ダンヒル ライターおすすめ人気8選【30代男性に評価評判が良い】

ライター

幅広いアイテムを展開するブランド、ダンヒル(dunhill)。2000年にサッカー日本代表オフィシャルスーツを発表し、通称”SAMURAI BLUE”のオフィシャルスーツを手掛けて20年以上となります。

スーツは選手一人一人にぴったりと沿い、「侍」にふさわしい佇まいと、勝負にこだわる男のプライドさえ感じるデザインは、その動きやシルエットを美しく見せてくれるダンヒル-dunhillならではないでしょうか。

そこで今回は世界中の男性が憧れるブランド、ダンヒルの高級ライターをご紹介します。

 

ダンヒルとは?歴史について

ダンヒルは創業から100年以上の歴史と伝統を誇り、1880年にイギリスのロンドンで創業した老舗ブランドです。馬具専門製造卸売業から始まり、自動車の普及に伴い、オープンカーでも使用できるレザー小物などドライブ用品の製造販売を開始したのが成功をおさめ事業を拡大してきました。

そんなダンヒルが世界で初めて発明したのが、ライターを片手で簡単に着火することができるローラー型ライター。当時の車はパワステもステアリングダンパーもないため、片手で簡単に着火できるライターは革命的で喫煙者にとって待望のアイテムとなりました。またこのデザインはジェームズ・ボンドによって定期的にスクリーンやポスターなどで使用しており、このデザインは普遍的となっています。

 

ダンヒルのおすすめ人気ライター

ダンヒルのおすすめライターをご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

 

ダンヒル dunhill フリントガスライター ユニーク ポケット UL1301

ダンヒル dunhill フリントガスライター ユニーク ポケット UL1301

出典:楽天市場

 

ダンヒルのユニークシリーズは1924年世界で初めて片手で手軽に操作することが可能な高級ブランドライターとして登場したシリーズ。片手だけで着火させることができる革命的なユニークシリーズは、イギリスの上流階級の間でも評判となり、喫煙具の高級ブランドとしてダンヒルの知名度が高まった発売以来変わることのない代表商品です。

シックで落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれるデザインのユニークシリーズのポケットサイズとして誕生したのがユニーク・ポケット。ユニークのスタイルをそのまま残しながら、ブタンガスライターとなって生まれ変わった唯一無二のオリジナルのダンヒル・クラシックです。

表面に幾何学的な模様が刻印されているのが特徴で、1920年から1930年代のヨーロッパを中心としたアールデコ様式の影響を受け継いでいる、細部にまで渡るこだわりのデザインが魅力のダンヒルのフリントガスライターです。

ダンヒル dunhill フリントガスライター ユニーク ポケット UL1301
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル dunhill ローラガスライター RIS1450

ダンヒル dunhill ローラガスライター RIS1450

出典:楽天市場

 

真鍮製のゴールドボディはずしりとした重量感があるローラーガスライターです。スクエアのゴールド総柄は高級感があります。惹きつけてやまない定番の魅力で、高級仕立ての真鍮製のため、格式を上げてくれるデザインのため高い人気を誇ります。

大きさは縦6.4cm×横2.3cm×幅1.2cm、重さ:88gとなり、ライターの中でも最も理想的な形状・構造として評価されています。発売以来変わらないダンヒルの代表的なデザインです。使い捨てライターから、切り替えを検討している方、世界中の男性が憧れる超高級ライターをお探しの方には、ダンヒルの人気デザインからおすすめします。

ダンヒル dunhill ローラガスライター RIS1450
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル dunhill ローラガスライター シグネチャープリンシパルディスプレイパネル DU19FRR

ダンヒル dunhill ローラガスライター シグネチャープリンシパルディスプレイパネル DU19FRR

出典:楽天市場

 

unhillロゴが模様になっているローラガスライターです。表裏両面とも同じロゴ文字パターンになっており、dunhillのシグネチャープリンシパルディスプレイパネルのブラックとシルバーカラーがダンディな印象をもたらせてくれます。縦64×横24×幅13mm・重さ94gとなり、重量はしっかり感じれる仕様となり、炎調節は底面部・ガス注入部底面蓋なし、新たに効率的にガスの注入を行うことのできるアダプターが添付されています。

