防災リュックおすすめ19選【大容量サイズ・人気色や中身は何?】

あなたは、防災グッズの用意はできていますか?

2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、2018年の大阪北部地震など、日本は大きな震災に見舞われてきました。

近年は震災のみならず、大雨による水害の被害も各地で起こっています。そのような災害はいつ起こってしまうのかは誰にもわかりません。

使うことがなければいいのですが、万が一の事態が起こったことも考えて、防災グッズを備えておくことがおすすめです。

おすすめ人気防災リュックの種類

シニア非常持出袋(単品) シニア世代向けの防災リュック

シニア非常持出袋(単品) シニア世代向けの防災リュック

出典:楽天市場

 

4つの持ち方ができる防災リュックであるため、高齢者の方でも持ち運びしやすいです。背負うだけではなく、肩にかけたり、手提げ袋のように持つこともできます。背負うためのベルトは収納することができるので、背負わないときに邪魔になってしまうことがありません。

防水性に優れているだけではなく燃えにくい素材でもあるため、さまざまな環境からリュック内の物を守ることができます。表面にはフッ素加工が施されている特徴もあり、汚れにくく、清潔な状態を維持することが可能です。蛍光塗料と反射板の機能もあるため、暗い環境でも安全に使うことができます。

 

Defend Future 防災セット

Defend Future 防災セット

出典:楽天市場

 

防災リュックだけではなく必要な物も含まれているセット。個別で被災時に必要なグッズを購入する必要がありません。被災した際にどのような物を用意すればよいのかわからない人におすすめの防災リュックです。防災士が監修して作られた防災リュックであり、中に入れられている物も決めてくれているため安心して購入することができます。

取っ手の部分に蛍光塗料が使用されているため、暗い環境でもすぐに防災リュックを掴むことができ、即座に避難することが可能です。シンプルなデザインであり、おしゃれ感も感じられるため、いかにも防災リュックのようなデザインが嫌な人におすすめで撥水機能もあるため、水にも強くなっています。

 

アイリスオーヤマ 防災グッズ 防災リュック 33点 BRS-33

アイリスオーヤマ 防災グッズ 防災リュック 33点 BRS-33

出典:楽天市場

 

コストパフォーマンスに優れている防災リュックと防災グッズです。33点の防災グッズが含まれており、被災してしまった際に避難場所まで移動する際に便利なグッズが多く含まれています。セット内容は2パターン用意されているため、購入する際に求めている防災グッズが多く含まれているセットを選ぶようにしましょう。

コンパクトサイズに仕上げられていることで収納場所をとってしまうことがありません。一人用の防災リュックであるため、一人暮らしをしている人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

MT-NET 非常用持出セット パーソナル 1人用セット

MT-NET 非常用持出セット パーソナル 1人用セット

出典:楽天市場

 

上部が大きく開くような構造に仕上げられていることで物の出し入れがしやすくなっています。便利性が高く、焦っている状況でもしっかり防災リュックの物を出し入れすることが可能です。36点の防災グッズがセットになっていますが、防災リュックの重量を合わせても4.5㎏と軽量化されているため、女性の人でも苦労なく背負って移動することができます。

フロント部分にはメッシュポケットが取り付けられ、頻繁に使用するものを入れれば手間なく出し入れすることができ、ストレスを感じてしまうこともありません。

 

非常用持出袋 リュックのみ 三和商事

非常用持出袋 リュックのみ 三和商事

出典:楽天市場

 

女性や子供用の防災リュックであり、背負いやすいサイズに仕上げられています。防災リュックは男性用として販売されている場合が多く、子供では背負うことができず、大人の女性でも背負いにくさを感じてしまうことも多いです。しかし、女性や子供用として設計されていることで違和感なく背負うことができ、長距離の移動も苦になりません。

防災リュックだけであり、防災グッズはセットになっていないため、防災グッズは自身で選びたいと考えている人におすすめです。目立ちやすい赤色にカラーリングされていることで慌てている状況でも目に入りやすくなっています。

 

Refian 防災グッズ 防災セット 1人用 21種類35点セット

Refian 防災グッズ 防災セット 1人用 21種類35点セット

出典:楽天市場

 

