ハンガーおすすめ11選【コスパの良い人気種類・おしゃれメーカー】

洋服の整理の際、洗濯の際に欠かせないアイテムの1つが、ハンガーです。洋服を掛けることが目的のハンガーですが、実は種類はとても豊富にあります。いざハンガーにこだわろうと思うと、種類が豊富で迷ってしまうことでしょう。

そこでこれから、ハンガーを選ぶ際のポイントと実際におすすめするハンガーについてご紹介していきたいと思います。

おすすめ人気ハンガーの種類

レック トレーナー用 ロングハンガー W-102-B

レック トレーナー用 ロングハンガー W-102-B

出典:楽天市場

 

こちらはトレーナー用のハンガーで大きめのシャツにもフィットします。アームが伸縮するので、衣類の首周りを伸ばさずセットできるハンガーです。

トレーナーの型崩れを防ぐよう考えられたトレーナー用ハンガーは、洋服のサイズや形状に合うよう肩幅が伸縮するのが特徴。本来洗濯用に作られていますが、収納用としても便利です。53〜74センチまでアーム幅が変えられるため、大きめのシャツに合うハンガーが欲しい方にもおすすめです。

 

シンコハンガー F-Fit ジャケット回転式42

シンコハンガー F-Fit ジャケット回転式42

出典:楽天市場

 

スーツ・ジャケットハンガーの定番。滑り止め加工付きで、スーツ一式をセットで収納できます。回転式のバーで、取り出す際はスラックスを引っ張るだけでスムーズにできます。フックは360度回転式なので自由に角度の調整が可能です。肩幅も3サイズの種類が揃っているので大きめのジャケットにも対応しています。がさばるジャケットをスリムに収納したい方におすすめです。

 

AUV PVCハンガー

AUV PVCハンガー

出典:楽天市場

 

スチール製とPVC加工で丈夫さと滑りにくさを兼ねそろえているハンガー。見た目はとてもシンプルでインテリアに合わせやすいデザインです。

シャツや上着だけでなく、キャミソールやズボンも掛けられます。更には靴下やマフラー、下着なども幅広く使用可能。良質なステンレスを使用しているので、とても頑丈です。

水にも強いため錆びにくく、変形もしにくい優れもの。人間工学に基づいた設計なので型崩れしやすいスーツやシャツ、セーターにもおすすめです。

 

シンコハンガー ベストライン ネクタイハンガークロス

シンコハンガー ベストライン ネクタイハンガークロス

出典:楽天市場

 

ネクタイの持ち数が多い男性向けのハンガーです。こちらのハンガーは最大20本かけることができます。左右のネクタイ掛け部分を動かすとクロスして、ネクタイが見やすく取り出しやすくなる優れもの。畳んだ状態ではコンパクトになるので場所を選ばず収納できます。

更に、回転フックを回せば逆転するので、季節ごとのネクタイの分別にも最適。ネクタイを綺麗に幅取らず収納したい方におすすめです。

 

PARACHASE 木製ハンガー

PARACHASE 木製ハンガー

出典:楽天市場

 

スーツやジャケット用としておすすめのハンガーです。肩の部分が厚くなっているので、型崩れをしっかり防いでくれます。

そして何より、見た目のオシャレさが魅力的なハンガー。アンティークな雰囲気で、インテリアとしても活躍してくれますよ。もちろん人目に触れない場所であっても、クローゼット内の整理などの際にやる気を出させてくれるでしょう。

 

プエブコ ワイヤーハンガー

プエブコ ワイヤーハンガー

出典:楽天市場

 

シンプルだけれどオシャレさを感じるハンガーです。スチール製でシンプルなのにも関わらず、存在感がありインテリアとして活躍することができます。

ブランドのロゴが入っているところが、まるでアパレルショップで使われているようなオシャレな印象を与えてくれることでしょう。一つひとつ違った傷やゆがみが入っているところも、逆によりオシャレにしてくれます。

 

山善 すべらないハンガー

山善 すべらないハンガー

出典:楽天市場

 

滑り止めがついており、特殊起毛加工でより滑りにくくなっているところが特徴的なハンガーです。キャミソールやシャツなどの滑りやすい洋服でも安心して使用することができます。

薄い為、横にたくさん収納することはもちろん可能ですし、更には、ヘッドの根元部分にフックがついているので、縦に収納することも可能。カラーもアイボリー、ブラック、ブラウン、ピンクと4色展開になっているので、楽しく収納できそうです。

 

マワ ハンガー

マワ ハンガー

出典:楽天市場

 

