出来る人は休日も過ごし方が違う!時間の使い方に特徴がある

会社に必ず一人はいる「出来る人」

出来る人は先輩後輩、男性からも女性からも、上司から部下まで慕われ頼りになる存在で、全員から憧れのまなざしで見られます。

 

ですがそんな出来る人は、普通の人とどう違うのでしょうか?

また、出来る人の特徴さえ分かれば、出来る人になれるのでしょうか?

 

ということで今回は、出来る人の終日の過ごし方や特徴について紹介していきます。

出来る人はココが違う!!知っておくべき大事なことを知ろう。

出来る人ってどんな人?出来る人の特徴を知ろう

出来る人=学歴があるではない!

 

会社などで「出来る人」と言われている人は、学校で勉強ができて、常に学年トップだったような人やいい大学を出ている人というわけではありません。

 

もちろん学歴があって出来る人も稀にいます。

ですが、決して「学歴がある=出来る人」というわけではありません。

大事なことですよ!!

 

出来る人とは、学校のテストなどの点数のように目で見て分かるような判断基準がないですが、直感的な部分でみんなが感じるものなのです。

いわゆるオーラであり、今までやってきた行動から来る自信のようなものも大事な要素となっています。

 

スピードが速い

出来る人は物事を瞬時に理解し、自分の能力に合ったパフォーマンスをすることができます。

 

なので、周りから見ると「スピードが速い」のですが、分かり易く言うと「無駄な動きがない」のです。

瞬時に情報処理をして、余計なことはせず必要なことだけをすることができるのです。

 

元からスペックが高いと言ってしまえばお終いですが、要は自分で簡単にこなせる範囲が広いのです。

今までの人生の経験値が、他の人よりも高いということも大事になってくるかもしれません。

 

カリスマ性がある

 

出来る人というのは直感的なものだといいましたが、そういった直感的な部分をだれもが感じるほど、「人を引き付ける魅力=カリスマ性」があるのです。

そういった人を引き付ける魅力は、普段の生活から身に付けるものなのです。

 

まさに自信が大事です。

雰囲気イケメンや雰囲気美女という言葉があるように、微妙であっても妙な自信がある人間は、なぜか「カリスマ性」が出るのです。

だから、日頃から下を向かずに前と上を向いて生活する習慣を身につけることが大事です。

ユーモアがある

出来る人というのは仕事や私生活に対して真面目な人ばかりですが、決して真面目なだけではありません。

 

時には周りを和ませるユーモアがあったり、遊びがあります。

そういった余裕が、良いパフォーマンスに繋がるのです。

 

また、コミュニケーションが高いとちょっとやそっとの失敗は気にされません。

むしろ助けてもらえますし、失敗したことを覚えられていません。

 

だからこそ、ユーモアセンスやコミュニケーションは大事なポイントになってきます。

 

出来る人の終日の過ごし方とは?

朝が早い

 

「仕事は段取り8分」という言葉もあるように、その仕事が成功するかは仕事前の準備や段取りにかかっています。

 

就業時間のギリギリに滑り込んでくるような人は、仕事ができない人が多いです。

それに対し、朝に余裕を持って出社するような人は出来る人が多いですよね。

 

ちなみに、多くの有名企業の社長は、朝が早い人が多いです。

”時間を無駄に使わない”という意識があるから、こうした生活になっているのでしょう。

 

仕事をダラダラしない

休日出勤、残業ばかりして、常に忙しい人っていますよね?

そういう人は真面目な人ではありますが、決して出来る人ではありません。

 

出来る人は自分の能力、出来る仕事の範囲をしっかりと知っており、オーバーワークにならないようにしています。

 

人間の集中力は何時間も持続するものでもなく、決まった時間をしっかり集中して仕事をし、次の日や後に残さないようにします。

ダラダラと長時間仕事をしていたって、良いパフォーマンスができるわけがないですからね。

ご飯が早い

 

ご飯を食べるということは大事なことです。

朝ごはんも昼ごはんも、食べなければ頭に栄養が回らないので、しっかりと仕事をする上で食べることは大切です。

 

ですが、時間は限られており、出来る人はご飯をダラダラ食べない人が多いのです。

話していたりスマホを見ながらであったり、ゆっくりご飯を食べて時間を無駄にしないように、サッと食べる人がほとんどです。

 

上手な時間の使い方をする人は、勤務日くらいは食事を簡単に済ませてしまい、別の作業もしくは考え事をしているのです。

 

休み時間をしっかりとる&有効に使う

物事にはメリハリが大切で、出来る人はずっと仕事をし続けているのではなく、しっかりと休憩を取ります。

 

また、その休憩も有効に使い、読書をしたり外の空気を吸ったり、または仮眠を取ったりして、しっかりリフレッシュします。

まさに仕事とリフレッシュを区切っています。

 

切り替えスイッチのON-OFFが上手な人だからこそ、仕事になるテキパキすることが出来るのです。

〈次のページへ ⇛〉