お餅を使う美味しいスイーツレシピ!子供に人気のお菓子の作り方

 

もちっ、ふわっ、カリッ!色んな食感を楽しめるのがお餅!

 

製菓に携わっている人たちから聞こえてくるのは「最近のスイーツの流行りはふわふわもちもちな食感が喜ばれているらしい」という話です。

ちなみに、少し前までは「生○○ブーム」があったのは記憶に新しく、生キャラメルや生ドーナツといった常識破りの商品は消費者に大きな衝撃を与えましたね。

 

ということで、今回はそんなもっちりスイーツを目指して、様々な方法を使ってお餅を全く別の料理に作り変えてしまいましょう。

これで余った切り餅も美味しく消費できますよ。

 

余ってしまうお餅を有効活用したい!そんな場合はスイーツが使いやすい!

 

お正月にはよく食べるお餅ですが、お正月が終わるとあまり食べる機会がなくなってしまいますよね。

だからか、お正月に買ったお餅は余らしてしまって腐らせてしまう時が毎年のようにあるのです。

 

「お餅の有効活用方法って余り思い浮かばない!」

そんな方は、今回紹介するお餅レシピをたくさん知ってみてくださいね。

 

さて、お餅というのは色んな食感を楽しめる食材です。

焼けばカリッ!茹でればトロッ!良い具合に温めればふわっもちっとなる面白い食べ物なのです。

 

ということは、お餅はアイデア次第でかなり面白い食べ物に変化させることができるのです。

 

特にスイーツにお餅を使えばかなり面白いものが出来上がりますよ!

和風でも洋風でも使い勝手の良い食材ですからね。

なので、お餅の有効活用はぜひスイーツで使っていきましょう!

お餅を使う美味しいスイーツレシピ!子供に人気のお菓子の作り方

もっちりクレープ

miiiさん(@miiixb)がシェアした投稿

 

お餅をクレープ生地に入れて焼き上げましょう。

 

いつもと違う食感は、クレープ生地だけつまんでも美味しいくらいです。

しっかり冷やして好きなフルーツを入れましょう。

 

材料

  • バター
  • 牛乳
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • お餅
  • バニラオイル

 

もっちりクレープの作り方

工程1

牛乳を温めて、そこに薄く切った餅を入れて煮るようにしながら溶かす。

 

このときに沸騰させないように火力に注意しながらゆっくり混ぜていきます。

溶けるか心配な場合はお餅をすりおろしてから入れるとすぐに混ぜ合わせる事が出来ます。

 

工程2

牛乳を鍋からおろして粗熱を取る。

 

工程3

その間に小麦粉を振るい、砂糖、塩を混ぜておく。

 

粉の状態のまま調味料を入れてしまう事でダマや味の偏りを防ぎます。

砂糖や塩に塊がある場合は小麦粉と同じようにふるってから入れましょう。

 

工程4

牛乳にバニラオイルを入れて香りを付けてから、粉のほうに注ぎ入れてゆっくり混ぜ込んでいきます。

ゴムベラを使って下から上へ織り込むような感じでかき混ぜるとムラが出来にくくなります。

 

工程5

何度か混ぜて全体に均等に行き渡ったら生地の完成です。

 

工程6

小さなフライパンにバターを溶かし、その上から生地を垂らしてからフライパンを傾け、丸く成形していきます。

 

分厚くなると火が通りにくくなるので、1㎜程度を目安にしましょう。

また、外側から先に火が入る為放置して、焦がさないように気を付けて下さい。

 

工程7

表面が乾いてきたらひっくり返して裏面も焼いたら別の皿において冷まします。

 

工程8

あとは生クリームやフルーツを飾り付け、お好みのソースをかけて巻きます。

屋台のように紙に巻くか、レストランのように春巻き型にして皿に盛って完成です。

雪ウサギのイチゴ大福

miyukichiさん(@miyukichi_n)がシェアした投稿

 

イチゴ大福の表面にチョコペンを使って好きな顔を書き込みましょう。

二段重ねにすれば雪ダルマも作ることが出来ちゃいます。

 

材料

  • 上新粉
  • 砂糖
  • こしあん
  • イチゴ

 

雪ウサギのイチゴ大福の作り方

工程1

上新粉とすりおろしたお餅を混ぜ、砂糖と水を加える。

 

工程2

水は粉の1.2から1.3倍を目安にして入れる。

 

工程3

電子レンジに入れて500ワットで2分程度温めてから取り出し、ゴムベラでよく混ぜる。

硬い場合はもう少しづつ水を足して再度温めて練る作業を行う。

 

工程4

ちょうどいい硬さになったら1つ分のサイズにして伸ばし、あんこを乗せてからへたを取ったイチゴを置き、包み込むようにして丸くする。

べたつく場合は片栗粉を手に薄く塗ってから丸めるとくっつきにくいためきれいに作ることが出来ます。

 

工程5

最後にチョコペンで顔を書き、余った生地で耳と丸い尻尾を作ってくっつける。

 

ひとこと

耳を作るコツ生地を楕円形に伸ばしてから真ん中にナイフを入れて2つのパーツに分けると簡単に出来ます。

イチゴ以外にもマスカットやベリーを入れても美味しく出来ます。

〈次のページへ ⇛〉