一目でブランドがわかるものをお探しでしたら、dunhillのシグネチャーがおすすめ。シグネチャーのロゴが表裏にデザインされているため、30代男性のダンディズムを表現できるアイテムとなります。

ダンヒル dunhill ローラガスライター シグネチャープリンシパルディスプレイパネル DU19FRR
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル dunhill ローラガスライター m400427438

ダンヒル dunhill ローラガスライター m400427438

出典:楽天市場

 

真鍮のブルーとゴールドが光る高級感があるガスライターです。エッジ部分にはゴールドカラーが配されており、さりげない高級感が醸し出されています。程よいサイズ感の縦6.4cm×横2.3cm×幅1.2cm、重さ:70gのフォルムは数あるライターの中でも最も理想的な形状・構造として評価されています。

落ち着いた陶器のようなブルーは真鍮ならではの大変美しいカラーのため、定番のシルバーやゴールドとは差をつけたい方にもおすすめです。

ダンヒル dunhill ローラガスライター m400427438
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル DUNHILL フリントガスライター ユニークポケット ULY1473

ダンヒル DUNHILL フリントガスライター ユニークポケット ULY1473

出典:amazon

 

創業者のアルフレッド・ダンヒルの手による最初のライター、ユニーク(Unique)のフリントガスライターです。またたく間に喫煙具ブランドとしてのダンヒルの名声は広まり、ユニークのスタイルをそのまま、ブタンガスライターとなって生まれ変わった唯一無二オリジナルのダンヒル・クラシック。エッジのきいた男性的なシルエット、派手すぎず嫌味にならないゴージャスさを備えているヴィンテージゴールドで、知る人ぞ知るクラシックなデザインが人気です。

縦65×横30×12mm・重さ:約70gのポケットサイズのライターとして普段使い用にと開発されました。ダンヒル・クラシックの持つ華麗な装いと大胆なデザインは大人の落着いた面持ちで高級感を演出しますので、持つだけで目指すべき男性像を具現してくれるアイテムです。

 

ダンヒル dunhill ローラガスライター RL1213

ダンヒル dunhill ローラガスライター RL1213

出典:楽天市場

 

真鍮ゴールドのモザイク柄のローラーガスライターです。モザイク柄のゴールドはダンヒル特有の高級仕立てとなり、テーブルにさりげなく置くだけでも映えるデザインで大人の鉄板定番となるダンヒルライターです。縦6.4cm×横2.3cm×幅1.2cm・重さ:73gは外観よりスマートにお持ちいただけます。

大人の渋さをお求めの方にはぜひ高級感と機能を併せ持つブランドライターがおすすめ。ダンヒルならではのカッコよく使いこなせるものとして、セクシーでゴージャスなライターです。

ダンヒル dunhill ローラガスライター RL1213
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル dunhill アウタージャケット クロコダイルエンボス ガスライター

ダンヒル dunhill アウタージャケット クロコダイルエンボス ガスライター

出典:楽天市場

 

クロコダイルエンボスのゴールドのガスライター。素材は18Kが使用されていますので、見た目の高級感だけではなく、本物の価値としてお持ちいただけます。またさらにクロコダイルのエンボスが、より高級感あるデザインのため、一気に大人の色気を体現できます。

縦:約7.2cm×横:約2cm 幅:約1.3cm 総重量:約83.86gと他のライターより重厚がありますが、楕円の形状はかなりスリムな印象となります。18Kの持つ本物の輝きで大人の男性を目指し、社会の中で地位を確立するためのアイテムとしておすすめです。

ダンヒル dunhill アウタージャケット クロコダイルエンボス ガスライター
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒル dunhill ウェーブエンボス ローラー ガスライター

ダンヒル dunhill ウェーブエンボス ローラー ガスライター

出典:楽天市場

 

ウェーブエンボスが美しいシルバーのガスライターです。全体がシルバーで統一されているため、シンプルな印象でウェーブエンボスがシックな男前の雰囲気が漂います。

縦:6.4cm 横:2.4cm、幅:約1.2cmは他のガスライターと同じ大きさで、最も理想的な構造・形状はそのままに、大人の色気を十分に引き立ててくれます。そのためスーツ姿に、シンプルにさりげなく大人の男として色気を醸し出したい人におすすめのアイテムです。

ダンヒル dunhill ウェーブエンボス ローラー ガスライター
Dunhill(ダンヒル)

