ノースフェイス リュックおすすめ人気11選【30代男性の人気色・評価評判】

ファッション

アメリカ、サンフランシスコで創業されたノースフェイス。アウターから寝袋、テントまで様々なアウトドア用品を取り扱っています。その中でも、ノースフェイスの代表的アイテムであるリュックは、多様な商品ラインナップを誇っています。

30代男性は、背負う責任も重くなっていくことを感じる方も多いでしょう。「子供っぽくならないようなリュックを選びたい」「使いやすさを重視したい」など、あなたらしいリュック選びの参考にしてみてください。

ノースフェイスとは?その歴史について

ノースフェイスは1966年にダグラス・トンプキンス氏とスージー・トンプキンス氏が、わずか数千ドルの貯金を使い、バックパッキング・登山用商品を扱うショップとして設立したブランド。友人であり、夫婦でありハイキング愛好家でもあったダグラス・トンプキンス氏とスージー・トンプキンス氏は、登山愛好家の人たちから本当に信用されるお店を作りたいという思いからノースフェイスを作りました。

サンフランシスコのノースビーチ地区に誕生した小さなお店では、バンドのグレイトフル・デッドがライブを行いビート・ジェネレーションが新しいアイデアを共有し、アメリカのクライマーがヨセミテ縦断の後に立ち寄るようになりました。

ノースフェイスというブランドの名前は北半球の山岳地帯で登山をする上で、最も過酷なルートといわれている、山の北側部分にちなんでノースフェイスと付けられました。どんな困難な状況においても快適に過ごすことができる高い機能性・耐久性を備えたノースフェイスの商品に対する自信が、ノースフェイスというブランド名に込められています。

 

自社製品の開発・アイコニックなロゴの誕生

1966年に誕生したノースフェイスはブランド設立からわずか2年後に、ケネス・ハップ・クロップ氏がお店を譲り受け、バークレー地区に移転します。ケネス・ハップ・クロップ氏のもと、ノースフェイスは自社製品の製造をスタートさせ1971年にはデビッド・アルコーン氏がアイコニックなハーフドームロゴを生み出しました。ハーフドームロゴは、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にあるハーフドームから着想を得て誕生しているのです。

 

人気ブランドとのコラボレーション

ノースフェイスは、多くの有名ブランドとコラボレーションしていることでも知られています。これまでにも、Supreme(シュプリーム)・Vans(ヴァンズ)・Junya Watanabe(ジュンヤ・ワタナベ)などの人気ブランドとコラボレーションしており、大きな注目を集めています。

特に注目を集めたのはSupremeとのコラボレーション。ストリートウェアを愛用している多くのファンを獲得し、ノースフェイスの知名度をさらに広げることになったのです。2007年に初めてのコラボレーションアイテムを発表して以来、両方のブランドの特徴・魅力を融合させたファッション性の高いアイテムを数多く作り出しています。

2021年には有名ブランドGUCCIとコラボレーションし、最新のコレクションではノースフェイスのハーフドームロゴとGUCCIのアイコニックなストライプが融合したオリジナルのロゴが注目を集めました。

 

30代男性におすすめ人気のノースフェイス リュック

ここからは、30代男性におすすめのノースフェイスのリュックについてご紹介していきます。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE BCヒューズボックス NM82150

ノースフェイス THE NORTH FACE BCヒューズボックス TNF2022SS

出典:楽天市場

 

使いやすいボックス型のリュックで、ノースフェイスの代表的ロングセラーモデル。高い人気を誇るリュックで、メイン素材は環境に配慮された1000デニールのリサイクルポリエステルにTPEファブリックラミネートを施した高い強度の生地を採用しています。T

PEファブリックラミネート素材は、濡れ・汚れに強く重い荷物でも収納しやすい高い耐摩耗性が特徴となっています。型崩れしにくいボックス型で開口部分も大きいため荷物の出し入れもしやすい設計なのもポイントの1つです。

リュックのサイドにはフラップ付きポケットが設置されており、フロント部分には小物類のジョイントに活用することができるデイジーチェーンが備わっています。デザイン性・機能性に優れているノースフェイスの定番人気リュックです。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE シャトルデイパックスリム NM82055

