オリーブオイルおすすめ人気16選【コスパの良い種類・選び方】

キッチンスケール

「体に良いから」、「香りや味が良いから」、「パンやサラダにとても合うから」、等の理由で購入する方が増えているオリーブオイル。とはいえ、実際買おうとするとたくさん種類があって迷うのではないでしょうか。

「海外製もあるし、どれを買ったらいいの?」、「高いものの方が体に良いのか?」、等購入時に迷うポイントが多々あることでしょう。

見た目は同じように見えても味は一つ一つ異なるオリーブオイル。そこで、今回はコスパの良い人気のおすすめオリーブオイルをご紹介していきます。

人気コンテンツの目次

エクストラバージンオリーブオイルとは?

近年よく耳にするエキストラバージンオリーブオイル。これは劣化の度合いを示す酸度が0.8%以下をクリアしたうえで、香りや味わいが高く評価されたオリーブオイルのことを指します。

オリーブオイルというのはオリーブの実を絞って作られることはご存知だと思いますが、この工程は何度か行われており、製品を作る過程で1番最初に搾られるのがバージンオリーブオイルといわれます。そのなかでも化学的な加工がされていないエクストラバージンオリーブオイルは最高品質にあたり、高級な部類に属されます。

エクストラオリーブオイルの味わいは、スパイシーで力強いものからフルーティーな甘いものまで幅広くラインアップされています。香りもハーブ風やナッツ風など、各商品ごとで特徴が異なりますので、お好みにあった種類を探す楽しみも味わえるでしょう。

 

エキストラバージンオリーブオイルの香りや味わい

エキストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルと呼ばれる種類が存在し、いずれも生食・加熱調理の両方に使用可能です。

以下で、それぞれの香りや味わいの特徴を紹介します。

 

エキストラバージンオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイルは、一般的には生食で直接味わう食し方が好まれています。各商品によって、青々しい香りやフルーティーで甘い香り、独特の苦みや辛味、渋味などが感じられるため、その特徴を事前にチェックすることが大事です。

特徴を知ることで、エキストラバージンオリーブオイルでいつもの料理に風味とコクをアップさせることができるのです。

<エキストラバージンオリーブオイルに合う料理>

・サラダのドレッシング
・パンに直接つける
・グリル野菜や温野菜に回しかける
・スープやパスタの仕上げの香りづけ
・バニラアイスやフルーツにかける

 

ピュアオリーブオイルの香りや味わい

ピュアオリーブオイルは、エキストラバージンオリーブオイルと比べると香りや味わいがマイルドなため、食材そのものの味を邪魔したくない時におすすめです。一般的には、加熱調理の油としてよく使用されます。

 

おすすめ人気オリーブオイル種類

ここからは、おすすめのオリーブオイルを紹介していきます。

 

朝日 オリテラ エキストラバージンオリーブオイル

朝日 オリテラ エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

朝日が販売している世界40ヶ国以上に展開されている本場スペインの有名オリーブオイル製造メーカーOliterra社のブランド、オリテラ エキストラバージンオリーブオイル。スペイン産のピクアル・アルキベキーナ・コルニカブラ・オヒブランカの4つの種類をブレンドしたエキストラバージンオリーブオイルです。

コールドプレス製法により、オリーブ本来の香りとマイルドな風味が凝縮されているオリーブオイル。オリーブの果実を搾ってろ過させただけの、純粋なオリーブオイルで化学溶媒などを使用していない一番搾りの製法で搾られているのも魅力の1つです。

フルーティーな風味が特徴のエキストラヴァージンオリーブオイルで、ピザやパスタなどの他にもサラダ・マリネ・カルパッチョなどの野菜系、トーストに掛けてもおいしく食べることができるオリーブオイルで、一味違う本場スペインのオリーブオイルの味を自宅で楽しむことができるようになっています。

容器はペットボトルになっているため、開封したあとはビンに移し替えて保存をしておくのがおすすめです。

 

ガルシア エクストラバージンオリーブオイル

ガルシア エクストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:スペイン

スペインを代表するオリーブ3種(ピクアル種・コルニカブラ種・オヒブランカ種)をガルシア社オリジナルブレンド。ややぴりっとした辛みのある風味です。

オリーブの収穫から24時間以内に搾油しているため、酸度の低い上質なオイルとなります。オリーブオイルの命は酸度。ガルシア社のオリーブオイルは国際規格よりもさらに高い自社独自の基準である、0.7%をクリアしています。

 