 

ダンヒルライターの選び方

エレガントで渋いダンヒルライターは、高級仕立てで格式を上げてくれるアイテムのため、大人の落着いた面持ちで男のプライドを守ってくれます。ここではそんなダンヒルライターの選び方をご紹介します。

 

タイプから選ぶ

ダンヒルから始まった革命的なサイドローラー。片手で、しかも少ない力で容易にフリントホイールを回すことが出来ます。サイドローラーを用いた着火方式はライターの歴史を変えた大発明となりました。

基本的には現在に至るまで、「ユニーク」と「ローラガス」の2つのデザインのどちらかを元にしています。

 

ユニーク

「ユニーク」:1924年、世界で初めて片手で簡単に操作できる高級ライターとして登場。イギリスの上流階級の間で評判を呼び、またたく間に喫煙具ブランドとしてのダンヒルの名声は広がったダンヒル・クラシック。

 

ローラーガスライター

「ローラーガスライター」:1956年に発表されたダンヒルのローラーガスライターは世界で初めてブタンガスを使用。最も理想的な構造・形状・重量といわれています。

現在目にすることが多いのは「ローラガスライター」ではないでしょか。「ユニーク」の持つ独特のレアなオリジナルのダンヒル・クラシックさで選ぶのか、最も理想的な構造の「ローラーガスライター」かは、どちらを選んでも惹きつけてやまない定番の魅力となるのではないでしょうか。

 

フリント式のガスライター

ダンヒルの専用フリントは、着火しやすい材質となっています。フリントとは発火石(フリント)との摩擦によってガスに着火する方式です。構造がシンプルで壊れにくいのと、ダンヒルのフリントは他の物より大きめのため、さらに長くお使いいただけます。そのため、愛煙者にとって細部に渡るこだわりがあり、唯一無二のアイテムとして長く愛されています。

 

持ちやすさ・着けやすさで選ぶ

ダンヒルのライターは持ちやすさ・着けやすさで選ぶのもポイントです。一生モノとして使うことができるブランドのライターですが、持ちにくかったり着けにくかったりすると結局使う頻度が少なくなってしまうこともあります。

お気に入りのライターを長く愛用するためにも、自分が持ちやすい形・大きさや持った時の火の着けやすさなどを確認して、自分にピッタリの持ちやすくて着けやすいサイズ・デザインのライターを選びましょう。

ダンヒルのライターもシリーズによりデザインや持ちやすさなどが異なりますので、実際に手に取ってみて持ちやすさ・火の着けやすさを確認して購入するのも、ダンヒルのライターを長く愛用するポイントです。

 

ガスライターの種類

ライターにはガスライターとオイルライターがありますが、今回紹介するブランドのダンヒルではガスライターを取り扱っているため、ガスライターについて紹介をします。

ガスライターはブタンなどの可燃ガスを主な燃料として使うことができるライター。ライター特有の独特な臭いが少ないのが特徴で、燃料の減り具合も少ないのがガスライターの魅力です。ガスライターと一括りにしても、ガスライターにはターボ式・電子式・フリント式など様々なタイプがあり、シーンや好みに合わせて選ぶことができます。

 

フリント式

ガスライターの中でも一番メジャーなのがフリント式のガスライター。ライターを使用する頻度が多い人にはフリント式のガスライターがおすすめです。

フリント式は丸いヤスリを回転させて着火させる仕組みのライターで昔ながらのタイプとなっています。シンプルな構造になっているフリント式のライターは壊れにくいのも特徴です。

着火させるのに必要なフリントは消耗品になりますが、フリントは持っているライターのブランド店だけでなくコンビニなどでも手軽に購入することができます。

 

電子式

扱いやすいタイプのガスライターを好む人に人気なのが電子式のガスライター。圧電素子(ピエゾ)で着火する仕組みとなっている電子式はスイッチを押すだけで簡単に着火させることができるのがポイントです。

圧電素子とは圧電体に加えられた力を電圧に変換、あるいは電圧を力に変換する圧電効果を利用した受動素子のことで、電子式のガスライターは圧力を掛けることにより電気が発生して着火するようになっています。

圧電素子は消耗品ではありませんので、フリント式とは異なり、部品交換の手間がないことも魅力の1つです。自分で部品交換するのが苦手な人や、長く手軽に使えるライターを探している人に電子式のライターはおすすめです。

