1日で足が速くなる方法&裏技!秘密の特訓で簡単に短時間で速くする【人気おすすめ雑学】

「足が速い」というのは憧れのステータスですよね。きっと、小学校の頃は「足の速い男の子」がモテた記憶があると思います。

「足が速い子が羨ましい」、「足が速くなりたい」と思っていても、指をくわえてみている必要はありません。たった1日で今よりも足が速くなれる方法はあるのです。

ということで今回は、1日で足が速くなる方法や裏技を紹介していきます。秘密の特訓で明日からスプリンターに大変身しちゃいましょう!

1日で足が速くなる方法&裏技!秘密の特訓で簡単に短時間で速くする

「足が速くなりたい」は誰もが思っていること! 「足が速い」はステータス!

 

「顔がかっこいい」、「勉強ができる」、「スタイルがいい」、そして「足が速い」。これら全て、小学生の子供にとっては大きなステータスです。

実際、どの世代でも「足が速い男の子」ってモテましたし、かっこよく見えていた話は聞きますよね。

どんな時でも、やっぱり身体能力が高いこと、いわゆる「足が速い」というのは男子にとって最高のステータスなんです。

 

たった1日で足が速くなれる?

 

「足を速くする方法って本当にあるの?」「また、本当に1日で速くなれるの?」

この疑問ですが結論から言って…「1日足は速くなれます」。何故かというと、「今まで速く走るコツを掴めてなかった」から遅かっただけなのです。

足が速い人は生まれつき身体能力が高いという才能ももちろんありますが、そうでない場合でもコツさえつかめば、今よりも足を速くすることができます。今までの50m走のタイムも目に見えて縮めることができるのです。

そして、この方法はとても簡単にできるものばかりです。運動会の前などに簡単に実践できる方法や裏技ばかりなので、是非実践してみてください。

1日で足が速くなる方法とは?そんな魔法みたいなやり方とは?

 

実は、私自身は「足が遅いのがコンプレックス」で、ずっと足が速くなりたいと思っていました。そんな私自身と子供が試した、”足が速くなる方法”を紹介していきます。

「実際に効果があったのか?」という気になる疑問もしっかりとお伝えします。

 

大腰筋を目覚めさせる

 

「大腰筋」と聞いてピンと来る人は少ないかもしれませんが、大腰筋は走るために一番大切な筋肉なのです。

実は足が遅い人、本格的に陸上をしていない人は、力みすぎたり余計な筋肉を使って効率の悪い走りをしているのです。その効率の悪さを治すために、大腰筋をしっかりと使うことが大事なのです。

しかし、「大腰筋を使って走る」と言われてもイメージが湧かず、実践するのはかなり難しいですよね?なので、そんな時はスクワットと腰上げ運動をセットでしてみてください。

私も実際に試してみましたが、「足が軽く上がる感覚」があり、確かにタイムも縮まりました。これなら特別な道具も要りませんし場所も取らないので、早速試してみてください。

 

姿勢を正そう

 

速く走るためには、走っている時の姿勢が凄く大切なのです。

例えば、猫背のまま走ると、上げた足がつかえて邪魔をしてしまいます。これから分かる通り、姿勢の悪さも効率の悪さに直結しているのです。

そして、そんな効率悪く走っている時の姿勢を簡単に改善する方法があるのです。

それは一度姿勢の良い状態で椅子に座り、そのままの状態で立ち上がって走るだけです。そうすることで意識することなく「姿勢の良いフォーム」が身に付くのです。

私も走っている時に姿勢を気を付けるのは難しかったですが、この方法であれば「姿勢よく走る」というのが体に馴染みやすかったです。

どんなことにも正しい姿勢というのものはありますので、走ることには走ることに関する正しい姿勢を知ることが大事です。

 

ストレッチをする

 

怪我防止のためにも走る前に必ずやっておきたいストレッチ。そんなストレッチも、実は速く走るために大切なのです。

そんなストレッチの重要性は「体がほぐれて怪我がしにくい」だけでなく、「体の動く部分が広くなり、一歩一歩の幅が広くなる」のです。よりダイナミックに動くことができるというわけですね。

どういったストレッチをしていいかわからないという人には、「ラジオ体操」がおすすめです。

いつものストレッチにプラスアルファするだけで、ビックリするくらいに足がスムーズに前に出る感覚が味わえます。

しっかりとタイムも縮まるので、怪我防止も兼ねて実践してみてください。

足が速くなる人気裏技をご紹介!実践方法を見ていこう!

輪ゴムを使ってフォーム改造?

 

まさかの「輪ゴム2本」だけで足が速くなる、いわばドーピングのような裏技です。

実践方法は本当に簡単です。

  1. まずは輪ゴムを足首にかけます。
  2. そして輪ゴムを引っ張り1回ねじり、親指にかけます。

たったこれだけです。

 

実戦動画はこちら

 

その上から靴下、靴を履けば他の人にもわかりませんし、理想的なフォームで一気にタイムも縮まります。私も試しましたが、理想的なフォームである「猫背にならずに前傾姿勢」が勝手に手に入りました。

あまり意識せずに走るだけで、早くなったことを実感できます。陸上をやっている人も練習で取り入れている方法だけに、簡単ながら本格的です。

 

あの「プチプチ」も使える?おすすめの方法

 

ずっと潰していたい割れ物の梱包などに使う「プチプチ」。あのプチプチも実は足が速くなる裏技に使えるのです。

実践方法も本当に簡単です。

  1. プチプチを2つ、もしくは4つ折りにして靴の中のかかと部分に入れるだけ。

たったこれだけです。

この方法も輪ゴムを使った裏技同様に「自然な前傾姿勢のフォーム」を手に入れるものですが、効果は絶大でした。

しかし、個人的に慣れかもしれませんが違和感あり、輪ゴムの方がいいかなといった感じです。

簡単なので是非試してみてください。

 

まとめ

今回は1日で足が速くなる方法や裏技を紹介していきました。

「足が遅いから」と諦める前に、たった1日で足が速くなる方法を試してみてください。

運動会や陸上が嫌いだったあなたも、明日からかけっこのヒーローになれるかも?