ヴァルパラディーソ ビオ

ヴァルパラディーソ ビオ

出典:楽天市場

 

原産国:イタリア

数々の受賞歴を持つオリーブオイルです。このオリーブオイルはオリーブのジュースと言っても過言ではない程、オリーブの風味や個性が加工によって損なわれていません。各種ビタミンやミネラルがそのまま含まれているフレッシュなオイルです。

最新の技術により、オリーブの実からオリーブオイルになるまではたったの6時間。上質なオイルが抽出されています。

 

エキストラバージンオリーブオイル 蒼のダイヤ

エキストラバージンオリーブオイル 蒼のダイヤ

出典:楽天市場

 

原産国:日本

かつては日本でもぶどうの畑が海岸線に広がっていたと言います。しかし後継者不足により畑はどんどん減ってしまいました。そんな荒れてしまった畑をもう一度再生させたいと植えられたのがオリーブです。オリーブへの愛情いっぱいに育て、ひとつひとつ丁寧に摘み取られたオリーブから作られたオリーブオイルの味はまさに自然そのものの芳醇な香りです。ぜひご賞味ください。

 

エキストラバージンオリーブオイル レモン フレーバーオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイル レモン フレーバーオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国;イタリア

一度味わったらやみつきになること間違いなしのフレーバー付きのオリーブオイルです。レモン以外にもいろいろなフレーバーがあります。エレガントでフルーティーな香り、ぴりっとしたスパイシーさとのバランスも絶妙です。

とにかく香りがいいのがこのオリーブオイルの特徴。やみつきになる良い匂いです。洋食にはもちろん和食にも会うので、いろいろなお料理に使ってみてください。

エキストラバージンオリーブオイル レモン フレーバーオリーブオイル

 

ALZIARI アルジアリ社 エクストラバージン・オリーブオイル

ALZIARI アルジアリ社 エクストラバージン・オリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:フランス

レトロでとても可愛い缶に入ったオリーブオイルです。アルジアリ社のオリーブオイルは知る人ぞ知る、とっておきの超高級オリーブオイル。その人気は一流の料理人が予約してまで買うほど。

石臼を使って人の力でオリーブオイルを絞ります。くるみやりんごのような甘味のあるオイルであることも特徴です。クセがなく、まろやかな味わいはどんなお料理にも合うこと間違いありません。

 

ソル デル リマリ エクストラヴァージン オリーブオイル

ソル デル リマリ エクストラヴァージン オリーブオイル 

出典:楽天市場

 

原産国:チリ

青りんごのようなフルーティーさを持ち、味のバランスに優れているオリーブオイルです。健康なオリーブを新鮮なまま、12時間以内に絞りオリーブオイルへと精製しています。

最大の特徴は味のバランスに優れていることで、心地よい苦み・ぴりっとした辛さとともに甘さも併せ持っています。ハーブ香も美しく現れる上質の味わいで、風味が強すぎず両論を選ばない万能オイルです。

 

LINDOLIVA オリーブオイル エキストラバージン

LINDOLIVA オリーブオイル エキストラバージン 

出典:楽天市場

 

原産国:スペイン

スペインの古都・セビリアで作られたオイルです。その精製の歴史は175年にも及びます。太陽の恵みをたっぷりと受けたオリーブオイルです。

肉・魚介・野菜のすべてに合う万能オイル。素材の美味しさを引き立ててくれること、間違いありません。クセの少ないオリーブオイルで苦手に思う人は少ないかと思います。一家に一本は置いておきたいオリーブオイルです。

 

アルベルト エクストラバージンオリーブオイル グリーンラベルストロング

アルベルト エクストラバージンオリーブオイル グリーンラベルストロング

出典:楽天市場

 

品種:ノッチェラーラ 原産国イタリア

有機JAS認定食品

お肉や、しっかりとした料理と相性抜群のこちら。オリーブの力強さを感じる味わいとなっています。その他、サラダやパンにも合いますし、醤油との相性も◎お肉料理を頻繁にする方や、味付けをしっかりしたい方にはおすすめです。

アルベルト エクストラバージンオリーブオイル グリーンラベルストロング
アルベルト

 

ヴィラブランカ オーガニック エクストラバージンオリーブオイル

ヴィラブランカ オーガニック エクストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:フランス

有機JAS認定食品

芳醇な香りと深い味わいが特徴のバージンオリーブオイルです。パンやサラダには勿論、パスタや炒め物、カルパッチョなどの料理用としてお使いいただけます。炒め物などの料理をされる方は多いと思いますので、そんな時にこちらがおすすめです。

