妊娠線予防クリームおすすめ19選【コスパ最強人気市販品・薬局やドラッグストア】

妊娠すると、ほぼ全てのママにとって大きな心配事になるのが妊娠線。一度できてしまうと一生残ってしまう痕だけに、確実にケアしていきたいものです。

最近では妊娠線予防クリームだけでなく、妊娠線を消すためのクリームやレーザー治療なども身近になってきましたが、どの手段も安くはないのが現実です。そのため、「お手頃価格で妊娠線予防したい!」というのがきっと多くのママの本音だと思います。

ということで今回は、妊娠線予防クリームの中でコスパ最強の市販品に加え、妊娠線を予防するためのクリームの塗り方をご紹介します。最も愛用者が多く、最も効果を期待できるものばかり厳選していますので、ぜひチェックしてみてください。

人気コンテンツの目次

妊娠線予防クリームの選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

妊娠線予防クリームは種類が豊富。女性であれば、たとえ母親になろうが、いつまでも綺麗でいたいものですよね。

その為に役立つアイテムが妊娠線予防クリームですが、直接肌に塗るものですから、自分にぴったり合ったものを購入したいものです。自分にぴったりの妊娠線予防クリームを購入する為には、選ぶ際のポイントをおさえることが必要です。

そこでこれから、妊娠線予防クリームを選ぶ際のポイントをご紹介しますので、参考になさって下さい。

 

タイプで選ぶ

保湿クリーム

 

妊娠線予防クリームの種類として大きく分けてオイルタイプとクリームタイプの二種類があります。

オイルタイプはさらさらしていて伸びが良いところがメリット。伸びが良いので塗りやすいです。特につわりで辛い時には、さっと濡れるところは大きなメリットではないでしょうか。また、保湿性に優れているところも嬉しいポイントです。

匂いが付いているところが特徴の一つとなっており、良く言えばリラックス効果がありますが、悪く言えば、つわりの際に気分を悪くする可能性があります。

クリームタイプはべた付くことなく塗ることができるところがメリット。特に夏場はただでさえ汗でべたべたしますから、このメリットは嬉しいですね。また、べた付くことがなければ、塗った後すぐに洋服を着ても洋服につかないところも嬉しいポイント。

 

香りで選ぶ

妊娠線予防クリームは香りの付いているものもあります。ハーブ系や柑橘系など、気分を明るくしてくれたりリラックスさせてくれたりする香りが多いですよ。もちろん無香料のものもあります。

元々香りが好きな場合は香り付きのものを、香りが苦手な場合は無香料のものを選ぶようにしましょう。

ただしここで注意すべきなのが、先程も少し触れたように、つわりがあるということです。つわりは人それぞれですね。ある場合もあればない場合もあり、ある場合であってもつわりは人それぞれ感じ方が異なります。

もしも匂いが辛い場合は、香り付きのものを選ぶ際には注意して下さい。元々好きな香りでも、つわりの最中には気分を悪くしてしまうかもしれません。逆に、つわり中でもリラックスできる香りであれば、つわりを楽にしてくれることもあります。

また、無香料の場合でも、クリームが元々持っている成分の香りはするものです。無香料だからといって安心せず、嗅いでも大丈夫な香りかを確認するようにして下さい。

つわりは人によって異なるものですから、自分にぴったりの香りのものを見つけられると良いですね。

 

値段で選ぶ

保湿クリーム

 

妊娠線予防クリームは一度購入して使用し始めたら、おそらく毎日使用し続けるもの。使用し続ける時期は人それぞれでしょうが、半年から一年弱の期間になるのではないでしょうか。

そうなった場合、高級なものを選んでしまうと、なかなかの出費ですよね。そのため、無理なく続けていけるくらいの値段のものを選ぶようにすることが大切です。

ただし、安いからという理由だけで選んでしまうと、後から使いにくさを感じたり、肌に合わないことに気が付いたりしてしまう可能性もあります。そうなってしまって使わなくなってしまうと、逆に無駄な出費になってしまいます。

そうならない為には、あなたにとって使いやすくて、香りも良くて、肌にも馴染むようなものの中でできる限りリーズナブルなものを選ぶことがおすすめです。

 

