ピアスの消毒の仕方や期間は?正しい消毒方法はどんなやり方?

ピアスを付けると耳元がとても華やかになりますね。

そのためおしゃれファッションの為にピアスホールを開けたけれど、その後の処置はどのようにすればご存知でしょうか?

せっかくピアスを開けたならば、キレイにピアスホールが出来るように正しいケア方法を知っておきたいですね。

ということで今回は、ピアスの消毒方法についてご紹介します。

ピアスの消毒の仕方や期間は?正しい消毒方法はどんなやり方?

身体のケアは正しい方法で行おう!

ピアスの消毒の仕方や期間は?正しい消毒方法はどんなやり方?

 

ピアスホールは、耳に傷をつけて出来る傷口です。

そのため、身体が傷を治そうと防御反応が起き、傷口を塞ごうとします。

病院へ行って必要な処置を聞いてくることが一番よいですが、今はピアッサーなどで簡単に出来るため自分でピアスホールを作ってしまう人も多いですね。

 

 

しかし、アフターケアを間違えるとトラブルに繋がる事も少なくありません。

自己流でやってしまうと炎症を起こし膿んできたりしますからね。

そうなると、せっかく開けた穴も台無しです。

 

さて、ピアスを開けたとき、痛いからといって何も処置せず放置していませんか?

また、完全にピアスホールが出来るまでどのようにケアすればよいのか知っていますか?。

もし、ケアの方法の知らないならばぜひ参考にしてみてください。

トラブルのない耳元で、ピアスを楽しんでくださいね。

ピアスホールを開けた後のケア

ピアス・消毒方法

 

ピアスホールを作った後、どのようにケアしていますか?

間違ったケア方法をしていると、ホールに細菌感染やアレルギーなどを引き起こす原因に繋がります。

ですので、今回はピアスホールを開けた後のケアについてご紹介します。

 

ファーストピアスについて

ピアス

 

何度も言いますが、正直な話…病院でピアスホールを開けて、その後のケア方法も聞くことが一番安全な方法です。

しかし、ピアスホールは簡単に開けることが出来るので、自分でピアッサーや針などで作ってしまう方も多いですので、その場合の対処法を紹介していきましょう。

 

ファーストピアスを開けたときの対処法

さて、ピアスホールを開けたら、ファーストピアスを付けます。

ファーストピアスはこちらから

 

このファーストピアスは、開けた穴が塞がらないように固定しておくもので、4~6週間ほど付けます。

そして、ファーストピアスは選び方がとても重要です。

傷口に付けるものなので、刺激性の少ない素材のモノを選びましょう。

 

選ぶポイントとしては、金属アレルギーを起こしにくいもの『純チタン』などがオススメです。

また、ずっとつけっぱなしにするため、シンプルな見た目のモノを選ぶとよいですね。

お洒落を楽しむのは、このファーストピアスの後ですよ。

 

そして、ピアスホールが完全に出来上がるまでヘアカラーやパーマは控えましょう。

プールなども気を付けたいですね。

とにかく耳に刺激を与えるようなことや細菌がたくさんいそうなスポットは避けましょう。

ピアスホールを開けた後のケア

ピアス・消毒液

 

ピアスホールを開けた後は、何より清潔を保つ必要があります。

傷というと消毒液を思い浮かぶ方も多いかと思いますが、エタノールなどの消毒液は肌が負けてしまう場合があります。

また、軟膏などはキレイに拭き取れず皮脂となって不衛生となってしまう原因になります。

そのため、ピアスホールを開けた後の処置は、洗浄がメインです。

一緒に読まれています

ピアス開ける時、消毒液のオススメは薬局にあるどれ?

 

ピアスの消毒 手順

  1. 自分の肌に合う石鹸を使用し、よく泡立てます
  2.  ピアスと耳の間を洗います。ピアスを前後に動かしてキレイに洗い流します。
  3. 清潔なタオルで水分をきちんと拭き取ってください。

入浴時など毎日洗う事が大切です。

 

また、ピアスを動かさなければ癒着を起こします。

なので、痛みはありますが、洗浄時にピアスを前後に動かして洗いましょう。

ピアスホールが完成するまでのアフターケア

 

傷口が開いた状態が続いているので、清潔を保つ必要があります。

ピアスホールが完成するのはいつ?

何を目安にするとよいのでしょうか?

 

また、ピアスホールのトラブルも心配ですよね。

これからはピアスホールが完成するまでのアフターケアについてご紹介します。

 

ピアスホールが完成する目安と期間

ピアス

 

ピアスホールが完成する目安についてご紹介します。

ピアスホールを開けてから4~6週間で薄い皮膚が出来ます。

この時期に外してしまうと、穴が塞がったり、出血してしまったりトラブルの原因に。

なので、まだファーストピアスは外さないようにしましょう。

 

そして、1~2か月ごろから、薄い皮膚がどんどん厚い皮膚になっていきます。

完全にピアスホールが完成するには3か月かかると言われています。

ですので、3か月はファーストピアスを付けておくことをオススメします。

 

また、ピアスホールが完成する目安には、『ピアスを動かして痛みを感じない。』『出血がない。』『ピアスホールとピアスとの間に隙間がある。』です。

早くお洒落なピアスを付けたいですが、ピアスホールが完成するまで辛抱強く待ちましょう。

ピアスホールのトラブルとホットソークの方法

 

ピアスホールは傷口なので、どんなに清潔にしていても体質などによっても炎症を起こしてしまうことがあります。

熱を持つ、腫れる、膿が出てくる、癒着するなどトラブルがあった場合は、病院へ受診して適切な処置を受けてください。

また、普段からアレルギーを持っている人、アトピー、ケロイド体質の人など、肌が弱い人は病院でピアスホールを作ってもらい適切な処置を受けることが一番良いです。

 

ただ、トラブルが軽度であれば自宅で出来る『ホットソーク』がオススメ。

ホットソークとは、ミネラルを含んだ天然塩で代謝の循環を良くさせる方法です。

 

ホットソークの手順

1:お湯を37~38度。人肌温度にセッティングします。

2:天然塩をお湯に溶かします。お湯100ccに対して塩0.9g。お湯200㏄なら丁度ティースプーン1杯くらいの目安になります。(人体に含まれる塩分濃度と同じ濃度に調節します。)

3:耳を10分~15分程度つけておきます。

4:終わったら、耳をキレイに洗い流します。

 

お湯と天然塩だけで出来るため、自宅でも簡単に出来ます。

色んな対象方法を知っていることが大事なので、ぜひ知っておきましょう。

まとめ

ピアスホールは傷口ですので、色々なトラブルが考えられます。

しかし、きちんとケアすることで防げること多いです。

ファーストピアスの選び方、耳の洗浄を怠らず清潔を保つことが大切です。

ピアスホールが完成したらオシャレの出番です。沢山オシャレを楽しんでくださいね。

一緒に読まれています

腕時計のオーダーメイドは安い予算で高級感を出す!誕生日にオススメ