出典:楽天市場

 

シャトルデイパックシリーズのスリムバージョンのリュック。スリムなモデルのリュックですが、ラップトップ用のスリーブはしっかりと搭載されています。

洗練されたルックスで、ビジネススタイルから休日のキレイめコーディネートまで相性抜群のアイテムです。シャトルデイパックスリムには、高強度な1050Dのコーデュラバリスティック ナイロンが使われており、仕事用として使っても違和感のないスリムでシンプルなデザインに仕上げてあります。

センターポケット内の背面側には従来よりも裏地を追加しているため、リュック本体の強度がアップしているとともに、アクアガードの止水ジッパーを採用することでリュック内部への水の侵入を軽減してくれているため、PCやタブレット・紙ベースの書類なども入れることができます。

バックパネルと立体的なショルダーハーネスによって荷物が多くなっても快適な背負い心地のままで、重さへの負担を軽減してくれるのも魅力的なポイント。大きく開いてくれるメインコンパートメントには、15インチまでのノートパソコンや書類などを収納しやすい専用のコンパートメントがあり、収納物をキレイに収納できるほか取り出しやすいのもメリットです。

サイズは高さ約45cm・横幅約27cm・マチ約13cmとなっており、最大容量は約18Lとなっています。デイリーユーズに適したユニセックスのリュックなので、夫婦や兄妹・カップルでの利用をシェアすることもできます。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE リュックサック ボストーク nm71959

ノースフェイス THE NORTH FACE リュックサック ボストーク nm71959

出典:楽天市場

 

容量は30L、大小さまざまなポケットに収納することができます。日常使いから本格アウトドアまで幅広く使うことができるでしょう。

利用シーンを選ばず、どんな服装にもマッチするデザインです。PCや雑誌など多くの荷物をまとめられるので、荷物が多い方にはおすすめ。5色展開されているので、好みの色を見つけてみてください。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE コーデュラ バリスティック バックパック NM82019

ノースフェイス THE NORTH FACE コーデュラ バリスティック バックパック NM82019

出典:楽天市場

 

リュック、斜めがけ、手持ちの3通りで使える3wayリュック。38Lの大容量で、パソコン・タブレット収納を備えています。スマートフォン用ポケットやアクセサリーポケットなど、様々な収納があり、探しものをすぐ取り出せる設計になっています。

このリュックは日常使いはもちろん、ビジネスシーンにも馴染んでくれるでしょう。ちょっとした出張や旅行にも問題ありません。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック ヒューズボックス nm82150

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック ヒューズボックス nm82150

出典:楽天市場

 

ノースフェイスといえば、このデザインを思い浮かべるひとも多いでしょう。代表作ロングセラーモデルとして長年愛され続けています。大きく無骨なデザインは男らしさを演出します。

ノートパソコン収納が付いており、パソコンユーザーにもおすすめ。日常使いから、小旅行まで幅広く使えるリュックです。多色展開されており、自分好みの色を選ぶことができます。汚れに強い素材のため、気兼ねなく利用できるでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック ヴォルト NF0A3VY2

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック ヴォルト NF0A3VY2

出典:楽天市場

 

容量は27Lと大容量、シンプルですっきりとしたデザインのリュック。4つの小物ポケットには、ペンや財布、充電器など細かなものが収納できます。奥行きもあり、本や雑誌もたっぷりと収納できる上に、パソコン収納も問題ありません。アウトドアから日常使いまで、このリュック1つあれば大丈夫です。

30代男性は黒で落ち着いたリュックが人気です。プレゼントとしても、相手に喜ばれるアイテムでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE ヒューズボックス NF0A3KYF

ノースフェイス THE NORTH FACE ヒューズボックス NF0A3KYF

出典:楽天市場

 

ボックス型のリュックで、容量は26Lです。上部が大きく開くことで、中の物を取り出しやすい設計になっています。衝撃吸収のパソコン収納がついているので、安心して使えるでしょう。

丈夫な素材を使用しており、雨や汚れにも強いです。ペットボトルや書類をたくさん入れても十分に使えるでしょう。色はブラック・イエロー・グレーの3色展開となっています。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック マスターシリンダー NM81826