成分で選ぶ

妊娠線予防クリームには様々な成分が配合されています。保湿力を高めてくれる成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンがあります。また、保水力を持続してくれる成分として、ホホバオイルやスクワランなどがあります。更に肌を引き締めてくれる成分として、葉酸やビタミンC誘導体などがあります。

あなたが望む成分が入っているかどうかを確認するようにしましょう。

また、元々肌が弱い場合はもちろんですが、お腹の中にいる胎児の為にも、刺激の強い成分は避けたいところ。パラベンやハイドロキノン、着色料やアルコールなどの刺激の強い成分が入っていないかどうかもしっかり確認するようにして下さい。

配合されている成分によっては、妊娠線予防の為以外に使用することができる場合もあります。産後のお腹のたるみのケアだったり、肌荒れの予防であったり、産まれてきた赤ちゃんに使用することができたりする場合もあります。

余っても他の用途で使用できると、最後まで使い切れるのでおすすめです。

 

妊娠線を防ぐためには皮膚の状態を意識することが大事

 

妊娠線は、妊娠によって皮膚が急激に伸縮し、皮膚の真皮と呼ばれる組織が断裂することで出来ます。そのため、妊娠線予防には、<保湿と体重コントロール>が最も有効。肌が乾燥すると、地割れができるように肌も断裂しやすくなってしまうからです。乾燥して痒みが出てきたら妊娠線危険信号ですよ。

また、体重の急増は皮膚にも負担をかけますので、栄養管理や適度な運動で体重をコントロールすることも重要です。

 

くっきり痕の妊娠ができやすい箇所はお腹だけではない

妊娠線ができる場所はお腹周りが多いイメージですが、実際にはおしりや太腿、二の腕や膝の裏などにできることもあります。妊娠初期からの対策が重要ですが、妊娠後期から産後間もなくにかけてはお腹周りの皮膚が急激に変化するため、特に丁寧なケアが必要となることも覚えておきましょう。

 

一緒に読まれています

いい匂いのボディクリームをプレゼント【薬局等のおすすめ市販品】

妊娠線を予防するためのクリームの正しい塗り方とコツ

効果的な妊娠線予防クリームの使い方

 

妊娠線を予防するための効果的なクリームの塗り方をご紹介します。

 

最低でも1日2回は塗る

起床後と入浴後には必ず塗るようにしましょう。

妊娠期のお肌は意外と乾燥しやすいものです。寝ている間にも肌が乾燥しますから、朝起きて着替えるタイミングでクリームを塗るように習慣づけましょう。

 

保湿クリーム量はたっぷりと、そして丁寧に塗ることが大事

 

それぞれの商品に適量が記載されていますが、基本的にはたっぷり塗ることがお勧めです。

薄く塗るだけでは肌への浸透が少なくなってしまうため、「せっかく毎日塗っていたのに妊娠線ができてしまった」ということにもなりかねませんよ。

 

保湿クリームを手のひらで温めてから塗ると、さらに効果大!

クリームを塗る際には、手のひらで少し温めてから塗るとクリームの浸透度が高まります。

また、冷たいクリームをお腹に塗るとお腹が張ってしまう場合もありますので気をつけましょう。

 

こまめに保湿クリームを塗るためにトイレを活用すると便利

 

「1日に何度も塗りましょう」といっても、何度もお腹を出すのは面倒ですよね。そんなときにお勧めしたいのが、トイレに妊娠線予防クリームを置いておくことです。トイレであれば1日に数回行きますから、そのタイミングでさっとクリームを塗ってしまいましょう!

こまめに保湿クリームを塗ることが本当に大事なので、ぜひ目につく場所に置き、保湿ケアの回数を増やしてみてくださいね。

おすすめ人気妊娠線予防クリームの種類

妊娠線を絶対に防ぎたい場合には、保湿クリームの中でも妊娠線予防に特化した「妊娠線予防クリーム」を使うことが必須。皮膚の表面だけでなく、奥底まで成分を浸透させるクリームなので、保湿効果は他のものよりも圧倒的に信頼が高いのです。

次からおすすめの妊娠線予防クリームを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

妊娠線予防クリームで最も使われている【アロベビーフォーマム】

 