実際に被災した経験がある人にアンケートを行い、必要と感じたグッズを集計した結果を元に被災グッズを選定しているため、より必要性のある便利グッズが含まれています。35点の被災グッズが含まれていますが、無駄な物が含まれいません。高い撥水性や耐久性に優れているため、長年愛用しつづけることができ、被災グッズを守ることもできます。

被災グッズの一つでもあるラジオはバッテリーとしても活用することができ、スマホの充電を行うことも可能です。クッション性が備わっている防災リュックでもあるため、体が痛くなりにくい快適に背負うことができます。

 

防災セットSHELTER プレミアム 1人用

防災セットSHELTER プレミアム 1人用

出典:楽天市場

 

ラピタから発売されている、デザインとコストパフォーマンスを重視した方におすすめの防災セットです。家のどこにでも置ける、おしゃれなデザインの防災リュックというコンセプトで作られています。サイズは、縦が55cm、横が31cm、奥行きが21cmで、35リットルの収納力があります。

雨対策、トイレ対策、保存食、情報収集や停電対策、救難アイテム、寒さ対策、衛生用品などが詰め込まれています。

カラーバリエーションは、ブラック、オレンジ、レッド、ターコイズの4色展開です。

 

防災セットラピタプレミアム 1人用

防災セットラピタプレミアム 1人用

出典:楽天市場

 

ラピタから発売されている、デザインは重視したいけどコストパフォーマンスは気にせずに防災グッズをしっかりと蓄えておきたい方におすすめの防災セット。シンプルで洗練されたデザインが定評です。テレビのドラマ撮影などにも使われているため、もしかしたら見たことがある人もいるかもしれません。

サイズは、縦が46cm、横が33cm、奥行きが16cmで、24リットルの収納力があります。カラーバリエーションは、ブラック、レッド、グリーン、ブルーの4色展開です。

 

一緒に読まれています

高級おつまみ缶詰おすすめ10選【美味しい人気プレゼント・家飲み用】

ものすごい防災セット

ものすごい防災セット

出典:楽天市場

 

ラピタから発売されている、デザインとコストパフォーマンスは気にせずに、防災グッズをしっかりと蓄えておきたい方におすすめの防災セットです。災害発生後の72時間を生き抜くための防災セットといわれています。

サイズは縦が47cm、横が33cm、奥行きが24cmで、27リットルの収納力があります。持つ、転がす、背負うという3通りの使い方ができます。避難するときはリュックとして、吸水運搬をするときはキャリーとしてなど、状況に応じて使い分けられます。

カラーバリエーションは、ブラックとレッドの2色展開です。

 

防災リュック30点セット(山善)

防災リュック30点セット(山善)

出典:楽天市場

 

サイズは幅32cm、奥行き16cm、高さ43cmです。大容量でたくさんのアイテムを入れられるため、避難時には重宝できます。

消耗品を中心に、家族が重複して持っていても困らないアイテムが詰められています。重量は約1.97kgと軽量のため、災害時に避難をするときに簡単に持ち出せることが人気のポイントです。1人につき1袋の準備が推奨されています。

カラーバリエーションは、レッド、オレンジ、ブラックの3色展開です。

 

子ども用防災バッグ(山善)

子ども用防災バッグ(山善)

出典:楽天市場

 

子供用の防災リュックです。防炎加工が施された防災ずきんや、親と離れてしまったときの必須アイテムの名前シートなどが付いています。サイズは幅25cm、奥行き13cm、高さ35cmです。子供が背負いやすいサイズに作られています。

内容物は、バッグ本体、防災ずきん、レインコート、子供用作業手袋、サンダル(サイズ19cm)、ホイッスル、子供用マスク3個、アルミシート(180×90cm)、中電灯(単3形乾電池3本別売り)、名前シートです。

カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色展開です。

 

一緒に読まれています

非常食おすすめ人気10選【安いコスパ最強・美味しいもの・保存食】

緊急避難セット KEC-1000(角利産業)

緊急避難セット KEC-1000(角利産業)

出典:楽天市場

 

A4サイズのBOXにまとめられています。

日本防炎協会認定品が認定しているナップサック型の非常持出袋、ミニダイナモラジオライト、サバイバルシート、ポンチョ、保存飲料水(500ml)、缶入カンパン(100g)、IDホイッスル、非常用給水バッグ5L、すべり止付軍手、綿棒4本、ポケットティッシュ1個、ダストマスク、ウエットティッシュ、防災メモがまとめられています。