 

ターボ式

ターボ式のライターはアウトドアに良く行く人や外での作業が多く、屋外で喫煙する機会などが多い人におすすめです。内燃式ライターとも呼ばれており、フリント式・電子式・ターボ式の中では、一番火力が高いタイプのライターとなっています。

フリント式・電子式のライターは約800度から1000度になっていますが、ターボ式のライターは1200度から1400度になっているので火力が高く風にも強いため、風が強い場所でも比較的簡単に火を着けることができます。

デメリットとしては火力が強い分ガスの消費量はフリント式・電子式と比べて多いため使用頻度が高い場合は、ガスがすぐに無くなり頻繁にガスの補充が必要となります。

 

ガスライターの燃料注入手順

使い捨てライター以外のガスライターは、自分で燃料を入れることで繰り返し使い続けることができます。ガスの燃料注入は、慣れると簡単に行うことができますので正しい燃料注入手順を覚えてお気に入りのライターを長く愛用しましょう。

 

燃料注入前の注意点

ガスライターの燃料を注入する前に、ガスを完全に使いきっていることを確認します。ガスがライター本体に残ったまま燃料を注入すると残留しているガスが一度に放出される恐れがあります。

ガスを使い切ったら注入口のネジを外します。燃料を注入する際には、ライターのガス注入口を上向きにして注入します。ガスを注入する際、注入用のガスボンベを良く振っておくのがポイントです。

ガスボンベのノズルをライター本体のガス注入口に垂直に差し込みます。ノズルと注入口が正しくかみ合っていることを確認してから強く押すとガスが注入されていきます。ガスの補充が終わったあとは、ガスによってライターの温度が低下してしまい炎が不安定になってしまうため、直ぐに火を着けることはせずに数分待ってから火をつけるようにしましょう。

 

メンテナンスも大事

ガスの補充ができるガスライターは、ガスを自分で注入することにより繰り返し使うことができますが、メンテナンスをしなければ故障の原因となってしまうこともあります。そのため、定期的なメンテナンスが重要です。

フリント式のライターはフリントを使って着火しますのでフリントが摩耗してくフリントの挿入口は、各ライターによって場所が異なります。あらかじめ確認しておくと交換する際にスムーズに交換することができますよ。

フリントの挿入口にネジがありますので、ネジを取り外して古くなったフリントを取り出しましょう。新しいフリントに取り替えたらフリントの交換は完了しますが、新しいフリントに取り換える際にヤスリ・火口に溜まっているフリントの粉を取り除いてキレイにメンテナンスしておくことが大事です。

電子式のライターやターボ式(内燃式)のライターは、着火部分にゴミが詰まってしまうとガスが出なくなってしまったり動作不良の原因となったりすることがあるので、着火部のメンテナンスをしましょう。

注意点として電子式のライターは、火口ノズルと放電電極の間隔はミリ単位で調整されているため、ブラシなどで火口ノズルを掃除する場合は放電電極に触らないようにしてください。

 

まとめ

今回は30代男性におすすめのダンヒルのライターについてご紹介してきました。気になる種類は見つかりましたか?

大人の男性ともなると、持つ小物も恥ずかしくないアイテムを持つべき。そんなときには、ダンヒルのライターが選んでみてください。

どの種類を選べばいいか迷ったときには、ぜひ今回ご紹介した種類から見つけてみてくださいね。

 

一緒に読まれています

ガストーチバーナーおすすめ【人気メーカー・炙り料理用など】

ガスファンヒーターおすすめ【人気メーカー・電気代価格安い等】

防災リュックおすすめ【大容量サイズ・人気色や中身は何?】

ゲーミングチェアおすすめ【安いコスパ最高の人気種類・評価評判】

ホットサンドメーカーおすすめ人気【直火式や電気式・耳まで焼ける】

手持ち花火おすすめ【人気家庭用・燃焼時間長い種類・綺麗な色】

電熱ベストおすすめ【人気日本製・最強ヒーターベストの種類】

ダウンマフラーおすすめ【人気メンズブランド・洗える種類】

パネルヒーターおすすめ【人気メーカー・評判のいい種類・電気代安い】

遠赤外線ヒーターおすすめ【人気種類・電気代安い・安全性高い等】