手にとっていただいたら、香りと味を楽しんでくださいね。

 

RE モンティ・グルフィ・ラグーザ エキストラバージンオリーブオイル

RE モンティ・グルフィ・ラグーザ エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:イタリア

オリーブオイルの世界一を決めるコンテスト ヴィニ イタリーのMEDIO(中間の味)部門で金賞受賞をはじめ、数々のコンテストで賞を取っている大変美味しいエキストラバージンオリーブオイル。驚くほどフルーティーで、青リンゴの様な後味が特徴の美味しいオイルです。

おすすめの料理は、サラダ・野菜料理・スープ・焼き魚など。最後に少しかけるとあっさりします。勿論、パン全てにも合います。

こちらのオイル、美味しさの秘訣は樹齢1000年のオリーブの大木が豊富に茂る、キアラモンティグルフィにある広大な自家農園で手積みで採取されていることです。

オリーブオイルのコンテストがあったことを初めて聞く方もいるのではないでしょうか。「驚くほどフルーティーで青リンゴの様な」というワードと、金賞を取っているオリーブオイル、とても気になりますよね。価格は少し高めですが、一度購入を検討してみることをおすすめします。

 

アルドイノ エキストラバージンオリーブオイル フルクトゥス

アルドイノ エキストラバージンオリーブオイル フルクトゥス

出典:楽天市場

 

原産国:イタリア

アルドイノ社は、高品質なオリーブオイルとオリーブ製品のメーカーとして古くからインペリア(リーグーリア州)の人々に知られてきました。ヨーロッパ中、世界中で賞賛されています。

『フルクトゥス』の名は、後味がフルーティーであるという特徴に由来しています。酸味が少なくスウィートで、心地良い香りと味わいが広がります。パスタやリゾットの仕上げに一振り、パンやサラダにかけたり肉や魚のグリル、野菜のグリルにも合います。

風味豊かなアルドイノ社のオリーブオイルであなたの料理をより一層上品に仕上げませんか?ご家庭で作るイタリアン料理のお供におすすめです。

 

メルガレホ コンポジシオン エキストラバージンオリーブオイル

メルガレホ コンポジシオン エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:スペイン

オリーブジャパン2017年最優秀賞受賞、2016年金賞、世界の有名コンクールで金賞受賞しているメルガレホ。ソムリエが認めた奇跡の逸品で、4種の個性的なオイルをブレンドしたクパージュオイル。スペインの中でも最高級ラインのオリーブオイルです。

エキスパートによる調合により、こだわりのオリーブオイル作りを実現しており、実はテレビ番組や雑誌などでも多数取り上げられる程、注目されているのです。香り・辛み・甘みのバランスが取れていて、口の中で繰り広げられる様々な味わいを楽しむことができます。特に、白身の魚・シーフードパスタサラダ・ソフトチーズに相性抜群です。

ソムリエが認めた奇跡の逸品というワードだけでとてもそそられますよね。普段の料理が高級料理に変わると思うと一度試してみたくなります。自分用(家庭用)でも良いですし、プレゼントやお歳暮にしてもおすすめです。

 

エグレヒオ エキストラバージンオリーブオイル

エグレヒオ エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:フランス

印象的な白いボトルとスパイシーな香りが個性的なエグレヒオ。こちらもオリーブジャパンコンテストで最優秀賞、金賞、銀賞を多数獲得しています。

オーガニック栽培されたオリーブから作られており、風味はまさに複雑かつ繊細です。グリーンオリーブ、アーティチョーク、新鮮な草木の様な風味に加え、ほのかに香るフルーティーさが絶妙なバランスを奏でています。

雑誌の美しいパッケージ特集にも選ばれていたりと、キッチンに飾るとお料理が楽しくなりそうです。プレゼントにも◎

トマトソースベースパスタ、魚介料理、赤身の肉に合います。その他スープやパンナコッタ、チーズにかけて風味を楽しんでみてもいいでしょう。

 

プラネタ エキストラバージンオリーブオイル

プラネタ エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:イタリア

2006年にシチリア州ヴァル・ディ・マザラ産のD.O. P(原産地保護呼称)商品として認定されました。美しい緑色、フレッシュでハーブや柑橘類を想わせるブーケ、繊細で微かにスパイシー、豊かな香りが特徴です。

シチリアで最良のワインを作る話題のワイナリープラネタが手がけるオリーブオイル。ワインと共にこちらのオリーブオイルでご家庭の食事を贅沢にしてみませんか?

