ドライフラワーのジェルキャンドルの作り方!手作りは花が燃える注意点も知ろう

 

オリジナルのキャンドルを作るなら注意点も知ろう!

 

12月になるとクリスマスという一大イベントが待っていますよね。

そして、クリスマスが終わると年末年始にかけてイベントも多く、自宅でパーティーなども増えてくるはずです!

 

パーティーや自宅のデコレーション、気分を変えたい時に重宝するのはドライフラワーのジェルキャンドル

とても綺麗で可愛いキャンドルは、ホームパーティーなどでとても重宝するアイテムです。

 

しかし、おしゃれなものが欲しいと思っても意外と高くないですか?

 

ということで、今回はドライフラワーのジェルキャンドルの作り方と注意点を紹介していきます。

 

ドライフラワーのキャンドルはおしゃれなプレゼント!綺麗な置物としても使える

出典:instagram

 

暗い夜と部屋を綺麗に彩ってくれるキャンドル。

アロマキャンドルなどが流行ってから、色んなキャンドルが登場するようになりました。

 

そして、ドライフラワーキャンドルというものがあって、これが今とても綺麗で人気になっています。

 

ドライフラワー自体がブームになっているのに、それを使ってのキャンドルなので人気にならないわけないですよね。

なので、ドライフラワーキャンドルはもらって嬉しいプレゼントなのです。

 

ドライフラワーキャンドルは、火を点けなくても置いておくだけでも存在感は抜群です。

インテリアとしても十分活用できるおしゃれアイテムなのです!

 

まさに一石二鳥のアイテムになりますので、おしゃれな小物のプレゼントを考えている方は、ドライフラワーキャンドルをぜひ選んでみてくださいね。

センス溢れるおしゃれなプレゼントになりますよ。

ドライフラワーのジェルキャンドルの作り方!手作りは花が燃える注意点も知ろう

ドライフラワーのジェルキャンドルの作り方

出典:instagram

 

必要な材料

  • ジェルワックス
  • 空ビン
  • キャンドル用芯
  • 顔料

 

ジェルキャンドルの作り方 参考動画

工程1.

まずはジェルワックスを溶かしていきます!

 

ジェルワックスの溶かし方は100℃〜140℃に熱したホットプレートの上にジェルワックスが入る大きさの金属製の容器に入れて溶かしていきます。

金属製の容器の他にハンドメイドショップなどにはジェルワックス専用の容器もあるので、購入してもオッケーです!

 

工程2.

ジェルワックスの特徴は何と言っても透明ですが、そこに色を付けたいという場合は顔料を使ってください。

 

工程3.

空ビンにキャンドル用芯(紐)をセットして、ドライフラワーを詰めていきます。

 

ドライフラワーは詰めすぎると良くないので、大きいのが一つ程度がベストです。

キャンドル用芯(紐)が埋もれないように割り箸に挟んでおくと、キャンドル用芯の先を見失わないのでおすすめです。

 

工程4.

早速溶かしたジェルワックスを流し込んでいくのですが、流し込むジェルワックスの温度は80度前後がベスト!

 

ジェルを流し込むときは、なるべくゆっくり流し込んでください。

勢いよく流し込むと気泡ができる可能性があるので、少しずつを意識してください。

 

ただ、気泡ができても一度冷やすとなくなるので、気泡が気になったら流し込むのをいったんストップしましょう!

 

工程5.

ジェルワックスを流し込み終わったら、キャンドル用芯が垂直になる様に引っ張ったまま冷ましてください。

 

工程6.

30分ほどでジェルワックスが固まるので、固まったら完成です!

もしキャンドル用芯が長すぎる場合はカットしてくださいね。

〈次のページへ ⇛〉