グラデーションキャンドルの作り方&材料!簡単手作りのコツは温度?

12月になると一大イベントであるクリスマスがすぐそこまで迫り、街もクリスマスモードになってきます。

そして冬もだいぶ深まり、イルミネーションやデコレーションも見る機会が増えてきますよね。

そんな人肌恋しく寒いシーズンに突入しましたが、この時期におすすめしたいのはやっぱり「キャンドル」です。

キャンドルはパーティーのデコレーションや自宅のインテリア、さらにはプレゼントに!と使い勝手抜群なのです。

これほどまでに色んなシーンで使われるキャンドルは、どうせなら手作りしたいですよね。

 

ということで、今回はグラデーションキャンドルの作り方と材料を紹介していきます。

作り方のコツも交えて紹介するので、初心者にも安心して作ることができますよ♪

おしゃれなグラデーションに虜になる!インテリアとしても使えるキャンドル

部屋を可愛く彩るグッズ!女子にはたまらない最高のアイテム

 

女性に人気があるおしゃれキャンドル。単純に可愛いキャンドルですので、火を点けなくてもインテリアとしても使えるアイテムです。

そして、可愛いキャンドルで人気のあるものがグラデーションキャンドルです。鮮やかな色合が、最高に綺麗なんですよね。

 

また、このグラデーションは同じものを作ることが出来ないので、全てが世界に1つだけのキャンドルになるのです。

このグラデーションキャンドルですが、実は自分で手作りすることができます。

キャンドルは、自作することで自分の理想のグラデーションを作ることができます。なので、手作りキャンドルは本当にオススメですよ。

綺麗で可愛い手作りキャンドルは、自分用以外にプレゼントとしても最適です。世界で1つだけのオリジナルのキャンドルを作ってみてくださいね。

グラデーションキャンドルの作り方&材料!簡単手作りのコツは温度?

グラデーションキャンドルの基本的な作り方

出典:instagram

 

必要な材料

  • ろうそく
  • 耐熱ガラス容器
  • クレヨンもしくは顔料
  • 紙コップ
  • 割り箸

 

グラデーションキャンドルの作り方 参考動画

工程1.

まずは湯せんでろうそくを溶かしていきます。

※この時にしっかりと液状になるまで溶かしてください。

ろうそくの芯(紐)は後で使うので、アルミホイルの上に置くなどして乾かしてください。

 

工程2.

溶けたろうそくを色付けしていきますが、使いたい色の数だけ色付けするようにしてください。

※染料としてクレヨンを使う場合は、なるべく細かく砕くか、削って使うようにしてください。

 

工程3.

そして、キャンドルの芯(紐)を割り箸で挟んで、容器の中央にくるようにセットします。

 

工程4.

セットしたら溶けたろうそくを流し込んでいきます。

※予め何層にしたいかイメージして、均等な高さになる様に注いでいきましょう。

 

工程5.

一回注ぎ終わったらすぐに次の色のろうそくを入れず、少し待ちます。

次の色のろうそくを入れるタイミングは、先に入れたろうそくの表面に1㎜程の幕を張ったタイミングがベスト!

 

工程6.

この工程を繰り返し、ろうそくが固まれば完成!

 

ひとこと

もっとも簡単でベーシックなデコレーションキャンドルの作り方です。

材料や道具は全て100均で揃えることもできます。

アレンジも簡単にできるので、おすすめですよ♪

グラデーションキャンドルのアレンジ

容器は色んなものが使える!

出典:instagram

 

先ほどは耐熱ガラス容器で紹介しましたが、他の容器も使えるんです。

例えば、紙コップや牛乳パックもおすすめですよ。

 

紙コップはそのまま使うと筒状になりますし、牛乳パックは四角の柱のようになります。

(牛乳パックは色んな形にアレンジしやすいのもおすすめのポイント!)

 

しかし、牛乳パックや紙コップは、外側からグラデーションの具合が確認しずらいです。

なので、次の色のろうそくを入れるタイミングである膜を確認しずらいというデメリットもあります。

 

逆に、ガラス容器はキャンドルを取り出せないというデメリットがあります。

それぞれにデメリットがありますので、必ず覚えておきましょう。

 

ボーダーキャンドルに挑戦しよう!

出典:instagram

 

これは、次の色のろうそくを入れるタイミングを、少し長めにすることがポイントです。

固まりかけて、まだ温かい間に次の色のろうそくを入れると、色の境目がくっきり分かれてボーダーになります。

※完全に冷え切った状態で入れると、引っ付かない可能性があります。

ですので、固まりかけのタイミングを心掛けてください。

 

チップを入れて綺麗にアレンジしよう

出典:instagram

 

グラデーションキャンドルの中にチップを入れるアレンジです。

このアレンジをすることで、また違った雰囲気になります。

チップの作り方は簡単で、ろうそくを薄く固めて手で割くだけ!

そして砕いたチップは、キャンドルを作る容器の中に予め入れておくだけです。

とっても簡単なんですが、濃い色のろうそくでグラデーションを作ると埋もれてしまうので注意が必要です。

 

同系色の蝋を使うのもお洒落であり!

出典:instagram

 

同系色でグラデーションを作ると、統一感のあるグラデーションキャンドルが作れますよ。

作り方は作りたい色の薄いものから、徐々に染料を足していくと簡単に作れますよ。

グラデーションキャンドルを作る上での注意点

溶かしたろうそくの温度は?

出典:instagram

 

溶かしたろうそくを流す際は、ろうそくの温度を85度前後に保つようにしましょう。

グラデーションキャンドルを作る上で、溶かしたろうそくの温度管理は最も大切です。

なので、しっかり温度計で測りながら適切な温度に保つようにしましょう。

 

次に使う色のろうそくを早めに準備しておこう!

出典:instagram

 

先ほど、ろうそくの温度管理が大切だと言いましたが、次に流し込みたいろうそくをしっかり早めに準備しておくようにしましょう。

いざ次の色のろうそくを流そうとしても、準備ができていないとタイミングを逃して失敗に繋がってしまいます。

ろうそくを流すタイミングは非常に大切なので、このタイミングを逃さないようにしよう。

 

やはりろうそくを注ぐタイミングが命!

出典:instagram

 

グラデーションキャンドル作りのカギを握るのは、やはりろうそくを流すタイミングでしょう。

ろうそくを流すタイミングが早いと、色が混じり合って単色になってしまう恐れがあります。

また、タイミングが遅すぎるとグラデーションにならず、ボーダーのようになってしまいますので注意です。

 

2色目以降のろうそくは中心に流そう!

出典:instagram

 

2色目以降のろうそくを流し込むときのコツは、中心にそっと流し込むこと!

外側から流し込むと、角度によってグラデーションにむらができてしまうので注意ですよ。

まとめ

今回はグラデーションキャンドルの作り方と材料を紹介していきました。

2度と同じものが作れないという魅力もあるグラデーションキャンドルですが、本当に簡単に作れるんです。

材料も簡単に手に入るので、是非挑戦してみてください。

 

【こちらの記事も一緒に読まれています】

腕時計のオーダーメイドは安い予算で高級感を出す!誕生日にオススメ

大人の男性の財布は世界最高級のハイブランドを!モテるおしゃれメンズは本物志向だ

簡単スイーツキャンドルの作り方&材料!手作りは可愛いアレンジが出来る

生花や押し花キャンドルの作り方&材料!手作りは簡単で可愛いプレゼント