 

静岡産 エキストラバージンオリーブオイル

静岡産 エキストラバージンオリーブオイル

出典:楽天市場

 

原産国:日本

今までご紹介してきたオリーブオイルは全て海外製でしたが、こちらは日本の静岡県産。極めて新鮮で、高品質のエキストラバージンオリーブオイルです。オリーブジャパンで金賞を獲得しています。

オレイン酸やポリフェノールなど栄養成分をたっぷり含んでいますので、加熱用には使用せず、『飲む美容液』としてもお楽しみいただけます。ジュースに入れたり、豆腐やサラダにも最適。日本オリーブオイル協会認定のソムリエが自身を持っておすすめする一品となっているので、是非味わってみてください。

栄養成分がたっぷり、ジュースに入れたりオイルのみを毎日(スプーン一杯程度)飲める点はとても嬉しいオリーブオイル。価格もリーズナブルなので、他の国のオリーブオイルと静岡県オリーブオイルを比べてみるのもいいでしょう。

静岡産 エキストラバージンオリーブオイル

 

オリーブオイルの選び方や選ぶコツ・ポイント

オリーブオイルはたくさんの種類がある為、「よく分からないから何でもいい」と適当に選んでしまう方も少なくありません。しかし、それは美味しく料理を食べる機会を逃していることと同じなのです。

では、どの様にオリーブオイルを選べば良いのでしょうか。

答えは、『用途に合わせて選ぶ』です。

ここでいう用途とは、オリーブオイルをどんな料理に合わせるか、ということです。パンに付けて食べるのか、サラダのドレッシングとして使うのか等、様々な用途がありますよね。あなたが「これだ!」と思う用途を絞り、それに沿って選んでいきましょう。

 

価格帯で選ぶ

高品質なオリーブオイルは、その製造工程を考えると250mlで1000円以下の価格は考えられません。高ければ高品質とは言えませんが、安すぎるオリーブオイルには要注意です。

平均的な価格帯は250mlだと2000円〜3000円くらいでしょう。

 

容器のタイプで選ぶ

オリーブオイルは光に当たると酸化が進みます。透明瓶やペットボトルはなるべく避け、色の濃い遮光瓶、もしくは缶入りを選ぶことをおすすめします。陳列棚に日が当たっているようなお店で購入するのは避けましょう。

ただし、透明瓶を使用している高品質のオリーブオイルもあります。早く消費するのが一番ですが、箱が付いていれば箱を捨てずに保管時には箱に入れる、またはアルミホイルで瓶を覆うなどの工夫をすると良いでしょう。

 

品質で選ぶ

オリーブオイルは品質によって香りも風味も異なります。ご自分の普段の食生活にあったものを選びましょう。日本食が多い場合には甘めのマイルドなオイル、肉料理・豆料理・グリルには強めのオイルなど、できれば専門家のいるショップで相談できると良いですね。

 

容量で選ぶ

オリーブオイルは開封したら大体3ヶ月くらいで使い切れるサイズを選びましょう。また、フレーバードオイルはフレーバーのタイプにもよりますが、1〜2ヶ月で使い切るのが理想です。

 

受賞歴で選ぶ

良いオリーブオイルが必ずしもコンテストに出品されているわけではありませんが、オリーブオイルは農産物と同じく、年によって出来が変わってきますので、権威あるコンテストで受賞していることも一つの目安になります。

 

産地で決める

オリーブオイルは産地によって大きく品質や特徴が変わってきます。代表的な産地をあげて解説していきます。まずはイタリア、日本と同様に南北に細長い地形が特徴的です。そのため、イタリアのどこで作られたオリーブオイルなのかによって、特徴が大きく変わってきます。

 

イタリア北部産

イタリア北部でつくられたオリーブオイルは軽くサラとしているのが特徴で、あまり辛味や苦みはありません。物足りないひともいるかもしれませんが、使いやすいオリーブオイルです。

 

イタリア中部・トスカーナ産

イタリア中部・トスカーナ産のオリーブオイルははっきりと特徴があり、青っぽい香りや苦みという特徴があります。ひとによって好き嫌いがあるかもしれません。

 

イタリア南部産

イタリア南部で作られるオリーブオイルは、そのまろやかでフルーティー。あまり好き嫌いもなく、いろんなお料理に使える万能オリーブオイルです。

 

