誕生日ケーキのデコレーション&アレンジ集!テクニック&コツは可愛いこと

 

予算がない場合にはケーキは自作してプレゼントしよう!

 

誕生日の主役といえば、「ケーキ」ですよね。

今この誕生日ケーキはとても進化していますので、ワクワクする度合いが昔と比べ物になりません!

 

ただ、誕生日のデザインやバリエーションが増えているのですが、その分費用もかかってしまいます。

なので、安い予算でケーキを準備したいならば、手作りで可愛いケーキを作る方が良いに決まっています。

 

ということで、今回は手作りケーキを可愛くアレンジする方法を紹介していきます。

大好きな相手から最高の笑顔をもらっちゃいましょう!

 

誕生日ケーキで悩むことは費用(予算)!ケーキが高い理由は…

 

誕生日と言えばやっぱりケーキです。

豪華なケーキだと気分も上がりますし、場の雰囲気も明るくなりますからね。

 

しかし、そこで避けて通れないのが費用の問題です。

ケーキ専門店で購入すると1ホール数千円から数万円なんてこともザラにありますからね。

 

飲食店の法則として3のルールがあります。

利益が3割、人件費が3割、そして材料費が3割です。

残りの1割は税金分であったり、雑費にあたります。

 

しかし、ケーキ店などの需要が比較的不安定で少ないお店はあらかじめ保険として2から3割増しの値段で販売しています。

もし万が一売れ残りを出しても、その損益をカバーするためです。

 

このような背景がある為にどうしてもケーキ類は割高に感じるのです。

そうなると誰しも「どうにかクオリティは落とさずにお得にケーキを用意したい」と思うはずです。

 

そこで、今回は誕生日ケーキを自作するにあたって役立つテクニックとコツをご紹介いたしますので、ぜひ今回は自分で手作りケーキを作ってみてくださいね。

誕生日ケーキのデコレーション&アレンジ集!テクニック&コツは可愛いこと

1.まずはケーキのベースを決める

@sugar_ribbon0928がシェアした投稿

 

まずは何と言っても全ての基礎になる部分から選んでいきましょう。

ここではクリームスポンジを選びます。

 

クリームを決める

ケーキに使用するクリームは大まかにホワイトカラーがあります。

ホワイトクリームは生クリームと砂糖だけのホイップクリームで、カラーは何か別の材料を添加した物になります。

(カラーは、チョコレートクリームや抹茶クリームなどがあります。)

 

スポンジを決める

食感のベースとなるスポンジは何も入れていないプレーンタイプそれ以外があります。

クラッシュしたナッツを加えたものや、ドライフルーツを混ぜ込んだもの、チョコレート、抹茶を混ぜたものなどがありますね。

 

この2つを組み合わせる際に注意してほしいのが味を揃えることです。

プレーンスポンジならカラークリームを、チョコレートスポンジならチョコレートクリームを合わせると王道の組み合わせになります。

 

また、逆に同じ味ではないプレーン以外同士を合わせると奇抜な組み合わせになりますよ。

 

2.可愛いアレンジはクリームデコレートでする

kurone*さん(@kuroneo6o5)がシェアした投稿

 

ここまで来て2つをまとめたら、次はクリームを使ったデコレーション作業に入ります。

 

6分から7分立てしたクリームをスポンジの側面と上面を覆うように満遍なく塗っていきます。

このとき、製菓用の回転皿の上で作業するときれいに塗っていくことが出来ます。

周囲を塗り終わったら次は装飾用のクリームを塗る番です。

 

しっかりツノが立つまで泡立出たクリームを絞り袋に入れて両手でやさしく持ちます。

右手は絞り袋の上側を押え、少しづつ力を入れて中身を出します。

左手はそれを支えて正確に動かすアシストを行います。

誕生日ケーキのアレンジ!側面デコレーションの例

波型

wacoさん(@ri12se20)がシェアした投稿

 

一般的なデコレーションです。

 

カーテンの下のように緩やかなカーブを描きながらW型に絞っていきます。

等間隔で1周させたら次の段、次の段と全面に描いていきます。

 

フラワー

kurone*さん(@kuroneo6o5)がシェアした投稿

 

側面に対して垂直になるように絞りがねを当てて、絞り出しながらゆっくりと手前に引きます

すると口金の形に添って花形のような模様を作ることが出来ます。

 

これを一面に作っても良いですし、波型の終点にフラワーを作り、また波を1つ作ってフラワーを…と続けていくときれいに仕上がります。

 

ライン

 

チェック柄ストライプ型に作る方法です。

 

側面に垂直に持ち、真っすぐ線を引いていきます。

ケーキは円柱型ですので曲がらないように気を付けましょう。

〈次のページへ ⇛〉