泣ける、感動させるプロポーズの言葉(セリフ)のプラン&アイディア集

 

プロポーズの言葉で大好きな人の心を響かせよう!

 

一世一代のプロポーズでは、どのような言葉で彼女をときめかせるか迷うはずです。

プロポーズをするということは、一生その相手と一緒にいたいということなので、失敗は避けなくてはなりません。

一生一緒にいることができないということに直結するからです。

 

従って、プロポーズを成功させるために、ちゃんとしたプロポーズのセリフやプランは確認しておく必要があるのです。

なので今回は、感動させるプロポーズのセリフを紹介していきます。

 

そもそもどのようなセリフを選ぶべき?

推奨されるようなセリフはどのようなもの?

 

プロポーズの大前提として「結婚したい」という旨をしっかりと伝えなければいけません。

そして、それを伝えるためには、長ったらしくなるよりも、きちんと端的に自分の伝えたいことを伝えたほうがいいです。

そのほうが潔い感じが強く、長く話されるよりも彼女も集中して聞くことができるからです。

 

従って、結婚の旨を伝え、端的なセリフを選ぶことが重要なのです。

また、「女性の言葉に残るような言葉」だと、なおよしです。

プロポーズの瞬間が、お互いに一生忘れられないものになるからです。

 

このようなセリフは駄目!絶対にやめよう

 

駄目なセリフの例は、例えば「冗談のように言う」ことです。

 

せっかくの一世一代のプロポーズを、冗談交じりで彼女に伝えた場合、彼女はどのように思うでしょうか。

おそらく、心底がっかりするはずです。

真剣に結婚を考えていた彼女ならなおさらです。

 

ふざけた雰囲気で言われるようなプロポーズが、一生に一度かもしれないプロポーズの言葉だと考えると悲しくなってしまいます。

どんなに普段から素直になれない人も、プロポーズのときばかりは真面目な顔で、愛情をきちんと伝えましょう。

泣ける、感動させるプロポーズの言葉(セリフ)のプラン&アイディア集

まずはシンプルに、気持ちを前面に伝える

 

「結婚してください」「一生一緒にいてください」「ずっと隣にいたいです」といった、少ない言葉を真剣に伝えることも、立派なプロポーズです。

 

自分でよりよい雰囲気を作り、彼女に真剣な表情で語りかけます。

そして最後に、端的に「好きです」と伝えましょう。

 

その真面目な表情と、よい雰囲気から、彼女は「プロポーズしてくれたんだな」と思うはずです。

女の子は彼氏のプロポーズの言葉もそうなのですが、表情や雰囲気を見てときめくという人もいるので、セリフは簡単にして雰囲気で勝負するという方におすすめできるプロポーズのセリフです。

 

LUCK LIFE
LUCK LIFE
誕生日、記念日、特別な日、何気ない日など大切な人に贈るプレゼントやサプライズを紹介するWEBメディア

女性を「どきっ」とさせる、自信たっぷりのプロポーズのセリフ

 

例えば「俺が一番好きなのはお前だ」「一生俺についてこい」「絶対に後悔させないから、俺の妻になってくれ」といった、いかにも男らしい言葉に、女性はときめくことが多いです。

 

女性はプロポーズの場面では、男性に引っ張ってもらいたいと思うものです。

そこで、真剣な雰囲気を作り出し、さりげなく結婚の話を持ち出してみましょう。

彼女の気持ちを再確認するのです。

そして、購入した婚約指輪を彼女の前に出し、上記のような自信たっぷりのプロポーズのセリフを彼女に伝えましょう。

 

注意すべき点は、自分が恐れてしまってはいけないということです。

自意識過剰とも捉えられるほどのプロポーズをする場合は、前提として自分の自信がないと空回りしてしまうことです。

 

そうなってしまうと、せっかくの自信たっぷりの言葉が、言葉だけ先走りして浮いてしまいます。

それだけは避けるようにしましょう。

落として、もち上げるシチュエーション

 

彼女をより驚かせ、感動してもらうためには一度彼女の気持ちを落としてしまうという方法もあります。

 

例えば、彼氏が「ねぇ、俺たち恋人やめようよ」という旨を、恋人に伝えます。

注意すべき点は、ここで彼女を「振る」ように少し暗い感じで彼女に伝えることです。

 

そうすると、彼女は「もしかして、振られた?」と思わせるのです。

彼女が、理由を尋ねたり、うろたえたりするのをちょっとの間、眺めていましょう。

そして、先ほどの暗い表情ではなく、今度は真剣な顔で「恋人はやめて、夫婦になろう」と、さっと婚約指輪を彼女に見せるのです。

 

最初は「フラれた」と思った彼女の表情は一転します。

まず、指輪を見て「プロポーズされた」と思い、単純に喜ぶはずです。

 

そして、「フラれた」という気持ちが逆転したことによって、安心感と感動で号泣してしまうのではないでしょうか。

それくらいの力が、落として持ち上げるというシチュエーションにはあります。

 

プロポーズのセリフ作りは入念に!

 

プロポーズのセリフはしっかりと考えるようにしましょう。

自分がどのような人間なのか、彼女からどのような彼氏と思われているのかということは、ちゃんと考える必要があります。

 

なぜなら、そのイメージに沿ったプロポーズなら、彼女も自然と受け入れやすいからです。

自分が結婚したいという思いを言葉に乗せて、彼女の心に語りかけましょう。

〈次のページへ ⇛〉