妊娠線予防クリームの中で、最も愛用者が多いものが「アロベビーフォーマム」です。どの通販サイトでも、アロベビーフォーマムがランキング1位という実績があるほどです。

またアロベビーブランドは、育児を頑張る女性なら絶対に知っていることだと思います。なので、その点でも安心して使える保湿クリームでしょう。

アロベビーフォーマムが人気の秘訣は、他の製品よりも圧倒的に保湿にこだわっている点。「ヒアルロン酸の10倍の保湿力を持つ希少成分・サクラン」と「24時間も保湿が持続する成分・アクアキシル」が含まれているので、1日中潤いがキープされるのです。

妊娠中には乾燥肌になったり、皮膚が伸びることによる”かゆみ”が出てきます。

肌のかゆみを抑える植物由来抗炎症成分が7種類も配合されているため、妊娠時の悩みを解消することができます。

アロベビーフォーマムは99%天然由来成分で製造されています。

そして国産オーガニック製品なので、妊娠時の女性だけではなく肌がデリケートな赤ちゃんにだって使えます。1本あるだけで、2役で活躍できる保湿クリームなのです。

圧倒的な愛用者の数から分かる通り、効果効能に関しては間違いないと判断できると思います。どの妊娠線予防クリームを使えばいいのか悩んだ時には、アロベビーフォーマムがおすすめです。

 

効果を最優先するなら【NOCOR(ノコア)アフターボディトリートメントクリーム】

 

妊娠線ができてしまってから対処するとなると高価格になってしまいがち。「それならばしっかり予防して将来的にコスパを良くしよう」という方には、ノコアがお勧めです。

このクリームは天然由来成分を利用しており、妊娠期から産後まで安心して使えます。

アフターボディトリートメントの特徴は、

  • お肌を生まれ変わらせハリとツヤを保つ成分(EGF・FGF様成分)
  • お肌の調子を整える成分(ビタミンC誘導体)
  • 保湿効果のある成分(フラーレン、アボカドエキス、シアバターノキエキスなど)

が含まれていることです。

「数日間利用しただけで妊娠線が薄くなってきた」などの口コミも多数あり、その効果は大いに期待できますね。

すっと肌になじむテクスチャで、さわやかなオーガニックネロリの香りも人気の理由です。

 

美容成分が配合されており、肌の引き締めも同時にするベルタマザークリーム

 

葉酸サプリのブランドとして知られるベルタだからこその妊娠線予防クリームです。他の製品とは違い、ベルタマザークリームには女性に嬉しい美容成分も含まれています。

この美容成分が含まれていることによって、肌の保湿だけではなく肌の引き締めも同時にケアすることができます。たるんだお腹を引き締める効果は、女性なら見逃せないポイントでしょう。

そしてベルタマザークリームの最大の注目ポイントなのが「シラノール誘導体」です。日本では認められていませんが、アメリカではシラノール誘導体は出来てしまった妊娠線のケアに有効と認められているのです。なので、アフターケアにもベルタマザークリームは有効と言えるでしょう。

ベルタマザークリームも無添加製品であり、そしてオーガニック製品でもありますので、その点でも安心して使えますね。

肌にとって嬉しいことがたくさんある製品なので、お手頃価格で妊娠線予防クリームを求めている方にはおすすめです。

 

AMOMA マタニティオイル 妊娠線オイル

AMOMA マタニティオイル 妊娠線オイル

出典:楽天市場

 

こちらはオイルタイプの妊娠線予防アイテム。肌が乾燥したり、敏感になったりと、妊娠することで肌質のバランスは崩れやすくなります。

このオイルはそんな肌バランスを整えてくれる効果があります。全て植物性のオイルと精油を原料とし、安心かつ保湿性が高いです。

またマンダリンから生み出された精油は、肌の柔軟性を保つ働きがあるので、肉割れを起こしにくいのです。

マタニティアアロマセラピスト・妊産婦ケアの専門家として長年活動してきた浅井貴子さん監修の妊婦さんが安心して使える秘伝オイルになっています。

 

モナマミー(MONAMAMMY) はぐくみプラス

モナマミー(MONAMAMMY) はぐくみプラス

出典:楽天市場

 