マワは、ドイツの人気ハンガーブランドです。こちらのハンガーは、スカートやズボンといったボトムスをスマートに掛けることができるハンガーとなっています。

シワや跡をつけることなく掛けることができ、スチームなども簡単に行うことが可能。滑らないような工夫もされているので、安心して使用することができます。スチール製なので、デニムのような重たい洋服でも掛けることができます。

 

コサイン ハンガー

コサイン ハンガー

出典:楽天市場

 

木製のオシャレな見た目が特徴的なハンガーです。見た目はもちろんオシャレですが、触ってみるとしっとりとさらさらした手触りを楽しむこともできます。

玄関に掛けて使用しても、インテリアとしての役割をしっかり果たしてくれること間違いなし。カラーはメープルとウォルナットの2色展開になっており、女性用と男性用の2種類があります。

 

seiei タイハンガー

seiei タイハンガー

出典:楽天市場

 

ネクタイ用のハンガー。独特な形状のおかげで、これ1つでたくさんのネクタイを掛けることができ、出し入れも簡単に行うことができます。毎日スーツでネクタイを使用する男性にはとてもおすすめなハンガーです。フックが360度回転してくれる為、場所さえあればどこに掛けても使用しやすいハンガーになっています。

 

フレディレック・ウォッシュサロン アドバダイジングハンガー

フレディレック・ウォッシュサロン アドバダイジングハンガー

出典:楽天市場

 

ドイツのコインランドリーであるフレディレック・ウォッシュサロンの住所と電話番号が記入された、とてもオシャレなハンガーです。天然木を使用しているので、とても柔らかな印象を与えてくれます。

3本セットで購入可能です。まずは試してみて、気に入ったら買い足す…というのに丁度良い数ですね。インテリアとしてもしっかり活躍してくれます。

 

マワ 人体ハンガー

マワ 人体ハンガー

出典:楽天市場

 

人の体のラインにとても近い形で作られているハンガー。その為、襟周りが開いた洋服であっても型崩れをしにくいです。“ノンスリップコーディング加工”というものがなされていることで、くぼみがなくても滑りにくい作りとなっています。

キャミソールのような滑りやすい洋服でも安心して使用することが可能。また、薄さがわずか1cmなので、たくさん洋服を収納することができます。シンプルだけれどオシャレな印象を与えてくれることでしょう。

そして、ゴールドやシルバーなど、カラー展開も独特なカラーが豊富な為、部屋に合うカラーを選べば、インテリアとして使用することもできます。

 

ハンガーの選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

たかがハンガー…と思うかもしれませんが、自分に合ったハンガーを選ぶことができれば、毎日の洗濯や洋服の整理がとても楽しくなるもの。そして、そんな自分に合ったハンガーを購入する為には、購入する前に選ぶ際のポイントをおさえておくことが大切です。

これからハンガーを選ぶ際のポイントをしぼってご紹介しますので、是非参考になさって下さい。

 

掛ける衣類で選ぶ

一言で洋服を掛ける、と言っても、洋服は様々な種類がありますよね。その種類に合わせて、ハンガーの種類も様々。スーツのような型崩れさせたくない洋服の場合、スーツ用、ジャケット用のハンガーを選ぶようにしましょう。肩先にかけて厚みがでるようになっているので、型崩れを防ぐことができます。

スカートやズボンなどを掛ける場合は、ボトムハンガーを選びましょう。変なシワがついてしまうのを防いで、綺麗に干すことができます。

シャツやカーディガンのような薄めの洋服の場合、シャツハンガーを選びましょう。細めに作られているので、たくさん収納することが可能です。

その他にも子供服用のベビーハンガー、ネクタイ用のネクタイハンガーなどもありますので、気になる場合はチェックしてみて下さい。

 

デザイン・おしゃれさで選ぶ

人目に触れる可能性がある場合には、デザインで選ぶことも大切なポイントです。ぱっと見ただけで釘付けになってしまうような面白い形のハンガーや、綺麗なカラーがついたハンガーなどを使用すれば、インテリアとしてもしっかり活躍してくれます。人目に触れなくても、オシャレなデザインのハンガーを使用していると、洋服の整理にも気合いが入るもの。

引っ越しや部屋の模様替え、洋服の衣替えの際などに、ハンガーを思い切って好きなデザインのものに買い換えるのもとてもオススメです。

 

機能性で選ぶ

あくまで機能を重視したい場合は、機能性の高いハンガーを選ぶようにしましょう。

ハンガーによって、機能も様々あります。

先程スーツ用のハンガーをご紹介しましたが、やはり型崩れ防止には厚みが大切です。スーツ以外の洋服でも、型崩れさせたくない洋服があれば、その洋服に合った厚みのハンガーを選ぶようにしましょう。

