声が小さい男性の心理・特徴は?ボソボソ喋る男子はどんな性格なのか

 

なんで声が小さいのだろうか?

 

あなたの周りにボソボソ喋る男性はいませんか?

聞き取り辛かったり、聞き返さなくてはいけなかったりと、ついついイラッとしてしまうこともありますよね。

そんなボソボソと話す声の男性は一体どのような特徴があり、どういった心理なのでしょうか?

 

ということで今回は、理解できない人も多い、謎多きボソボソ男子の生態に迫っていきます。

周りにいるボソボソ男子の正体とは?

 

声が小さい男性の心理・特徴は?ボソボソ喋る男子はどんな性格なのか

ボソボソ男子は謎が多い! ※意外と多いボソボソ男子

 

学生時代のクラスや会社に、一人はボソボソと小声で話す男性はいなかったですか?

 

恐らく会ったことのない人はいないであろう「ボソボソ男子」は、やはり「話し辛い」「聞き取り辛い」というイメージを持っている人も多いと思います。

総合的にマイナスなイメージが強いこともあるでしょう。

 

そんなボソボソ男子はやはり学校やクラス、会社の中心的存在でない場合がほとんどで、謎に思っている人も多いと思います。

ただ、ボソボソ男子の特徴を知っておくと、相手に対して寛大な気持ちになれるしフォローしてあげることもできるかもしれません。

ボソボソ男子はやっぱりマイナスイメージが多い?

 

やはりボソボソと小声で話すのは、実際マイナスイメージなことが多いです。

ボソボソ話すよりもはっきり話した方が印象も良く、面接の練習などでもボソボソ話していると注意されたりしますからね。

 

また、ボソボソ男子は、相手に「気持ち悪い」、「話しかけ辛い」とある意味で一目置かれてしまったり、話をしていても聞き取れないので相手にイラッとさせてしまう可能性もあります。

ただ、そんなボソボソ男子も自覚がない場合もあります。

 

実は、周りの環境や家庭環境によってボソボソ男子になってしまった場合もあります。

いわゆる後発的になってしまった。というパターンです。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

ボソボソ男子の気になる特徴は?

ボソボソ男子は陰キャラ?

 

いわゆる「陰キャラ」なルックスの男性が、ボソボソ男子の可能性が大です。

私の今までの経験上でも、おそらく全員が陰キャラのルックスの男子がボソボソ男子でした。

 

逆にイケメンで人気者タイプ、またはスポーツマンタイプの男子にボソボソ男子はいなかったのです。

やはりどこか暗い、みんなの輪の中心にいないタイプが圧倒的に多いですよね。

 

ということで、これらの特徴からあることがわかります。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

自分に自信がなくて気が小さい人が多い?

 

人間やっぱり自信があれば、はっきりと話せるものなのです。

人間の大きなコミュニケーションツールである言葉を発する時の声が小さいということは、どこか気が小さかったり、自分に自信がなく小さくなってしまうパターンが多いようです。

 

なので、逆にボソボソ男子だった人が、仕事やスポーツで自信を付けてボソボソ男子を卒業したという例もたくさんあります。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

ボソボソ男子は自己中?

 

「話す」ということは、「相手に伝えるということ」なのです。

そんな「話すときの声が小さい=相手に伝える気がない」ということにも当てはまります。

 

ボソボソ男子全員に当てはまる事ではありませんが、自分の世界を持っていたり、相手を寄せ付けないタイプが多いのも特徴です。

悪く言えば自己中ですが、話が合ったり波長が合う人にはボソボソ話さない人も多いのです。

ボソボソ男子はなんでボソボソ話すの?

 

「なんでそんなにボソボソ話すの?」と思う人もいるかもしれませんが、ボソボソ男子にもボソボソ話す理由があるのです。

その理由が分かれば、少しは理解し、コミュニケーションが取れるかもしれません。

 

緊張しやすい

 

やはり人間は緊張すると声が小さくなり、結果的にボソボソと話してしまうのです。

新しいクラスや会社など、新たな環境に緊張してボソボソ話してしまっているのかもしれません。

 

私の高校にも始めはボソボソと話していたのですが、ちょっと慣れてきた時期から普通に話せていた男子がいました。

緊張が取れてその環境に慣れれば、ボソボソ男子ではなくなるかもしれません。

 

人見知り、人が苦手

 

もしかしたら人見知りなのかもしれません。

人見知りで人と話すのが苦手な人は、やはり緊張が取れずにボソボソ話す傾向にあります。

ちなみに、こういった男性は意外と家族にはハキハキと喋る人が多いのも特徴です。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

相手によるのかも?

 

もしかしたら、相手は自分のことが苦手でボソボソ喋ってしまっているのかもしれません。

特に苦手な上司や先輩には、萎縮してしまって大きな声で話せないという場合もあります。

 

実は、私は友達にボソボソ話す、聞き返されたことなんかないタイプなのに、苦手な上司には「ボソボソ話すな」と怒られた経験があります。

自覚していないだけで、もしかしたら原因は自分なのかも?

ボソボソには意外な理由があるかも?

ボソボソ男子は育ちがいい?

 

世間一般的に「声が大きい=下品」というイメージがありますよね?

そして逆にセレブ、お金持ちと言えば、上品に小さい声で話す人が圧倒的に多いのです。

 

なので、小さい頃から「大声を出したら下品」と育てられて来たり、家族がみんな上品に話す家庭なのかもしれません。

ボソボソ男子の家はビックリするくらいの豪邸かもしれません。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

あなたのことが好きなのかも?

 

これは男性、女性関係なく言えることですが、相手のことが好きで照れてしまって、声が小さくなっているのかもしれません。

心理学的にも好きな相手と話すときは声のトーンが変わったり、声が小さくなると言われています。

なので、もしかするとあなたへの恋心が原因なのかもしれませんね。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

まとめ

今回は理解できない人も多い、謎多きボソボソ男子の生態に迫っていきました。

周りに結構いるけど、その生態は謎に包まれてきたボソボソ男子。

環境の変化や相手によってボソボソ男子になってしまっているパターンもあれば、家庭環境や周りの影響かもしれません。

ボソボソ男子についてしっかり理解すれば、意外な発見があるかも?