保湿と肌サイクルに着目して作られているところが特徴的な妊娠線予防クリームです。ココナッツ、アルガン、シアバター、オリーブの四種類の自然派オイルが配合されており、しっかり保湿してくれます。

他にも、ソメイヨシノ葉エキスやシラノール誘導体など、肌荒れの防止や潤いなどに役立つ成分が多数配合されています。また、弾力の肌に導いてくれるヘスペリジン、腹本来の力に働きかけてくれるりんごエキスなども配合されています。合成香料、合成着色料、鉱物油、アルコール、紫外線吸収剤が無添加なところも嬉しいですね。

妊娠線の予防はもちろんですが、普通のボディクリームとして使用したり、出産後にお子さんの乾燥ケアの為に使用したりすることも可能なので、無駄になる心配もありません。

 

麻布化粧品 ははこ

麻布化粧品 ははこ

出典:楽天市場

 

容器の見た目が和テイストになっており、純国産のクリームとなっているところが特徴的な妊娠線予防クリームです。

保湿効果のある糀、五種類の植物エキス、更にはコラーゲンやヒアルロン酸などの高保湿成分、などが配合されています。塗った瞬間から潤いを感じることのできるような伸びの良いクリームとなっています。

柑橘系の香りが付いているので、つわり中でも辛くなければ、リラックスもできておすすめです。合成着色料や鉱物油などの刺激の強い成分も使用されていないので、安心して使用することができます。

 

花王 キュレルローション

花王 キュレルローション

出典:楽天市場

 

乾燥性敏感肌向けに作られているローションですが、妊娠線の予防の為にもしっかり効果を発揮してくれるローション。“乾燥性敏感肌”は、元々そういった肌の場合もあるでしょうが、妊娠すると誰もがなる肌ですね。保湿成分であるセラミドやユーカリエキスなどがたっぷり配合されているので、潤いのある肌を保つことができます。

弱酸性で、無香料、無着色、アルコールも無添加。赤ちゃんの肌にも使用することができる為、出産後も有効活用することが可能。べた付きが少なくて肌馴染みが良い為、とても使用しやすいです。

容器の種類もいくつかあり、ポンプ式は片手でも出しやすい為おすすめです。

 

オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

オーガニックマドンナボディセラムスーペリア

出典:楽天市場

 

オーガニック成分が95%配合されていて、日本人の肌に合わせて作られているところが特徴的な妊娠線予防クリームです。

アルガンオイルやアロエベラ葉水などが配合されており、肌を潤わせてくれます。オーガニックレモンマートルの香りが付いており、リラックス効果があります。つわりで気分が悪くならないのであれば、リラックスもできて嬉しいですね。

妊娠中はもちろん、サンゴもボディクリームやフェイスのエイジングケアなどとして使用することもでき、更に、赤ちゃんの乾燥肌の対策としても使用することができます。マッサージせずに、優しく塗るだけで効果を得ることができるので簡単です。

 

クラランス ボディオイルトニック

クラランス ボディオイルトニック

出典:楽天市場

 

250種類以上の植物を元に、様々なスキンケア商品を生み出しているクラランスが販売しているボディオイル。ハリと弾力のある、しなやかな肌に仕上げることができます。

オイルタイプなのでテクスチャーが軽くて伸びやすいところが特徴で、非常に塗りやすいです。

ローズマリーやハッカなどを使用しているエッセンシャルオイルの香りを楽しむことができます。気分が悪くならないか、確認してから購入できると良さそうですね。

妊娠線を予防する為にはもちろんですが、産後のお腹のたるみのケアにも使用することもできます。それでも余ったら、ダイエットの際の肌の手入れにもおすすめです。

 

ユニリーバ(Unilever) ヴァセリンアドバンスドリペアボディローション

ユニリーバ(Unilever) ヴァセリンアドバンスドリペアボディローション

出典:楽天市場

 

ヴァセリンと言えば、保湿力の高さが魅力のアイテム。こちらは、数あるヴァセリンの中で、妊娠線予防としても使用することのできるおすすめのヴァセリンです。

しっとりしていますがべた付くことがない為、非常に塗りやすいところが魅力の一つとなっています。どのような肌質の場合でも使用することができ、赤ちゃんにも使用することができるので嬉しいです。