スペイン産

スペインのオリーブオイルは全体としてクセの少ないまろやかな味わいが特徴です。これはスペインではオリーブオイルが大量生産されていることに関係しています。大量につくるからこそ、万人受けする味になるのは必然です。

 

ギリシャ産

ギリシャは世界的にも有名なオリーブの産地ですよね。ギリシャ料理にはオリーブオイルが欠かせません。品質も世界最高レベルのものが多いです。ギリシャのオリーブオイルはオリーブの旨味がぎゅっと凝縮されたものが多いです。

 

ポルトガル産

あまり有名ではないものの、美味しいオリーブオイルの産地であるポルトガル。ポルトガルのオリーブオイルはいろんな特徴があり、一言では言い表せません。とても個性的なオリーブオイルが多いのも特徴です。多種多様なオリーブオイルがあるので、お好みの1本を見つけるのも楽しいかもしれません。

 

チュニジア産

高品質なオリーブオイルの産地である、チュニジア。とても品質の高いオリーブオイルを生産しています。昔ながらの製法にこだわったオリーブオイルはとても香り高く、深い味わいを持っています。また他国でつくられたものに対してポリフェノールが多く含まれ、栄養価が高いのもポイントです。

 

レバノン産

レバノンのオリーブオイルは野性的かつとても個性的です。スパイシーと評価されることもあります。コクのある濃厚なオリーブオイルはお料理に合うこと間違いなしでしょう。

 

日本産

日本でもオリーブオイルは作られています。日本らしく手間暇かけ、安全性にこだわったオリーブオイルが作られています。その味わいは日本産らしく繊細さが特徴的です。

国際オリーブ協会によって定められた基準

オリーブオイルにはたくさんの種類があります。どのオリーブオイルを購入するか迷ったときには、国際オリーブ協会によって定められた基準によって種類を選ぶのも1つの方法です。オリーブオイルには大きく分けて3つの種類があります。

 

バージンオリーブオイル

オリーブの果実をそのまま搾ってつくられる一番搾りのオイル。バージンオリーブオイルは更に、エクストラバージンオリーブオイル・ファインバージンオリーブオイル・オーディナリーバージンオリーブオイル・ランバンテバージンオリーブオイルの4種類があります。酸度の数値が低いほど、鮮度を保ったままの品質の高いオイルといわれており、エクストラバージンオリーブオイルは酸度が0.8%と、1%以下となっており完全な食味と香りを持っています。味・香りにこだわりたい人にはエクストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

 

精製オリーブオイル

ランバンテバージンオリーブオイルなどを精製したもので、そのままでは不純物が多いものや香りが強いもの・酸度が高いものなどを化学的に脱色・脱臭などを行い精製したオイルです。

 

ピュアオリーブオイル

精油オリーブオイルとバージンオリーブオイル(ランバンテバージンオリーブオイル以外)をブレンドしたオリーブオイルで、メーカーにより酸度などは異なります。比較的コスパの良いオリーブオイルとしてしられており、オリーブオイルとだけ表記されて取り扱われていることもあります。

 

オリーブオイルの魅力

ここからは、オリーブオイルの魅力についてご紹介してきます。

 

オリーブオイルの効果効能

オリーブオイルにはオメガ9系脂肪酸の1つであるオレイン酸がたくさん含まれており、オレイン酸がオリーブオイルにおける美容効果のポイントになっています。オリーブオイルに多く含まれているオメガ9系脂肪酸は、血中のHDL(善玉)コレステロールの濃度は下げずに、LDL(悪玉)コレステロールの濃度だけを下げてくれる作用で知られている脂肪酸なのです。

LDL(悪玉)コレステロールとは、コレステロールを全身に運び蓄積をする働きのある、たんぱく質を指しておりHDL(善玉)コレステロールは、LDL(悪玉)コレステロールとは反対に全身にある余分なコレステロールを肝臓に運んでくれる働きがあるのです。オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸の働きにより、体内のコレステロールの濃度を下げることができるようになっているため、美容効果が期待できます。

 

アンチエイジング効果

オリーブオイルに期待できる美容効果の1つ目は「アンチエイジング効果」です。人は過酸化脂質により身体・肌はエイジングが加速してしまいます。エイジングが加速することにより肌荒れ・乾燥が発生し、メラノサイトのチロシンが酸化することでメラニン色素が生み出され、しみ・そばかすなどが出来てしまいます。

オリーブオイルに含まれているオレイン酸には過酸化脂質を抑制する効果が期待できますので、オリーブオイルを使うことにより、シミやそばかすなどを防ぎ美しい肌の維持へと繋がるのです。

