彼氏、夫が喜ぶ料理はこれだ!男性は和食の献立・手料理が大好き

 

大好きな人に喜んでもらいたい!

 

男性が好きな料理ってどんなものを連想しますか?

きっと、家庭的な温かいものが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

実はそのとおりで、家庭的な料理を嫌う男性はいないです!

なので、とりあえず男性に喜んでもらいたいならば、家庭的な料理を覚えていきましょう。

 

ということで、基本的な料理をしっかりとマスターして、出来る女感をアピールしよう!

 

男性はやっぱり和食が大好き!家で食べるご飯は日本食がおすすめ

 

家庭料理と言えばやっぱり和食です。

 

日ごろ外食しに行くのは中華や洋食ばかりになってしまう事も多々あります。

しかし、それでも和食の持つ暖かな風味と出汁の旨味は他の物に代えがたいものです。

 

そして、男性が喜ぶ食事の鉄則として、「がっつり」という単語があげられます。

なので、分量はちょっと多めに、主菜の比率を上げてしっかり食べたという印象が残る物を選ぶと満足してくれることが多いですよ。

 

それに、男性は野菜やサラダよりもとにかくお肉が大好き!特に若くなればなるほどその傾向は強まりますので、このポイントは絶対に押さえておきましょう。

 

和食のおさらい

母めし一汁三菜 みんな大好き母の味ずっと伝えたい和食献立

 

今回は、それらを一つの献立の形式をとってご紹介します。

ただ、その前にまずは和食の基礎知識を確認しましょう。

 

日ごろなんとなく食べてはいますが、もちろん和食にもカトラリーが存在します。

 

和食の基本的なバランスは一汁三菜です。

主食である白米を置き、1汁として味噌汁やすまし汁を出し、三菜では、主菜、副菜、副々菜の3つを提供します。

 

一汁三菜などについて

朝ごはんの献立 12のシーンとおいしいごはん

 

主菜は文字通りその食事のメインとなるおかずで、肉類魚類が当てはまります。

副菜はそれを補う役目を持ち、野菜を中心として組み立てます。(煮物や蒸し物、あえ物、焼き物などがここに入りますね。)

 

そして、最後の副々菜はこれら3つの中で最もシンプルな野菜料理が入ります。(あえ物や煮物などが入ります。)

香の物には漬物類を置きましょう。

 

また、食器は左手前に主食、右手前に汁物を置き、右奥に主菜、左奥に副菜、そして中央奥に副々菜を置きます。

香の物が入る場合はちょうどお盆の中央に開いたスペースに入れましょう。

 

また、箸は普段横に置きますが、これも日本なりの置きかたです。

 

しかし、同じ箸文化を持つ中国では逆に縦置きすることがマナーになっています。

同じものでも国によってカトラリーは大きく変わりますので、しっかりと学んでおきましょう。

知らない人は損してる?年会費を払わずにコストコの商品が買える裏技

超大型スーパーマーケットで主婦に大人気のコストコ

色んな商品がビッグサイズでたくさん陳列されているので、店に行くだけでワクワクしますよね。

またコストコって簡単に行ける場所にはないので、足を運んだ時には大量買いをしてしまうんですよ。

 

まぁ、コストコはリーズナブルに大量の商品を買えるので主婦には強い味方なのですが…年会費年会費だけがネックなんですよね!

多分、コストコって年会費さえなければもっと多くの人が手を挙げて「行きたい!」となるスーパーなんですよ。

 

ならば、もし!コストコの商品が年会費不要で買うことが出来たら・・・!?

しかも、わざわざ遠い場所にあるコストコに足を運ばずネットで購入出来たら最高じゃないですか!?

 

ということで、知っていないと「コストコの年会費分+交通費分」が損する裏技をお教えしますね。

 

実は、コストコの商品はネットでデリバリーできるって知っていますか?

しかも、ネットで購入する場合には、”年会費を支払う必要がない”のです。

また、遠い場所に足を運ばないので、交通費や無駄な時間も浪費しません。

だから知っていないとしているんです。

 

驚くでしょう?まさに驚愕の情報だったと思います!

これだけでもかなりお得な情報なのですが、せっかくなのでもっと良い情報も一緒に…。

 

今回、このサイトからコストコのネットデリバリーを注文する時、クーポンを使ってください。

☆クーポン:「BEENEW

 

このクーポンを使うと、なんと!!!

2,500円OFFで買い物をすることが出来ます!

 

また、リピートして購入する場合には、

☆クーポン:「OKAERIBEE

を使ってください!

 

リピート購入する場合には500円OFFになりますので、必ずクーポンは使ってくださいね!

 

もうワクワクすることばかり紹介してスミマセン。

ということで、コストコのネットデリバリーを注文するならば、ぜひクーポンを活用してくださいね。



コストコのネットデリバリーはこちら

〈次のページへ ⇛〉