クッションのプレゼントに隠れされた意味とは?相手の心理が丸わかり?

「プレゼントにクッションをあげようと考えている」「最近クッションを貰ったけれど何か意味があるの?」なんて思っていませんか?

プレゼントにクッションを選ぶのって、なんだか特別な気がしますよね。

「文房具やちょっとした小物でも良いのに、どうしてクッションなの?」と勘ぐってしまうことも...

また、プレゼントにクッションを送ろうと思っている場合も「なんて思われるかな?」「嫌がられたらどうしよう」と不安になる方もいるのではないでしょうか。

ということで今回は、プレゼントのクッションに隠された意味についてまとめてみました。

最後まで読めば、クッションをプレゼントするときの相手の心理が丸分かりになること間違いなしですよ。

「気になる人からクッションを貰った」「クッションをあげようか迷っている」という方は是非参考にしてみてくださいね。

後半では、プレゼントにクッションを選ぶときの注意点ご紹介しています。

クッションのプレゼントに隠れされた意味とは?相手の心理が丸わかり?

クッションのプレゼントは好意がある証拠

 

クッションって、他のプレゼントとは少し違って特別な感じがしませんか?

クッションをもらって「あれ?」と気になった方は、その予感が的中しているかもしれません。

クッションの贈り物は、相手に好意がある場合にすることが多いんですよ。

どうして好意が隠されているのかをご紹介していきますね。

 

趣味をしっかりリサーチされている

クッションは自宅のリビングや寝室で使うことが多いですよね。

なので、あまり趣味に合わないものや、センスのないものだと使ってもらえないということを、相手の人は考えて選んでくれています。

そのためには、あなたの好きな色やファッションのテイストをリサーチしなければいけないのです。

もしも、具体的に「どんな色が好き?」と聞かれた覚えがなくて好みのデザインのクッションをもらえたなら、相手の人がそれだけあなたを普段から良く観察していた証拠になりますよ。

服の趣味や雰囲気、良く使っているカラーなどを分かっていなければ、好みのデザインは選べませんからね。

反対に全く趣味でないクッションをもらった場合は、なにも考えずに選んだと思っていただいて大丈夫です。

一緒に読まれています

指輪の意味とは?女性の小指のピンキーリングは恋愛成就や恋愛運UP?

仕事で遣う実用的なものではなくあえてクッションを選んでいるから

職場の同僚や、上司からクッションをもらったらあなたに好意があると思ってもいいでしょう。

本来なら職場の人へのプレゼントは、実用的なアイテムを選びがちになりますよね。

ボールペンや筆箱、名刺入れなどが鉄板ではないかと思います。

そこで、あえてクッションを選ぶということは、「仕事だけの関係ではなくもっと踏み込みたい」という気持ちの現れです。

なので、気のない職場の異性にクッションをプレゼントしようとしている人は、勘違いされるリスクを考えて選び直した方がおすすめですよ。

プレゼント選びのときにプライベートのあなたを想像した

クッションはおでかけや、仕事中にはなかなか使いませんよね。

プレゼントしてくれた相手は、あなたがこのクッションを自宅のプライベートな空間で使う前提で選んでくれています。

なので、クッションを吟味するときは、あなたが家でクッションを使っているときのことを想像しているはずなのです。

「どんなパジャマを着ているんだろう?」「部屋はどんな感じかな?」「インテリアにこだわりはあるかな?」など、あなたのプライベートを想像しながらチョイスしたのですよ。

興味のない人のプライベートなんてどうでも良いものなので、そこまで考えて選んでくれた可能性を考えると興味アリと言えます。

一緒に読まれています

ネックレスをプレゼントする意味は?彼氏(男性)が彼女に贈る心理は?

癒されてほしいという思いやりの気持ちがある

 

クッションはふわふわとしていて、見ているだけでも気持ちが落ち着きますよね。

ソファに置くだけでワンポイントになって、部屋の印象もバッチリ変わります。

クッションを選ぶときは「家でのリラックスタイムで使ってほしいな」「クッションを使ってゆっくりしてほしいな」という気持ちがありますよ。

「ゆっくりしてほしい」という思いやりの気持ちは、好意があったり、相手のことを考えていないとなかなか生まれませんよね。

プレゼントを選ぶときは、普段気持ちを伝えにくい相手にクッションを渡して、気持ちをアピールしてみるのもアリですね。

 

あなたに抱き締められたいと思っている

クッションを部屋で使っているときって、どういう使い方をするのを想像しますか?

テレビを見ながら抱えて使ったり、ゴロゴロしながら抱き締めるという使い方を思い浮かべますよね。

プレゼントをしてくれた相手も、あなたがそんな使い方をしてくれるのを想像しながら選んだ可能性が高いです。

もしかしたら、選びながら「俺もこんな風に抱き締められたいな」「私もそのうち...」なんて考えているかもしれませんよ。

一緒に読まれています

プロポーズ用の履けるガラスの靴をプレゼント!メッセージや意味は?

もっと親しくなりたいという気持ちの現れ

クッションは完全にプライベートで使うものなので、あまり親しくない人からもらうと「どういう意味なんだろう?」と悩んでしまいますよね。

親しくない人からクッションをもらったときは、もっと仲良くなりたいというメッセージと捉えるのもアリです。

プライベートで使うクッションを選んだということは、「もっと日常的な部分に踏み込みたい」「少しでも自分の存在を感じていてほしい」という思いが込められている可能性が高いですよ。

気になる異性がいる場合は、思いきってクッションをプレゼントして存在をアピールするのもいいですね。

プレゼントにクッションを選ぶときの注意点

 

最後に、プレゼントにクッションを選ぶときの注意点をご紹介します。

相手と親密な関係を作ることにも役立つクッションの贈り物...注意点に気をつけて、有効に活用しましょうね。

 

派手すぎるデザインは避ける

「どんなのが好きか分からないから自分チョイスで良いかな?」「他の人のプレゼントと被りたくない」という思いから、ついつい派手なデザインを選ぼうとしてしまう方は要注意です。

派手なデザインは好みが分かれるので、下手すると使ってもらえずに存在すら忘れられてしまう可能性もありますよ。

好みが分からないときは、無地やワンポイントの無難なカラーを選んでみてくださいね。

デニム調の生地なら男女問わず人気ですし、既に使っているクッションとの相性も良い場合が多いのでおすすめですよ。

一緒に読まれています

ホワイトデーのお返しの意味を知らないと損!飴言葉、キャンディーの秘密

洗濯できないものはやめよう

クッションは毎日使うものなので、定期的に洗濯をするのが重要です。

洗濯ができないものだと、汚くなったらすぐに捨てられてしまったりするので要注意ですよ。

たくさん使ってもらって「そういえばこのクッションは○○からもらったんだよな」と思い出してもらうためにも、お手入れがしやすい商品を選んでみてくださいね。

カバーがセットになっていて取り外しができるものや、シンプルで飾りの少ないデザインのものがおすすめです。

まとめ

今回は、クッションのプレゼントに隠された意味についてまとめてみました。

クッションのプレゼントは基本的に好意がある場合が多いので、プレゼント選びの参考にしてみてくださいね。