サイズは、幅が約39cm、高さが約46.5cmで、重量は約1300グラムです。

 

緊急避難セットKRD-300(角利産業)

緊急避難セットKRD-300(角利産業)

出典:楽天市場

 

もしもの時のために、必要なものがひととおりまとめられている防災リュックです。

KEC-1000よりもボリュームが多く、ダイナモスイングラジオライト、ヘルメット、LEDアルミライト、防寒シート、保温シート、緊急トイレパック、ロープ5m、非常用圧縮3点セット、ミニキャンドルランタンなどが追加されています。

サイズは、幅が約40cm、高さが約40.5cm、厚さが約7cmで、重量は約3800グラムです。

 

多機能デイパック(VIAGGIO)

多機能デイパック(VIAGGIO)

出典:楽天市場

 

軽くて大容量の収納がついていて、デザイン性も高いところが人気のリュック。サイズは、縦47cm、横32cm、奥行き13cmです。

背面部とショルダーベルトはウレタン素材が含まれています。ウレタン素材はクッションがあるため、疲れにくく肩への負担が少ないという評判があります。

カラーバリエーションは、ブラック、ネイビー、カーキ、ブルー、レッド、パープル、オレンジ、カモフラージュの8色展開です。

 

防災リュック(CLIMBING)

防災リュック(CLIMBING)

出典:楽天市場

 

アウトドアに行かれる方からも大絶賛されている多機能なリュック。45リットルの大容量で作られています。サイズは、高さ46.5cm、横幅が40cm、奥行きが20cmです。

人気の機能として、重い物を入れたときに、肩に重さが集中して疲れやすくならないようにウェストベルトが付いています。ウェストベルトを使えば、背中全体でバッグを支えられるので長時間の行動でも疲れにくくなります。

カラーバリエーションは、ブラック✕ブラック、ブラック✕レッド、ブラック✕ブルー、ブラック✕カーキの4色展開です。

 

かばんやオリジナル サブリュック

かばんやオリジナル サブリュック

出典:楽天市場

 

シンプルで落ち着いたカラーなリュックです。男性にも女性にも違和感がなく使用できます。最大容量が58リットルと大容量に作られているため、万が一の時の防災リュックとして活躍してくれます。サイズは、縦が54cmから68cm、高さが45cm、幅が19cmです。

防犯面が考慮されていて、内側に名前を記入するスペースがついています。

カラーバリエーションは、ブラック、ネイビー、レッド、オレンジ、カモフラージュの5色展開です。

 

ZOMAKE 折りたたみ リュック

ZOMAKE 折りたたみ リュック

出典:楽天市場

 

大容量の防災リュック、コンパクトに折りたたむことができる仕組みになっています。避難場所で場所をとってしまうことがなく、限られた空間を有効活用することが可能です。さまざまなカラーバリエーションが用意されていることもあり、好みのカラーを選びたい人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

サイズが大きいですが、軽量化されていることもあり、防災リュック自体の重量は軽いです。防災リュックが軽ければさまざまな防災グッズを入れた際も軽くなりやすく、足場が悪い被災現場でも背負って避難することができます。

 

iPlus 登山ガイド 防災士推薦 リュックサック

iPlus 登山ガイド 防災士推薦 リュックサック

出典:楽天市場

 

登山や日常用のリュックとして使用することができます。防災士が推薦しているリュックでもあるため、防災リュックとしても活用することができます。大容量であり、耐久性にも優れ、緊急時に使用するホイッスルも付いていることが防災リュックとしておすすめできるポイントです。

大きいサイズの防災リュックはどうしても重くなりやすいですが、重さを分散させることができるウエストベルトが備え付けられているため、重くなってしまっても背負いやすくなっています。撥水加工が施されていることで雨や雪の環境でもリュック内を守ることが可能です。

 

HOMIEE 登山 リュック

HOMIEE 登山 リュック

出典:楽天市場

 

登山用のリュックですがフィット感に優れている仕組みになっているため、防災リュックとしても活用することができます。S字型の肩ベルトが採用されていることで体にフィットしやすく、ウエストベルトの他にチェストベルトもあり、体にフィットさせることが可能です。

