ブレスレットの意味は左右で違う!恋愛は恋人から手錠の束縛プレゼント?

装飾品として知られるブレスレット。このブレスレットは身を綺麗に着飾ることとは別に、着けること自体に「意味」もあるのです。

そして、ブレスレットをプレゼントすることに込められた意味…その真意のなかには少し怖い意味も含まれているとも言われています。

はるか昔から存在するブレスレットには、一体どんな怖い意味があるのでしょうか…。

大好きな恋人からもらった素敵なプレゼントのはずなのに、そのプレゼントに隠された意味を知ると、あなたは相手がそのプレゼントに込めた思いの強さにきっと…。

ということで今回は、ブレスレットが持つ色んな”意味”についてスポットを当てていきましょう。わくわくドキドキの色んな面白い説があるので楽しみにしてみてくださいね♪

ブレスレットの意味は左右で違う!恋愛は恋人から手錠の束縛プレゼント?

ブレスレットが持つ意味は左右によって異なる!?

 

男性も女性もおしゃれアイテムとして身につけているブレスレット。このブレスレットは、さりげなく手首をおしゃれにしてくれるアイテムとして、とても人気のあるアクセサリーです。

ですが、このブレスレットには、身を綺麗に着飾るために以外に他の意味があるのです。そして、その隠れた意味は、”右に着けるか”、”左に着けるか”によっても意味が大きく異なるとされています。

気になる真意ですが、その前にブレスレットの起源について知ってもらいたいと思います。

ブレスレットの起源を知ると意外に意味があった

手首を飾ることの元の意味とは

 

ブレスレットの起源は、古代エジプトにまで遡ります。というのも、実は紀元前5000年頃の古代エジプトの遺跡からブレスレットが出土されているのです。

初めて発見されたブレスレットですが、これにはスカラベという虫が装飾されていました。(※スカラベという虫は、「フンコロガシ」のような虫となっています。)

なぜスカラベがアクセサリーに装飾されていのか

さて、”なぜスカラベがブレスレットに装飾されていたのか”。という疑問ですが、これは古代エジプトではスカラベの糞が太陽に見立てられていたからです。要するに、スカラベは太陽神のように神聖化されている生き物だったのです。

神様として崇めているスカラベをブレスレットに装飾することにより、「お守り」のような役割をさせたということだとされています。要は、古代のアクセサリーは現在のような装飾ではなく、お守りとしての役割が起源だということなのです。

一緒に読まれています

彼氏の誕生日は手作りアクセサリーをプレゼント!簡単なブレスレットの作り方

ブレスレットはお守りから装飾品へと変わる

 

ブレスレットは当初、お守りとして身につけられていましたね。ですが、徐々にブレスレットは現在の「装飾品」へと変化していきます。今のようにパワーストーンや数珠みたいに、多目的なアクセサリーが登場してくることになるのです。

そして、この装飾品としてのブレスレットからおしゃれなアクセサリーとして今もなお流行しています。(※現在のタトゥーや入れ墨と同じような感覚です。罪人としての意味からおしゃれへと変化したという意味。)

ブレスレットを左の手首に着ける真意について

ブレスレットを左に着ける意味は?

 

ブレスレットは元々お守りとして始まりました。なので、左腕にブレスレットを着けることには当然のごとく意味があるのです。

左腕にブレスレットを着ける意味ですが、精神面や健康面で効果があるとされています。というのも、左腕に着けると”右脳”に働きかける効果があるとされているからです。

右脳というのは、潜在意識や精神的な部分を担当しているとされています。そのためブレスレットからエネルギーを吸収して効果が出るのは、右脳に関することだとされているのです。

一緒に読まれています

アンクレットの意味は左右や色で違う?意外に怖いメンズのプレゼント

左に着けると具体的にどんな効果があるの?

 

さて、左にブレスレットを着けると精神的な部分、健康面などに効果があるとされていました。具体的にどんな効果が出てくるのかというと、わかりやすい説明では「恋愛」「健康」「人間関係」などの運気を上げる効果があると期待されています。

もっと言うと、「家内安全」、「健康長寿」、「安産祈願」、「出会い・復縁」などにも効果を期待できるとされています。

これらを見ると、全て精神的な部分に関わってくることがわかります。なので、あなたが上記の精神面の部分で「力が欲しい」と願う場合には、ぜひ左にブレスレットを着けてみることをおすすめします。

ブレスレットを右の手首に着ける真意について

ブレスレットを右に着ける意味は?

 

ブレスレットを右腕に着ける意味ですが、これは”左脳”に影響を与えるとされています。

左脳は顕在意識について働いている部分なので、”問題解決”などに効果を期待できるということになります。ですので、何かを頑張ろうとしている時、エネルギーが欲しい時には、右腕にブレスレットを着けると良いということなのです。

右に着けると具体的にどんな効果があるの?

ブレスレットを右腕に着けることで、「商売繁盛」、「合格祈願」、「金運上昇」、「立身出世」などの効果があるとされています。

これらを見ると、やっぱり”自身の努力”が関係するものばかりだとわかりますね。なので、今から必死に何かを頑張ろうと思っている場合には、右腕にブレスレットを着けることをおすすめします。

  • メンタル的な関係では左腕に着ける
  • 現実的な関係では右腕に着ける

こうゆう風に覚えればわかりやすいですね。

ー 次のページへ → ー