ノースフェイス THE NORTH FACE リュック マスターシリンダー NM81826

出典:楽天市場

 

容量30Lと大容量のため、書類を持ち運ぶビジネスマンにもおすすめです。メインのファスナーが大きく開くことで、物の取り出しがスムーズに行えます。サイドのジッパーから中の物が取り出せるので、リュックを降ろさずに使えて便利です。

高級感のある素材で、目立ち過ぎないブランドロゴがかっこいいデザインです。無駄を省いたデザインで、どんなコーディネートにも合わせることができるでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE ロディ リュックサック NF0A3KVC

ノースフェイス THE NORTH FACE ロディ リュックサック NF0A3KVC

出典:楽天市場

 

27Lと大きめの容量にもかかわらず、大きく見えないデザインです。ノートパソコンもすっぽりと収納できます。

背面のゴムを調節することで、容量を調節することができます。両サイドに備えられたメッシュポケットには、ペットボトルや折り畳み傘などが収納できます。必要なものにすぐ手が届くこのリュックは、使い心地が良いでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE DUAL POCKET BACKPACK NM2DN03K

ノースフェイス THE NORTH FACE DUAL POCKET BACKPACK NM2DN03K

出典:楽天市場

 

容量は26L、曲線的で優しい印象のデザイン。デュアルポケットというように、大・中・小4つのポケットがあるリュックです。

メインポケットにはパソコン収納があり、ほかには本やペットボトルなどが入ります。ポケットが分かれていることで、整理しやすくなっています。

淡色が特徴的なカラーリングで、個性をアピールできるでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE シャトル デイパック NM82215

ノースフェイス THE NORTH FACE シャトル デイパック NM82215

出典:楽天市場

 

容量は15.5L、ノースフェイスでは少ないスリムなリュックです。メインポケットにはPCケースが付いており、止水ファスナーにより水の侵入を防ぎます。

ポケット内は仕切りが付いているため、書類をいれても整理しやすい設計になっています。スリムでスッキリしたデザインのため、スーツにも合わせてもおしゃれに決まるリュックです。日常使い、ビジネスシーンのどちらでも活躍してくれるでしょう。

 

ノースフェイス THE NORTH FACE ジェスター リュックサック NM72053

ノースフェイス THE NORTH FACE ジェスター リュックサック NM72053

出典:楽天市場

 

容量は27L、アウトドア感が漂いながらも都会的なデザイン。メインポケットにはPCケースが付いています。通勤通学にも使える便利なアイテムです。

薄手の上着やタオルなどが簡易的に固定できるよう、フロント部分にはバンジーコードが装備されています。アウトドア使用の際にも役に立つでしょう。

 

ノースフェイスの魅力

日本をはじめとして、世界中に愛用者がいるノースフェイスのアイテムには、たくさんの魅力があります。使い続けたくなる確かな理由がノースフェイスには詰まっています。ノースフェイスの魅力について見ていきましょう。

 

機能性

ノースフェイスの魅力1つ目は機能性の高さです。アウトドアブランドでもあるノースフェイスは、雨・雪・風などの自然現象や汗などによる不快感を、ノースフェイス独自の研究で開発した技術により、軽減することができるようになっていることです。丈夫な素材で作られているノースフェイスのアイテムの数々は、日常遣い・登山・バックパッカーなどどのようなシーンでも活用することができます。

 

スタイリッシュなデザイン

ノースフェイスの魅力2つ目は、スタイリッシュなデザインであることです。鮮やかな色合いが多く使われているノースフェイスの商品は、街中でもおしゃれなアイテムとして身に着けることができます。

ノースフェイスの原点ともいわれているダウンジャケットは、デザイン性の高さ・機能性の高さが世界中で多くの人に親しまれています。また、リュックだけでなくキャンプ用品もおしゃれなアイテムが揃っているのがノースフェイスの魅力でもあります。おしゃれキャンパーの御用達ブランドにもなっており、洗練されたデザインと確かな機能性・安心性が特徴です。

 

