プレゼントに靴下はダメ!失礼になる理由や注意点【贈り物のマナー】

誕生日にクリスマスだけでなく、1年の間にプレゼントを渡すイベントはたくさんあります。

なので、プレゼントは恋人や友達はもちろん、家族だけでなく、会社の先輩や上司にだって渡すこともありますよね。

そんなちょっとした時のプレゼントには、「靴下」が定番となっています。必ず使う実用的なアイテムですし、本当にちょっとした贈り物として重宝するのです。

 

しかし、プレゼントの定番となっている靴下は、「失礼になる」として「避けた方がいい」とも言われています。

絶対に使う便利なプレゼントなのに、なぜ”失礼”になるのでしょうか。

ということで今回は、プレゼントに靴下が失礼になる理由や注意点について紹介していきます。

「靴下のプレゼントに隠された意味とは?」
「靴下のプレゼントは失礼になる?」
気になる疑問は全て今回で解決していきましょう♪

プレゼントに靴下はダメ!失礼になる理由や注意点【贈り物のマナー】

目上の人に靴下のプレゼントは失礼にあたる!

 

男性や女性などの性別、また年齢関係なく身に付ける生活の必需品である靴下。

よほど親密な関係でない限り下着などはプレゼントしにくいですが、靴下であれば渡しやすく、また使ってもらえる気軽なプレゼントです。

靴下だと予算が高いものは滅多にありませんので、金額も安くて重宝しますよね。

 

しかし、実は靴下のプレゼントは、目上の人には失礼にあたるプレゼントになると言われています。

というのも、靴下には「下」という文字が入っていることから、目上の人に贈るのはタブーとされているんです。

 

また、靴下は「踏む」ものなので、上から目線に感じてしまい嫌悪感を抱く人もいます。

知らないと相手に喧嘩を売っているようなプレゼントにもなりかねないのが靴下というプレゼントなんです。

 

なので、上司や先輩へのプレゼントに、靴下は避けた方が無難です。特に、年配の上司には避けたほうが良いでしょう。

礼儀に厳しい人だと、こうした些細なことでもあからさまに嫌悪感を抱かれる可能性もありますからね。

 

靴下には「より勤勉に」という意味もある!

少し上の世代の男性にとって、靴下のプレゼントは「下」や「踏む」という響きよりも、「より勤勉に」という意味に捉える人も多いと思います。

なので、昔からの言われている失礼な意味を知らない人だと、逆に喜ばれる可能性も大きく秘めています。

 

ただ靴下は生活必需品ということで、そういった意味も踏まえて靴下は親から子へプレゼントすることが多いです。

本当に大したことのない気軽なプレゼントだけに、靴下をもらった人にとっては疑問を覚えてしまうこともあることもあるでしょう。

いずれにせよ”上から目線”という風に感じてしまうので、目上の人、特に年配の方には避けた方がいいと言えます。

本当に仲のいい間柄でないと、靴下のプレゼントは避けるべきかもしれません。

同僚や同級生へのプレゼントにもあまり良くない!

最近では会社の同僚や学校の同級生へのちょっとしたプレゼントにも使われ、貰って嬉しいプレゼントとも言われている靴下。

上記で紹介した意味を踏まえると同級生や同僚といった、気の知れた人や上下関係のない人へのプレゼントには靴下を贈っても大丈夫だと思ってしまうことでしょう。

 

ですが、実は本当の意味やマナーを知ると、失礼に当たることがわかりました。

それは靴下は生活していく上で欠かせない必需品であることから、「貧乏人への施しもの」と捉えられることもあるからです。

「生活していく上で絶対に必要なものすら買えないほど貧乏だから買ってあげる」という風にとらえられることもある、ということも頭に入れておいた方がマナーとしてはいいかもしれませんね。

 

女性から男性に靴下を贈るのも注意が必要!

 

靴下のプレゼントは男性同士や男性から女性に贈るよりも、女性が男性に贈ることが多いと思います。

見えるところに気を使っている男性も、靴下はなかなか自分で頻繁に買い換えなかったり、おしゃれなものを持っているという男性も少ないです。

なので、女性からプレゼントされるとテンションが上がるプレゼントと言えるかもしれません。

 

しかし、女性から男性に靴下を贈ることは「私の身体を自由にしてください」という意味合いもあります。

だから、恋人でもない男性に靴下を贈るのは、良くない意味もあるのです。

 

気軽に渡せて値段も安い靴下ですが、年齢関係なく、女性から男性に靴下をプレゼントするのは辞めた方がいいですね。

やっぱりプレゼントになると、失礼になるのが靴下というものなので、マナーは覚えておきましょう。

それでも靴下をプレゼントする時の注意点!

しっかりと相手を見て選ぶことが大事

確かに、年の離れた会社の上司など、そういった関係の人に靴下をプレゼントするのは待った方がいいです。

ですが、気心の知れた関係の人であれば気にしないという人が多いのも現状です。

特に中高生や20代の人であれば、そもそも靴下のプレゼントの意味を知らない、気にしないという人もかなり多いはずです。

 

なので、靴下をプレゼントする時は相手の年齢や性別はもちろんですが、あなたとの関係を加味したうえで「相手に不快感を与えないだろう」と思うのであれば、個人的にプレゼントしても全然大丈夫だと思います。

 

そもそもプレゼントに込められた意味合いを考えながらプレゼントを贈っていたら、贈れるプレゼントは限られてきます。

また、プレゼントする靴下は「毎日使うものをおしゃれに」という気持ちが大事ですから、それが嫌味なく伝われば何も問題ないでしょう。

 

気持ちのこもったメッセージを一緒に添える!

 

やはりプレゼントは気持ちです。

意味を気にしながらプレゼントを選んでも、結局「使わない」、「要らない物」をプレゼントされたら相手としても嬉しくないはずです。

 

もし「靴下のプレゼントを贈りたいけど意味合いが気になる」という場合には、”靴下のプレゼントに隠された意味”と”あなたが靴下を贈る意味”は全く違うということを相手に伝えてみてください。

そして1番大事なことは、靴下のプレゼントと一緒にメッセージを添えることです。

 

「最近冷えるので、足を冷やさないようにしてくださいね。」
「プレゼントに悩みましたが、毎日使うものがいいと思ったので」
などと一言添えるだけで、相手の捉え方も大きく変わりますよ。

本当に大事なことは、相手のことを想っている”気持ち”が伝わることですからね。

プレゼントが大したことのないものでも、メッセージを一緒に添えることで、そのプレゼントは何物にも代えることができない最高のプレゼントになることを知っておきましょう。

まとめ

今回はプレゼントに靴下が失礼になる理由や注意点について紹介していきました。

靴下にはプレゼントとしてはあまり良くない意味もありましたが、使い勝手も良く、喜ばれるプレゼントです。

若い世代であれば意味を気にしない人がほとんどですし、あまり気にしすぎるとせっかくのプレゼントも気持ちが伝わりません。

「プレゼントは気持ち」ということで、相手が失礼に捉えないようにすれば、毎日使える素敵なプレゼントになりますよ。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>世界に1つだけのオーダーメイド腕時計を作ろう!自分用でもプレゼント用でも大人気

>>大人の男性の財布は世界最高級のハイブランドを!モテるおしゃれメンズは本物志向だ

>>ルノータスの腕時計の口コミは?オーダーメイドの評価評判はどうなの?