女子受けするレシピ&メニュー!男性が作れたらモテる料理はパスタ

 

女子ウケが良いご飯ってどんなもの?

 

男性もご飯を作る時代だから、料理上手というのは男性の1つの武器になっています。

逆に、今の時代は料理が出来ない女性も多いので、「男性が料理を作れると嬉しい」と評価のポイントにしている人も多いです。

 

だからこそ、女性との勝負どころで出せる女子ウケするレシピを知っていたらとても役立ちます。

これで女性をイチコロにしちゃうんです!

 

ということで、今回は女性が大好きな料理を紹介していきます。

男性が作るモテ料理といえば、やっぱりあれ…?

 

女性に初めて料理を作る時、男性のメンタルはこんな感じに…?

 

「街中のお洒落な合コンや飲み会で気になるあの子に声をかけたら意外とすんなりオッケーを貰っちゃった!」

こんなことが起こった場合、これからもっともっと仲良くなる為に後日自宅に招いたら、食事は何を出しますか?

 

「自分は料理できないからなぁ」と言い訳をしつつ、食卓に並んでいくのはスーパーで購入した出来合いのお惣菜と一品料理ばかり。

どれもこれもレンジで温めるだけで出来るのは確かに便利ですが、これはどうなのでしょうか。

 

決して悪いとは言いませんがそれ、本当に女子受けするのでしょうか。

 

あの時お店で食べた料理と比べて色味は無いし、手間も全くかけていない品々。

これらを出された側には「私のことはあんまり好きじゃないのかな?」とか、「せっかく来たのにこれしかしてくれないなんて、本当は私に興味なんてないのかな?」なんて思わせてしまうかもしれません。

 

そうなってしまえば「じゃあ、次いつにしようか?」という男性の言葉への答えは「ごめんなさい」というそっけない返事になってしまうでしょう。

 

なので、今こそ「自分は料理できない」というセルフイメージを覆す時です。

 

ここまで読んで「よし、じゃあ挑戦してみるか」と少しでも思ったなら、もう半分以上うまくいっているようなものです。

お洒落でメイン料理として1品でも十分なボリュームのパスタ料理を今こそマスターしてしまいましょう。

 

しっかり練習すれば、彼女に「あなたの料理がまた食べたいから家に呼んで欲しいな」とお願いされるのも時間の問題ですよ。

女子受けするレシピ&メニュー!男性が作れたらモテる料理はパスタ

パスタの為の基礎知識

 

よく、年代によっては「パスタ」と言ったり「スパゲッティ」と言ったりします。

しかし、これらは決して間違いではないのです。

 

パスタ(ロングパスタ)は、その直径によっていくつかの区分を持ちます。

最も細いのは直径0.9ミリのカッペリーニです。

 

時々カッペリー二・ダンジェロとも呼ばれ、これは天使の髪の毛という意味を持ちます。

用途としては冷製パスタやスープパスタに用いられます。

 

もう少し直径が太くなると1.3ミリのフェデリーニになります。

比較的あっさりとしてさらっとしたパスタソースと合わせる事が多く、オイルパスタにもよく合います。

 

その次は1.5ミリから1.7ミリのスパゲティー二、1.9ミリのスパゲッティへと続きます。

この二つは非常に多くのソースと相性がよく、全ての中間的な大きさです。

 

代表的なパスタのナポリタンなどはこのスパゲッティというサイズを利用するため、パスタ全てをスパゲッティだと思う人がいるのです。

では、今度は具体的なレシピを見ていきましょう。

簡単ボンゴレ・ビアンコ&ロッソ

kikidesuさん(@kikidesu)がシェアした投稿

 

名前につくボンゴレはあさりのことで、その後のビアンコは白を、ロッソは赤を意味します。

この二つはトマトソースの有無で作り分けることが出来るので、1つで2つのレシピを覚えられます。

 

材料(ビアンコ・ロッソ共通)

  • 殻付きあさり
  • パスタ
  • 唐辛子
  • ニンニク
  • オリーブオイル
  • 白ワイン
  • 塩コショウ
  • パセリ
  • (ロッソ追加分)トマトソース

 

ボンゴレ・ビアンコ&ロッソの作り方

工程1

あさりはあらかじめ砂抜きしてから殻同士をすり合わせて良く洗います。

 

工程2

ビアンコはフェデリーニを、ロッソはスパゲッティをたっぷりの塩を入れた鍋で茹でます。

ゆであがりの時間を逆算してソースの完成タイミングに合わせて下さい。

 

工程3

ニンニクはみじん切りにして唐辛子は種を取って輪切りにします。

オリーブオイルを敷いたフライパンにこの2つを入れて軽く炒め、あさり、白ワインを加えてふたをして3分程度蒸し煮にします。

 

工程4

その後塩コショウで味を調え、ロッソの場合はここでトマトソースを入れてソースに少し濃度が出るまで煮詰めます。

 

工程5

出来たソースに湯切りしたパスタを入れ、フライパンでしっかり絡めてから皿に盛ります。

最後に上からパセリを散らせば完成です。

 

ちなみに、同じ色のワインを添えると相性がよく、楽しめます。

〈次のページへ ⇛〉