要領の悪い人を改善する方法!原因や理由を知って、人間を成長させよう

仕事や学校生活において、絶対に周りに一人はいる要領の悪い人

思ったように仕事が進まなかったり、見ていてイライラしてしまったり、出来れば改善してあげたいところです。

 

ですが、要領の悪い人はどうやってあげればいいのでしょうか?

そもそも要領の悪い人・鈍臭い人は特徴があるのでしょうか。

 

事前に見分けることが出来れば、対応方法なども変えてあげることができるかもしれません。

なので、事前に要領の悪い人の特徴を知って、あなたから接し方を変えてあげましょう。

 

ということで今回は、要領の悪い人を改善する方法について紹介していきます。

要領の悪い人の原因や理由も合わせて紹介していくので、原因を知って人間を成長させよう!

要領の悪い人を改善する方法!原因や理由を知って、人間を成長させよう

要領が悪い人ってどんな人?そもそも「要領が悪い」てどういう意味?

 

「要領が悪い」とは、

  • 「やり方が悪い」
  • 「上手く処理できない」

という意味です。

 

しなくてはいけない仕事などで、

  • 何故かもたついてしまって失敗したり
  • あたふたしてしまう

ことを指すのです。

 

こう考えると、きっとあなたの身近の周りにも何人か思い浮かぶ人がいるのではないでしょうか。

 

ということで、「要領が悪い」という意味をまず理解したうえで、要領の悪い人の改善方法について考えていきましょう。

要領の悪い人の特徴は?

慌てやすい

 

職場などで常に慌てている人っていませんか?

そういう人は、やるべきことを上手く処理できずにどうすればいいのか、どうすれば上手くいくのか分からずに慌てているのです。

 

だから「常に慌てているな」と感じる人は、要領の悪い人なのです。

 

※ただ、忙しくて慌てているという場合は除きます。

どんな小さなことでも、簡単な作業でも慌てふためいている人が今回のケースに当てはまります。

 

無駄にこだわりが強い

仕事において自分のポリシーを持つということは、仕事に信念があるということなのでいいことです。

しかし、仕事に支障をきたすような無意味なこだわりは、仕事を円滑にこなしていくために必要ありません。

 

「仕事へのポリシー=自分のこだわり」ではなく、単に仕事をどうすれば円滑に進めていけるのか考えられないだけなのです。

だから、無駄にこだわりが強くてめんどくさいと感じてしまう人は、高確率で要領の悪い人です。

 

頑固は時として要領の悪い行動に繋がってしまう”ということもあるのを知らないからこそ、要領の悪い人になってしまうのです。

 

机が汚い

オフィスのデスクがいつ見てもぐちゃぐちゃという人っていますよね。

人の頭の中は机に表れるとも言い、「綺麗に机が片付いている人=しっかりと頭の中も整理できる人」とされています。

 

なので、逆に言うと「机が汚い人=頭の中がごちゃごちゃで整理できない人」なのです。

すぐにわかる要領の悪い人の見極め方の一つです。

 

※ただし、机の上がごちゃごちゃしていることもメリットはあります。

それが「ユニークな発想ができる」ということです。

 

ということで、集中したい時には机の上をスッキリと整理し、アイデアが必要な時はごちゃごちゃにすることも1つの方法なんです。

 

ただ繰り返しますが、どんなときでも机の上がごちゃごちゃで汚い場合には、頭の中も整理できない人である可能性が高くなるので注意ですよ。

要領の悪い原因と理由は?

優先順位が分かっていない

 

仕事をするにしたって何をするにしたって、物事には優先順位があります。

正しい優先順位をわかっていれば、それ通りにこなすことで効率よく物事を進めることができますからね。

 

しかし要領の悪い人は優先順位が分からず、どうしていいか、何をするべきなのかわからないのです。

急ぎの仕事でも簡単なことから終わらせて後回しにしたり、大事なことを後回しにすることは誰でも分かるNG例です。

 

こうした誰でもわかる簡単な優先順位もこなせていないようならば、要領の悪い人の確率がかなり高くなりますね。

 

余裕がない

  • 常に何かに追われている
  • 常に気持ちに余裕がない

など心理的な圧迫を常に感じている人がいます。

誰かに心理的な圧迫をされているのならともかく、自分で勝手に追われている状況になっている人が今回のケースです。

 