また、滑り止めが付いたハンガーを選べば、ストレスなく洋服を出し入れすることができます。できる限りたくさん収納したい、という場合には、連結することのできるハンガー、縦に収納できるハンガーなどを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ハンガーの素材で選ぶ

木製

木ならではの温もりが感じられる木製ハンガーは、静電気が起きにくく衣類に優しいハンガーでしょう。また、適度に温度を吸収するため、カビを防ぐ効果もあります。

タモ材・マツ材・ロータス材など種類がありますが、最もポピュラーなものはビーチ材です。ビーチ材とはブナのことで、適度な硬さがあることからハンガーに適した素材と言われています。

 

プラスチック製

軽くて安いという特徴があります。水分を吸収しないため、洗濯物を干すのにも使いやすく、乾いたらそのままクローゼットに収納できる手軽さも魅力です。ただし、プラスチックは直射日光を浴びると劣化しやすいというデメリットがあります。

 

スチール製

デザイン性が高く、おしゃれなものが多い素材です。錆に強く、耐久性に優れている点も魅力です。

 

起毛素材

根本が開いたトップスや薄手のカーディガン、女性用のキャミソールなどハンガーから滑り落ちやすい衣類におすすめなのが起毛素材のハンガーです。知らぬ間に滑り落ちてシワだらけということにならないので安心。起毛素材以外にも滑りにくい素材のハンガーがありますので、服の滑り落ちを防止するためにも用意しておくと更に安心でしょう。

 

ジャケット用は肩先の厚みが3〜5センチあるものを選ぶ

肩幅だけでなく肩先の厚みも重要なポイントです。型崩れを防ぐために、肩先の厚みが3〜5センチ程度あるものを選びましょう。厚すぎるとシワの原因に、薄すぎると型崩れの原因になってしまいます。コート類に使うハンガーは厚みが5センチ以上、シャツやブラウスに使うハンガーは厚みが1〜2.5センチ程度が目安です。

 

ジャケット用は肩が前倒しにカーブしたものを選ぶ

ジャケットは立体的なので、平らなタイプのハンガーを使うと服の後ろ側が突っ張る原因になります。Tシャツなどは平らなハンガーでも問題ありません。

 

大きいサイズよりは小さいサイズを選ぶ

ハンガーのサイズは服の面積よりやや内側に収まるものが理想的です。もしちょうど良いサイズがない場合は小さいものを選びましょう。小さすぎるハンガーは型崩れの原因になるので注意しましょう。

 

クリーニング店のハンガーは使わない

クリーニング店から受け取った際のプラスチック製や針金製のハンガーに衣類をかけたままにしてはいないでしょうか。これらは一時的に使うものであり、ずっと使い続けると型崩れの原因になりますので、衣類に合わせたハンガーに変えて使用してください。

 

ハンガーの種類を統一する

種類や色がバラバラのハンガーだとクローゼットの中がまとまりません。アイテムごとに同じ種類のハンガーに統一することでクローゼットの中が洗練されて見えるでしょう。

 

連結できるハンガーを使う

服が多すぎたりクローゼットが狭かったりすると、収納しきれません。縦に連結できるハンガーを使うと省スペースとなり、収納が楽にできます。

まとめ

おすすめハンガーについてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。ハンガーは今や絶対に欠かせないグッズです。

ハンガーには滑り止めだったり、型くずれしにくいものだったりと、機能性が充実している種類が登場しています。

デザイン性も大事にしたいポイントなので、いろんな視点であなたに合ったハンガーを見つけてみてくださいね。

 

一緒に読まれています

観葉植物おすすめ8選【枯れない室内用インテリア・育てやすい人気種類】

間接照明おすすめ13選【人気一人暮らし用・寝室、リビング用など】

お部屋の芳香剤おすすめ18選【強い香りが人気・女子力UPおしゃれ種類】

湿気取り最強&万能おすすめ17選【人気種類・部屋の除湿グッズ】

クッションカバーおすすめ8選【人気ブランドや生地・可愛いおしゃれ】

スーツケースおすすめ8選【安いコスパ最強・人気ブランド・サイズ別】

抱き枕おすすめ8選【腰痛対策に効果的・接触冷感・可愛いおしゃれ等】

1人掛けソファおすすめ人気8選【可愛い北欧系・高級・安いコスパ等】

本棚おすすめ8選【人気おしゃれ・安いコスパ最強・小さい・扉付き等】

スチームアイロンおすすめ8選【人気コードレス・プロ愛用・安い種類等】

ハンガーラックおすすめ8選【人気大容量・丈夫頑丈な種類・スリム等】