製品の品質・信頼感

ノースフェイスの商品の魅力3つ目は製品の品質の良さと信頼感。ノースフェイスの商品は、素材の選択・縫製・加工など全ての工程において、厳しい品質管理基準をクリアしたもののみが市場に出ています。そのため、通常の使用時において機能が損なわれたり、破損した場合は製品の最良の修復方法を検討し、修理してくれます。

 

ノースフェイス リュックの選び方

利用シーンで選ぶ

日常使いや通勤通学での利用、アウトドアなど、利用シーンによって必要な機能は異なります。例えば、パソコンをよく使う方はパソコン収納つきのリュックを選ぶと、大切なパソコンを傷や衝撃から守ることができます。

ビジネスシーンで使う方は、カジュアルすぎないデザインを選ぶといいでしょう。書類が整理できるタイプだとさらにスッキリします。

 

容量で選ぶ

自分の荷物の量にあった容量のリュックを選ぶようにしましょう。

休日のお出かけや通勤通学など、普段使いの場合は20~30Lのリュックがちょうどいいサイズです。20~30Lであれば、コーディネートにも馴染みやすいので使いやすいです。荷物が多い方や、旅行でも使いたいという方は、少し大きめのリュックを選ぶといいでしょう。1泊2日の旅行の場合は、30L以上の容量がおすすめです。

 

レビューを確認する

商品の使いごこちは、ユーザーからのレビューを参考にするのもいいでしょう。リュックのフィット感やポケットの使いやすさなどは、多くレビューされています。実際に荷物をいれた時の重さや大きさについて、リアルの声を活用するのも選ぶ基準のひとつになります。

プレゼントとして検討する際ににも、レビューは役立ちます。送る相手と同年代の声を聞くことで、喜んでもらえるリュックを見つけられます。気になる商品は、レビューを確認してみましょう。

 

目的で選ぶ

ノースフェイスのリュックを購入する際には、目的に合わせて選ぶのも1つのポイント。ノースフェイスのリュックは、デザインもカラーバリエーションも豊富です。

スタイリッシュなデザインが多く機能性も高いノースフェイスのリュックは、登山などのアウトドアだけでなく通勤・通学など多くのシーンで活用することができます。シーンに合ったデザイン・素材・機能などを考慮してリュックを選ぶのがおすすめです。

ランニング用のコンパクトサイズな物も取り扱っていますので、用途に合わせて使うリュックを変えるのも1つの方法です。リュックのラインナップは非常に幅広く種類が豊富なため、様々な用途に対してリュックを選ぶことができます。

機能性を重視したリュックを求める人におすすめで、機能面においては幅広いラインナップにより商品により多くの箇所がカバーされています。普段の生活スタイルに合わせてご自身に合ったリュックを選んでみましょう。

 

モデルで選ぶ

ノースフェイスのリュックには様々なモデルがありますので、モデルで絞って選ぶのも1つのポイントです。ここでは、ノースフェイスのリュックの定番人気モデルを把握しておくと絞りやすくなります。

 

ホットショットCL

ノースフェイスのリュックでも定番で、高い人気を集めているモデルです。アウトドアやカジュアル使いなど、幅広いシーンで活躍してくれるオールラウンダーモデルになります。

ロングセラーモデルとして幅広い年齢層に支持されており、充実の機能・おしゃれなデザイン・壊れにくい高い耐久性とデメリットの少なさが人気の理由でもあります。大きめのサイズのモデルになりますが、どのスタイルにもぴったりなデザインのため通勤時などにも使うことができます。

 

BCヒューズボックス2

大容量の防水リュックモデルになります。2016年頃からタウンユースで存在感のあるBCヒューズボックスが急激に流行りはじめ、ノースフェイスの人気定番リュックの1つとして知名度を広げていきました。

上部の限界場所まで収納することができるデザインとなっており、内部には取り外し可能なオーガナイザーポケットが完備されています。フラップ裏には、メッシュポケットが搭載されていますので、カギなどの貴重品の収納にも最適です。

 

