メンズストールおすすめ8選【人気色・カシミヤや大判の種類】

寒くなってくると、ストールは欠かせないアイテム。

通勤、通学、お出かけ時の防寒グッズとしてはもちろん、ファッションにアクセントを出したい時にも重宝するアイテムです。

とはいえメンズストールを選ぶ際には「この色、自分に似合わないかもしれない」「プレゼントしたいけど、これでいいのかな」などと悩む方は多いでしょう。

そこで今回は、メンズストールのおすすめ種類をご紹介します。あわせて選び方も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

メンズストールの選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

デザインや素材の種類が多いストール。

有名ブランドやカジュアル店にある個性的なストールなど種類が豊富なため、ポイントを押さえておかないと何を選べばいいか迷ってしまいます。

そこでここからは、メンズストールを選ぶ際のポイント・コツを紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

 

素材で選ぶ

カシミヤ素材は上品さや美しさがあり、保湿性・保温性に優れていてとても軽いです。肌触りも良く、型崩れがしにくいのが特徴です。

ウール素材はモコモコとした厚みがあり暖かく、熱を逃げにくくしてくれます。カシミヤに比べ、低価格で購入できることも魅力の1つ。

アクリル素材は手洗いができ、シワになりにくいのが特徴。ただし、毛玉や静電気が起こるため注意が必要です。

ストールを選ぶ際はデザインや肌触りだけではなく、着け心地の良さ、シワになりにくい、虫食いやカビが付きにくいことなど様々あります。

ほかにも手入れや保管のことも考えて選ぶことで、長く使用することができます。

 

大きさ・サイズで選ぶ

約60cm~70cmの大きさが一般的。コンパクトで持ち歩きやすいことに加え、収納しやすい大きさです。

約180cm~200cmの大判型は3WAYでとても便利なストール。首元、ひざ掛け、羽織りするのに便利で、これ1枚あれば様々なシーンで活用でき非常に重宝します。

大きいサイズであれば巻き方のアレンジ種類も豊富なので、どんなファッションにも合わせやすく、かつアクセントにもなることでしょう。

 

肌の色で選ぶ

ストールは地肌の色で選ぶと選びやすくなります。

例えば色白で顔が明るい人には赤、ピンク、黄色など暖色系が首元にあると、顔色がさらに明るくなり印象が良く見えます。

地肌が黒めの人には青、黒、緑色など寒色系と相性が抜群。大人っぽく落ち着いた印象に見えます。

 

デザインで選ぶ

「いつどこでどんなときに使用したい」または「1つは持っておきたい」と思うようなところでも選ぶものが変わってきます。

例えば、無地の服装が多い場合はチェック柄やストライプが入ったものがあるとコーディネートのアクセントに。

逆に柄ものの服装が多い場合は無地のマフラーがあると、落ち着いた印象になったり、全体的に引き締めることができたりしてコーディネートに纏まりができます。

おすすめ人気メンズストールの種類

Filomo(フィローモ) カシミヤストール・マフラー

Filomo(フィローモ) カシミヤストール・マフラー

出典:楽天市場

 

長さが90cmあり、アレンジもしやすい定番ストール。

チェック柄のネービー系はどんな服装にも相性がバッチリ。

カシミヤ100%なので高級感があり、大人っぽく着こなせます。

通学、通勤でスーツや制服の清楚系な服装にはこのストールが1つあるとカッコよく見せられること間違いなし。爽やかさを引き立ててくれます。

カシミヤは保湿性が高いので、乾燥や熱が逃げるのを防ぐこともできます。

 

Paul Smith(ポールスミス) マフラー・ストール ウール100%

Paul Smith(ポールスミス) マフラーウール100%

出典:楽天市場

 

ポールスミスのロゴ刺繍がチャームポイント。

ラムズウールを使用しているため、肌触りが滑らかが魅力的です。

無地であればどんなファッションにも合わせやすく、重宝する便利なアイテムになります。

男女ペアで使用しやすいブランドのため、カップルや夫婦など一緒に同じストールを着用することもおすすめです。

 

ふんわり柔らかマフラーストール アクリル バイカラー

ふんわり柔らかマフラーストール アクリル バイカラー

出典:楽天市場

 