 

便秘改善効果

お通じに悩む人は大勢いますよね。オリーブオイルには便秘の改善効果も期待することができるのです。便秘が続くと肌荒れを引き起こしてしまう原因の1つにもなっていますので、美容にも影響が出てしまうのです。

また、便秘によって肌荒れが発生すると自律神経が乱れてしまい、血行が悪くなる傾向があるだけでなく便秘により腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えてしまうこともあります。悪玉菌が増えてしまうと有毒ガスが発生し、腸から吸収された有毒ガスは血液中に溶け全身へと周り毒素が肌から排出され吹き出物の原因となってしまいます。

オレイン酸は小腸で消化・吸収されにくいため大腸まで届いてくれることで、蠕動運動を活発にして排便を促す働きもありますので、便秘を改善して肌荒れ等を防止する効果が期待できるんです。

 

保湿効果

オリーブオイルには保湿効果も期待できます。スキンケアの1つとして美容オイルを使っている人も多く、スキンケアコーナーでもオリーブオイルを取り扱っていることがあります。オレイン酸は肌を潤す主成分でもあるため肌馴染みが良いことでもしられています。オレイン酸が多く含まれているオリーブオイルも、保湿効果が十分に期待できます。

オレイン酸以外にもオリーブオイルには浸透作用のあるスクワラン、肌を保護・保湿してくれるビタミンEなど美容効果が期待できる成分が多く含まれているため、保湿により乾燥を防ぐことができます。

 

健康効果が期待

オリーブオイルには、美容効果だけでなく健康効果も期待することができます。上質なオリーブオイルには高い健康効果があるといわれていますので、美容だけでなく健康面でもオリーブオイルはおすすめなのです。

 

抗酸化作用

オリーブオイルに期待することができる健康効果1つ目は抗酸化作用です。抗酸化作用のあるオレイン酸が活性酸素の攻撃を抑制してくれるため生活習慣病などを予防する効果が期待できます。

 

動脈硬化・心筋梗塞や脳卒中の予防

2つ目は動脈硬化・心筋梗塞や脳卒中の予防が期待できます。動脈硬化は血管が硬くなって柔軟性が失われている状態ですが、悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こす原因の1つともいわれています。

オリーブオイルに入っているオレイン酸は、悪玉コレステロールだけを減らしてくれる効果が期待できますので、オリーブオイルを摂取することにより、コレステロール値を抑えて動脈硬化の予防が可能です。

動脈硬化は中高年の問題ではなく、10代から蓄積されていくともいわれているのです。食生活の乱れやストレスでも悪玉コレステロールが増えてしまい、血管がもろくなったり詰まることにより、酸素・栄養素を身体に届ける役割が果たせなくなってしまいます。酸素・栄養素が身体に行き渡らなくなると心臓に負担をかけ心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまうこともあります。

オリーブオイルには血液をサラサラにしてくれる成分が含まれているといわれています。動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中などの血液に関する病気の予防のためにも、早い段階から積極的にオリーブオイルを取り入れていくことがおすすめですよ。

まとめ

今回は、おすすめのオリーブオイルをご紹介していきました。気になる種類は見つかりましたか?

ご紹介した商品はほぼ海外製でしたが、日本製も他にも多々あります。様々な国の味や香りを比べてみて、あなた自身の最高のオリーブオイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

一緒に読まれています

非常食おすすめ21選【コスパ最強・人気保存食・美味しいもの】

辛い食べ物おすすめ24選【辛いもの好きに人気激辛・辛党に喜ばれる】

レトルトカレーおすすめ人気17選【美味しい・コスパ最強と評判】

おつまみ缶詰おすすめ20選【人気おしゃれギフト・高級プレゼント】

ポン酢おすすめ7選【人気市販品・高級ポン酢・無添加の種類】

無洗米おすすめ10選【人気銘柄・最強に美味しい種類】

オートミールおすすめ8選【人気種類・筋トレやダイエット用】

トマトジュースおすすめ8選【人気市販品や高級品・最強に美味しい】

コーヒー豆おすすめ16選【人気市販品、通販・美味しい種類】

オーガニックプロテインおすすめ8選【人気市販品・ダイエットに効果的】

ノンアルコールビールおすすめ9選【人気市販品・美味しい種類】

高級梅酒おすすめ8選【プレゼント・人気市販品・選び方】

フルーツ青汁おすすめ8選【ドラッグストアや薬局の人気市販品】