こうした人は小さいなことでも色んなミスをしてしまったり、優先順位などの大切なことを頭で整理できない人です。

考える余裕を常に持つことが出来ていないので、頭の中で整理が上手に出来ていないのです。

 

なので、そういった要領の悪い人は

  • 自分自身で自分を追いつめてしまったり
  • 勝手に余裕をなくしている人

が本当に多いので、心の重荷を少しでも軽くしてあげることが大事です。

 

それでもさらに自分から勝手に余裕を無くしているようならば、本物の要領の悪い人ですので注意です。

 

思い込みが激しい

  • 思い込みが激しい
  • 頭の柔軟性がない

ということも、要領が悪い大きな原因の一つです。

 

ある一つの方法に固執していたり、頑なに周りの意見を聞かなかったりすると、仕事が上手くいかなかったり効率的に仕事を進めることができないのです。

だから、やはり頭の柔軟性って大切なんです。

 

どんなことでも自分の思い通りにはいかないものです。

そんな不測の事態に臨機応変に対応できることが大事なので、柔軟性がない人・頭が固い人は要領が悪くなる原因を自分で作っているんです。

 

何でも自分でやろうとする

あなたの周りには、明らかに無謀とも言える仕事量を一人で抱え込んでいる人はいませんか?

 

仕事のできる限界は決まっていますし、1日も24時間しかありません。

だから、誰かに上手に助けを求めることは要領のいい人の特徴です。

 

逆に、何でも自分で抱え込んでしまい容量オーバーになってしまう人は要領が悪い人の特徴でもあります。

上手に効率よく仕事をさばいていくためには、人に上手にお願いすることも大事なんです。

なので、コミュニケーションが上手くない人もある意味で”要領が悪い人”に入るかもしれませんね。

要領の悪い人の改善方法は?

落ち着かせる

 

とにかく落ち着かせることが大事です。

 

例えば、料理を作るのだって、手の動きがそのまま料理を作るスピードに直結するわけではありません。

しっかりと正しい効率の良い順序立てて、その順序通りに料理を作ることで早く料理が仕上がりますからね。

 

気持ちに余裕を持たせてしっかりと優先順位を組み立てることが大事です。

考えることができる状況、頭の中を整理できる状況を常に持っておくと、自然と要領の悪さは改善していきます。

 

事前準備を怠らない

「仕事は段取り8割」という言葉もあるように、事前にしっかりと頭で考えることは本当に大切です。

優先順位ややるべきことを瞬時に頭で整理ができないという場合は、事前にやるべきことをリストアップしておくことで効率よく仕事を進めることができます。

なので、しっかりとまずは書き出すことが大事ということですね。

 

事前準備も効率を考えることです。

それを頭の中で組み立ているのか、目で見えるように紙に書き出すのかの違いですからね。

 

とにかく、「しっかりと考える状況・習慣」を自分で作るようにしましょう。

 

周りの人の意見を聞く

どうしても自分の考えだけでは偏ってしまい、仕事を円滑に進める糸口を見つけられなかったりします。

仕事ができる人、要領の良い人はみんな、周りの人の考えややり方を聞いて自分にインプットします。

色んな人の考えややり方を聞いて、最善の方法を見つけ出すのです。

 

なので、色んな意見を聞いて色んな思考があることを発見してみてください。

効率の良い組み立てを考えるためにも、色んな情報をインプットしておくと組み立てに幅がでますのでオススメですよ。

まとめ

今回は要領の悪い人を改善する方法について紹介していきました。

 

要領が悪いと言われている人は、

  • 単純に優先順位が分からなかったり
  • 焦ってしまう
  • 自分のキャパをオーバーしてしまっている

だけなのです。

 

要領の悪さを改善する方法は本当にシンプルです。

 

「とにかく落ち着いて気持ちに余裕を持たせることが大事!!」

これを常に意識しておきましょう。

 

▼こちら記事も併せて読まれています▼

>>腕時計はオーダメイドしよう!世界に1つだけのデザインは自分用にもプレゼントでも大人気

>>大人の男性の財布は世界最高級のハイブランドをプレゼント!モテるおしゃれメンズは本物志向だ

>>カスタマイズ腕時計ブランド「ルノータス」の口コミは?オーダーメイドの評価評判はどうなの?