2色あるバイカラーのストール。まるで2種類のストールを使っているかのようなデザインです。

どのような場面でも使用でき、スタイリッシュからカジュアルまで何でも合わすことが可能。

約10cmのフリンジがふんわりと揺れ、首元に視線を集めることができます。

熱伝導率が低い空気を抱えて冷たい外気を遮断、これにより熱が逃げにくく暖かく着こなすことができます。

ウールのようなふんわりとした極上な肌触りが魅力の1つです。

ふんわり柔らかマフラーストール
lifeland

 

Filomo(フィローモ) ギンガムチェックと無地のリバーシブル カシミヤ100% ストール

Filomo(フィローモ) ギンガムチェックと無地のリバーシブル カシミヤ100% ストール

出典:楽天市場

 

生地に厚みがあり、温かく包み込んでくれるカシミヤストール。

全長2m、幅62cm、フリンジ約10cmの大判ストールで保温性、吸湿性に優れています。

カシミヤの柔らかい質感で高級感ある素材、綺麗な格子型のギンガムチェックがコーディネートのアクセントになること間違いなし。

シンプルなチェック柄のため、派手過ぎることはなく使い勝手の良いアイテムです。

リバーシブルタイプなので、気分に合わせられるのも良いですよね。

Filomo(フィローモ) ギンガムチェックと無地のリバーシブル カシミヤ100% ストール
Filomo

 

Paul Smith(ポールスミス) マフラー マルチカラー

Paul Smith(ポールスミス) マフラー マルチカラー

出典:楽天市場

 

色合いが多く、少し派手なデザインのストール。

グラデーションカラーは珍しく、同じ種類のストールを持っている方は少ないことでしょう。

そのため誰とも被りたくない方には、とても魅力的なアイテム。ワンポイントのロゴ刺繍が入っているのも魅力の1つです。

ウール100%の大判ストールのため、首元を温かく包みこんでくれます。

おしゃれなデザインだけではなく、防寒性の高さも特徴的です。

 

無地アクリル大判ストール

無地アクリル大判ストール

出典:楽天市場

 

アクリル100%の素材の大判ストール。アクリルなので洗濯することができます。ただしネットへ入れて洗うか、手洗いで洗ってください。

シワがよりにくく、保管しやすいタイプ。とはいえ、乾燥機で乾かすと縮んだり痛んだりするので、自然の風または室内乾燥機で乾かしましょう。

生地は柔らかく熱を閉じ込めてくれるので、カシミヤ素材と大きな差はありません。

 

EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ) マフラー ストール

EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ) マフラー ストール

出典:楽天市場

 

ブランドのロゴを全体的にデザインしたストール。グレーの背景に黒で文字が描かれています。

薄手な生地ですが、ジャカード織りのシックなデザインが大人の色気を演出することが可能。

ウール50%、アクリル50%なので、肌触りは柔らかく優しい素材。180cmの長さがあるので2重に巻くことができます。

 

大判ストール ステッチデザイン

大判ストール ステッチデザイン

出典:楽天市場

 

手作り風なステッチのデザインが特徴的なストール。カジュアル過ぎない、スタイリッシュさも兼ねた万能なアイテムです。

シックな色合いのため大人の男性を演出することができます。

男女問わず使いやすいデザインが多く、どんな方でもオシャレに着こなすことが可能。

伸縮性があるため巻き方のアレンジしやすさ、羽織りやすさなどが抜群です。

厚みがあるアクリル100%素材なので、手洗いができます。

 

 

まとめ

今回はメンズストールのおすすめ種類をご紹介していきました。メンズストールはどれを選べばいいか迷った際には、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

人気ブランドのストールから、実用性の高いストールまで幅広く紹介しています。コスパの良い種類もあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

一緒に読まれています

メンズ スリッポンおすすめ9選【人気ブランド・疲れない軽い種類】

メンズ秋冬カーディガンおすすめ9選【人気ブランド・厚手・ニット等】

メンズ用ビジネスバッグおすすめ8選【人気ブランド・軽い・大容量】

腕時計メンズブランドおすすめ80選【カジュアル・ビジネス・おしゃれ】

ダウンマフラーおすすめ9選【人気メンズブランド・洗える種類】

セイコープロスペックスおすすめモデル8選【人気メンズ種類・評価が高い】