となっています。

実は、身の回りのものでシルバーリングを作ることが出来るのです。

 

シルバーリングの材料

  • お好きなデザインの純銀製のスプーンorフォーク(900もしくは925と裏に刻印されているもの)
  • 金属カッター(弓のこ・ジュエリー用のこぎりでも代用可能)
  • やすりorサンドペーパー
  • リング芯材(木芯棒・リング棒でも代用可能)
  • ペン
  • ハンマーや木槌、そしてガスバーナーがあると、とても簡単に作れますよ!

 

ハンドメイドリングの作り方①

まずは、どんなデザインを作るのか決めましょう。

 

スプーンの曲げ方によって、色んなデザインに変えることができますよ。

この写真では、ざっと2種類を紹介しています。

これは”指を包み込むタイプ”・”リングの端を入れ込むタイプ”です。

 

指輪のサイズを図っていこう!

作りたい指輪のサイズを図っていきましょう。

指のサイズを図る時は、紙を使うと便利、かつ、簡単に出来ますよ。

 

指輪を着けたい指の大きさを測定するために、指に紙を巻きつけます。

1周巻くと、重なる部分が出来ますので、そこに印をつけましょう。

※ただ、リングの端を入れ込むタイプを作る場合には、入れ込む部分用に少しだけ長さを足して印をつけておきましょう。

 

測定した紙と同じ長さをカット

 

指輪にする純銀製のスプーンを、さきほど図った紙を使ってカットしていきましょう。

この時、持ち手の一番下の部分から長さを揃えてカットしてくださいね。

この方法が1番ミス無くできるはずです。

 

切り口をなめらかにしよう!

 

スプーンをカットすると、どうしても切り口がギザギザになってしまいます。

なので、準備したサンドペーパーなどで切り口をなめらかに仕上げましょう!

あら目のサンドペーパーで、まずは削り、次に目の細かいサンドペーパーでヤスリをかけると、とっても綺麗な仕上がりになりますよ。

 

スプーンを成形していこう!

ここからスプーンを曲げる工程に入ります。

 

 

純銀製のスプーンは、柔らかいので手で曲げることも可能です。

でも、リング芯材などを使用して、木製ハンマーで叩いて形作る方が綺麗に出来ますよ。

 

もし、バーナーを準備できるなら、この曲げる工程の時にスプーンを熱して柔らかくしてあげましょう。

すると、成形作業がとてもやりやすくなりますよ。

※スプーンを加熱する際には、熱し過ぎに注意です。

オレンジ色になるまで熱するのはダメです。

 

仕上げの工程は磨き上げ!

ということで、以上でハンドメイドリングの作成は終了です。

とっても簡単に出来たと思います。

あとは、リングを綺麗に磨いて輝かせてあげましょう。

あまり光沢が必要でないという方は、特に磨かずそのままの雰囲気を味わうのもオススメです。

少しアンティーク感が出るかもしれませんので、この辺はお好みでどうぞ!

 

出典先

当記事の写真は、マーブルから引用しています。

出典:http://topicks.jp/43377