ビッグショット クラシック

ホットショットCLの一回り大きいサイズのモデルとなります。ホットショットCLでは少し小さい人におすすめです。最大17インチまでのノートパソコンや11インチのタブレットを収納することができるスリーブが1つずつ甘美されています。オーガナイザーポケット・外部4つのポケットがあり、機能性の高さも魅力です。

 

ノースフェイスのリュックの特徴

ノースフェイスのリュックは、ブランドのロゴマークが大きく入っていたり、小さいロゴでもしっかりと見える位置にロゴマークが入っているのが特徴です。機能性にも優れており、大容量のリュックを基本として、様々なリュックを展開しているのも魅力の1つです。

本来、ノースフェイスは、クライミング用に特化したブランドでしたが、近年ではファッションにもクライミンググッズをコーディネートする人が増えているため需要が高まっています。

 

品質の高さも魅力

品質の高さもノースフェイスのリュックの魅力の1つ。厳しい品質管理基準に基づいて製造されているノースフェイスのリュックは安心して使うことができることが魅力です。

登山などのアウトドアでは、急な天候の不安定さに悩まされることも多いですよね。リュックが濡れると洋服にも染み込んでくるなど、不快感を感じることもありますが、ノースフェイスのリュックはメッシュ素材の背面パネルやショルダーストラップなどによって、不快感を軽減することができます。

また、ナイロン・TPEファブリックラミネートのポリエステルなど、強度がとても強い素材を使用しているため、長い間使い続けることができる耐久性の強さも魅力です。

荷物を全て1つにまとめて両手を開けて行動するニーズが強まったことから、近年は収納力に優れているリュックの需要が非常に高くなっており、外部ポケット・内側の仕切りメッシュなど収納が充実していて整理しやすいノースフェイスのリュックは非常に人気を呼んでいます。荷物が多くサブバックなどで荷物を別々に収納している人や、バッグの中をキレイに整理したい人などにノースフェイスのリュックはおすすめです。

 

ファッションとしても使える

ノースフェイスのリュックはファッション感覚でも使用することができます。デザイン・カラーバリエーションも豊富で、機能性に優れているリュックは季節に合わせたカラーの販売も取り扱っています。

ファッションにこだわりがある人などは、季節に合わせたカラーのリュックをファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。ノースフェイスのリュックは、好きなカラーのリュックだけでなく、仕事などのデイユースのコーディネートに合わせたリュックを選ぶことができるため、アウトドアブランドとしてだけでなく、ファッションブランドとしても地位を確立しています。

ノースフェイスの商品は、明記されていない限りは男性・女性どちらも使用することができるユニセックスアイテムです。シャープなデザインがかっこいいと人気でカップルなどでお揃いにする人も多くいます。利用している年齢層も非常に幅広く、子どもの通勤用のリュックとして使う人から年配の人のハイキングや登山など、老若男女問わず愛用されています。

 

まとめ

今回はノースフェイスのリュックについてご紹介していきました。気になる種類は見つかりましたか?

数あるアウトドアブランドの中でも軍を抜いて知名度、人気を誇るノースフェイス。どのアイテムも優れた性能やデザイン性を有しています。

ラインアップしている種類も豊富なため、どれを選べばいいか迷うこともあるでしょう。そんな時には今回ご紹介した種類から選んでみてくださいね。

 

一緒に読まれています

ノースフェイス リュックおすすめ【40代男性の人気色・評価評判】

ノースフェイス リュックおすすめ【20代女性の人気色・評価評判】

ノースフェイス リュックおすすめ【20代男性の人気色・評価評判】

レディースリュックおすすめ【大人可愛いブランド・人気種類】

メンズ ビジネスリュックおすすめ【人気ブランド・コスパ最強】

レディース ビジネスリュックおすすめ【人気ブランド・コスパ最強】

メンズ リュックおすすめブランド【人気種類・大きめ大容量】

防災リュックおすすめ【大容量サイズ・人気色や中身は何?】

10代女子に可愛いリュック・バックパックプレゼント【高校生中学生に人気おすすめ】

イルビゾンテ キーケースおすすめ【30代男性の人気デザイン・評価評判】

ダンヒル ライターおすすめ【30代男性に人気・評価評判】

イルビゾンテ財布おすすめ【30代男性の人気デザイン・評価評判】