プロポーズ用の花束はどれが良い?バラなど種類やおすすめは何?

 

プロポーズを成功させる花はどれが良い?

 

全ての女性が憧れの形を思い描いているプロポーズ。

そんなプロポーズと言えば指輪や花束、ネックレスなどがプレゼントとして人気です。

 

プロポーズの定番中の定番である花束も、最近ではトレンドのプロポーズ用プレゼントとして注目されています。

そんなプロポーズの花束と言えば真っ赤なバラの花束を思い浮かべる人も多いと思いますが、他の色や花はどうなのでしょうか?

 

ということで今回は、プロポーズ用の花束におすすめの花や種類について紹介していきます。

素敵なプロポーズには花束がおすすめです!

 

プロポーズに贈る花束は種類が大事!選ぶ花による花言葉が大事

 

プロポーズのときに贈る花束ですが、どんなものを選べばいいのか悩みますよね。

というのも、花には「花言葉」がありますので、選ぶ花がとても大事なのです。

 

  • 相手に贈る花にどんな意味を込めたいのか。
  • 相手に伝えたい想いはどんな言葉なのか。

こうしたポイントで花を選ぶことも大事ですよ。

 

定番のバラも良い花言葉がありますが、違う花の意味も知っておきましょう。

プロポーズの時にサプライズで贈る花束に、あなたはどんな種類を選びますか?

プロポーズ用の花束はどれが良い?バラなど種類やおすすめは何?

バラの花の持つ意味や色について

 

プロポーズだけでなく男性が女性に贈る花束と言えば、やはり真っ先に思い浮かぶのは「バラ」です。

やっぱりプロポーズ用の花束もやはりバラが一番人気です。

 

ですが、バラの花言葉は「色」「本数」によって意味合いが大きく変わってきます。

 

まず、定番の「赤いバラ」には「愛情」、「深い愛情」という意味があります。

次に「ピンクのバラ」には「私を信じて」という意味が。

そして、「白のバラ」には「純粋」という意味があります。

 

ピンクや白のバラの花束も人気ですが、赤のバラの中にピンクや白のバラを少し混ぜるのがトレンドとなっています。

これは色んな意味合いのバラを花束にすることでたくさんの気持ちを伝えることと、純粋に見た目を綺麗にすることの意味がありますね。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

バラの本数が持つ意味ついて

 

バラの花束の意味は、本数によっても大きく変わります。

 

まず定番は「108本」で、「結婚してください」というプロポーズにピッタリの意味になります。

そして「100本」は「100%の愛」、「99本」は「永遠の愛」という意味になり、相手への愛情の深さを表す強い意味合いになるので、ロマンチックでおすすめです。

 

少なめの場合は「50本」の「永遠」、「40本」は「真実の愛を誓います」という意味になります。

また「50本」には「偶然の出会い」という意味もあり、偶然の出会いによって結ばれたカップルがプロポーズに選ぶことが多いのも特徴です。

さらに少ない場合は「12本」の「私の妻になってください」、「11本」の「あなたは私の宝物」といった意味があります。

 

スタイリッシュに渡したいという人や指輪などの他のプレゼントと一緒に渡す人は、あえて少なめの本数を選ぶ人も多いです。

バラ自体にたくさんの意味がありますので、あなたの相手に合った花言葉を選びましょう。

バラ以外に人気のプロポーズ用の花束 1.ガーベラ

 

やはり女性への花束の贈り物と言えばガーベラも人気です。

ガーベラ全体の花言葉が「希望」であり、色別の花言葉も恋人への贈り物にピッタリというのも人気の秘密です。

 

まず「赤のガーベラ」には「燃える神秘の愛」、「ピンクのガーベラ」は「熱愛」という意味があります。

更に、「黄色のガーベラ」には「究極の愛」という意味がある事から、赤やピンクのガーベラの中に一輪だけ黄色のガーベラを混ぜるのも可愛いです。

 

ガーベラの開花時期は3月~5月、9月~11月ですが、花屋さんには基本的にオールシーズンあるのでおすすめです。

バラ以外で花束を作りたいならば、ガーベラはプロポーズ用の花束におすすめですよ。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

バラ以外に人気のプロポーズ用の花束 2.チューリップ

 

春の花の代名詞である「チューリップ」も、プロポーズにピッタリの花言葉を持つ花です。

 

まず、「紫のチューリップ」には「不滅の愛」、そして「赤いチューリップ」には「愛の告白」という意味があります。

 

意味合い的には紫を選びたいですが、やはり赤が一番人気ですね。

なので、赤のチューリップの花束の中心に一輪の紫のチューリップを入れると、色合い的にも可愛くておすすめです。

 

しかし、チューリップはネガティブな花言葉を持つ色もあります。

特に「望みのない愛」を意味する「黄色のチューリップ」と「失恋」を意味する「白色のチューリップ」は絶対に避けてください。

バラ以外に人気のプロポーズ用の花束 3.ユリ

 

旧約聖書にも登場し、聖母マリアに捧げられたことでも有名なユリ。

ユリは「純粋」のシンボルとして、結婚式で使うブーケの定番でもあります。

 

そんなユリはやはり「純潔」を意味する「白いユリ」が一番人気で、ブーケ型にしてプロポーズするのが人気となっています。

ただ、白だけではインパクトに欠けるという場合は、「華麗」を意味する「オレンジのユリ」や「陽気」を意味する「黄色のユリ」を混ぜるのをおすすめします。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

バラ以外に人気のプロポーズ用の花束 4.マーガレット

 

花占いに使われる花として人気のマーガレット。

そんなマーガレットもプロポーズ用の花束におすすめです。

 

「秘めた愛」を意味する「白のマーガレット」も人気ですが、やはりプロポーズには「真実の愛」を意味する「赤のマーガレット」が人気です。

ナチュラルで可愛らしい見た目は、可愛い彼女へのプロポーズにピッタリです。

 

人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめ紹介|LUCKILE(ラクイル)
人気おすすめを紹介するメディア

まとめ

今回はプロポーズ用の花束におすすめの花や種類について紹介していきました。

プロポーズの定番であるバラ以外にも、プロポーズにピッタリの花言葉を持つ花がたくさんあります。

最近のトレンドは一色ではなく、メインとなる色の中に一輪だけ別の色を加える花束です。

色合いだけで選んでしまうとプロポーズにそぐわない花言葉だったりするので、しっかりと花言葉を知って花束を贈りましょう。