チェストベルトの高さは調整することができるため、男性でも女性でもフィット感を調整することができます。体にリュックがフィットすれば背負いやすくなり、重さも軽減されますが、蒸れやすいです。しかし、通気性に優れているメッシュ素材が採用されていることで背中が蒸れて不快に感じてしまうことがありません。耐久性にも優れているため、重い物を入れても破れてしまいにくいです。

 

防災グッズの選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

防災リュックは災害が起きた際に使用するリュックのことであり、被災した際に必要となる物を入れる必要があります。災害はいつ起きるかわからないため、各家庭で用意しておくようにしましょう。次に、防災リュックの選び方を紹介します。

 

災害対策の便利グッズのことを知ろう

防災グッズについてですが、何をどれだけ備えておいたらいいのか分かりませんよね。

消防庁のホームページには、非常時の持ち出し袋の中身として最低限の必要なものとして、印鑑、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水があげられています。

アイテム数が多すぎて全部そろえるのは一苦労です。

ここでおすすめしたいアイテムは、「防災リュック」です。防災用のリュックには、ナイフで切り付けても切れない生地のリュックや、防水性に優れているリュックなど、災害時に備えたリュックもあります。

また、非常時に必要とされているアイテムがひととおり入った商品もあります。万が一の時の備えとして、ぜひ準備をしておいてください。

それでは、大容量サイズの防災リュックのおすすめアイテムの紹介をさせていただきます。

 

サイズで選ぶ

防災リュックはさまざまなサイズで販売されており、小さいサイズであれば中に入れる物も当然少なくなるため、必要最低限の物しか入れることができません。一方大きいサイズであればより多くのグッズを入れることができます。家族が多いほど大きいサイズを選ぶようにしましょう。

しかし、大きいサイズになるとそれだけ重くなってしまうため、防災リュックに一杯グッズを入れた際に背負うことができないのであれば意味がありません。自身で背負うことができるサイズを選ぶことが大切です。

 

機能性で選ぶ

防災リュックにさまざまな機能が備わっていればそれだけ便利であり、快適に使用することができます。ポケットの数が多ければ多いほどさまざまな物を収納できるようになるだけではなく、整理整頓することもでき、取り出しやすくなるメリットがあります。

また、リュックのサイズが大きいのであれば総重量も重くなるため、耐久性は必要不可欠な機能です。リュックに反射板が取り付けられていれば暗い環境でも防犯リュックを見つけることができ、停電した際にすぐに持ち出すことが可能になります。

 

背負いやすさで選ぶ

防災リュックは背負って持ち運ぶ必要があるため、背負いやすいタイプを選びうようにしましょう。体格によっては背負いにくさが出てしまうこともあるため、できるのであれば事前に背負ってみることをおすすめします。避難場所まで距離がある場合は重要な要素です。

まとめ

今注目を集めている防災バッグを紹介していきました。なかでも、おすすめ種類や大容量サイズなど、多くの人に支持されているものから厳選しています。

毎年、何かしらの大きな災害がある日本。だからこそ、他人事ではなく自分自身も災害対策はしっかりしておくことは必要です。

簡単にできることは非常食の確保、そして防災リュックを用意しておくことです。家に置いておくだけで良いので、大事なときに備えておきましょう。

 

一緒に読まれています

LEDライトおすすめ8選【人気メーカー・携帯可能・充電式・撮影用など】

カセットコンロおすすめ8選【人気防災用・おしゃれ コスパ最高】

LEDランタンおすすめ8選【人気コスパ最強・充電式や防災用・明るい】

カセットコンロおすすめ8選【人気おしゃれ・防災やアウトドアで便利】

簡易トイレおすすめ8選【防災備蓄・人気種類・車でも利用OK】

ガストーチバーナーおすすめ8選【人気メーカー・炙り料理用など】

スープジャーおすすめ8選【人気色・保温性が高い・軽量など】

ヘッドライトおすすめ8選【人気メーカー・充電式・最強ルーメンなど】

水筒おすすめ8選【洗いやすい人気透明・軽いマイボトル・スリム】

非常食おすすめ21選【コスパ最強・人気保存食・美味しいもの】

キャンプ用ケトルおすすめ人気8選【保温可能・速い種類・安いなど】

折りたたみバケツおすすめ8選【キャンプや釣りで人気大容量・耐熱】

ソロテントおすすめ9選【人気メーカー種類・コスパ最強・初心者用】

いびき防止グッズおすすめ人気8選【薬局市販品・枕・マウスピースなど】