極小のヴァセリンジェリーが配合されており、肌の角層までしっかり浸透して、かさついた肌もしっかりケアしてくれます。更に、一度塗ると長時間持続してくれます。

無香料なので、成分そのものの香りが大丈夫であれば、つわりが辛い場合でも安心して使用することができるでしょう。

 

AFC マタニティクリームmitete

AFC マタニティクリームmitete

出典:楽天市場

 

百人の女性の声から生まれた妊娠線予防クリーム。葉酸がたっぷり配合されており、肌をとっても滑らかにしてくれます。また、肌に潤いを与えてくれるライマメ種子エキスや、ダーマクロレラなどが配合されていたり、肌を整えてくれるアラントインが配合されていたりと、妊娠線予防をしっかりしてくれます。

オレンジの花から抽出されるネロリの精油を使用した、フローラル系の香りがわずかに香ります。爽やかな香りなのでつらりが辛い場合でも使用できる範囲の香りではないでしょうか。

使用後はとてもさらっとしている為、使用後すぐに服を着ても服が汚れる心配がありません。その為、外出前や就寝前などであっても安心して使用することができます。

チューブタイプとポンポタイプの二種類がある為、使用しやすい方を選んで下さい。

 

フレイオイル マタニティマッサージオイル

フレイオイル マタニティマッサージオイル

出典:楽天市場

 

妊娠線が気になる女性の為に開発された妊娠線予防クリームです。ビサボロール、ひまし油、コムギ胚芽油、アロエベラエキス、ホホバオイルの五種類の成分が、肌荒れを防いでしっかり保湿してくれます。

アルコールや着色料、シリコンや防腐剤などの七種類の無添加なのも安心して使用出来て嬉しいですね。

ドイツでとても人気の妊娠線予防クリームで、国際規格の認定も取得しています。

妊娠線が既にできてきてしまっている場合でも、配合されているビタミンEが、修復の助けをしてくれます。

 

Combi(コンビ) ニンナナンナ薬用マッサージクリーム

Combi(コンビ) ニンナナンナ薬用マッサージクリーム

出典:楽天市場

 

独自の“ナノエマルション製法”を使用しているところが特徴的な妊娠線予防クリーム。“ナノエマルション製法”によって、潤い成分がナノ微粒子になり、そのまま角質の奥まで染み込んでいきます。

アミノ酸やセラミドなどが配合されており、肌をしっとりさせてくれ、柔軟性のある肌を保たせてもくれます。

また、妊娠中は妊娠線の心配もそうですが、肌が荒れやすいことも悩みの一つではないでしょうか。こちらのマッサージクリームは、妊娠線の予防はもちろんですが、肌荒れやにきび予防としても効果があります。まさに、妊婦の為に作られたと言っても過言ではないようなマッサージクリームです。

グレープフルーツの香りが付いている為、つわり中の場合、最初は少し匂いを確認しながら使用して下さい。

 

レバンテ ママニックマタニティクリーム

レバンテ ママニックマタニティクリーム

出典:楽天市場

 

保湿力が非常に高く、使用感も良い妊娠線予防クリーム。レジストリル、シラノール誘導体、LPS、更にはトウキンセンカ花エキス、アルテア根エキスなどの五種類のオーガニック成分など、妊娠中の肌のダメージをしっかりケアしてくれる成分がたっぷり配合されています。

また、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が配合されている為、保湿ケアもばっちりです。プラセンタエキスなどの美容成分や、ビタミンCなどの肌環境を整えてくれる成分まで配合されています。

伸びの良いさらっとしたクリームになっており、べた付きもありません。塗った瞬間からしっかり肌に馴染んでくれます。

ベルガモットの香りが付いていますがほのかな香りになっている為、つわり中でも気にならない程度かもしれません。

レバンテ ママニックマタニティクリーム

 

薬局で最も人気のコスパ最強ママ&キッズの【ナチュラルマーククリーム】

ナチュラルマーククリーム

出典:楽天市場

 

【妊娠初期から産後までの長期間に渡ってたくさん使用すること】と【妊娠線予防効果が期待できる成分が含まれている】ということを踏まえると、ナチュラルマーククリームがコスパ最強の妊娠線予防クリームです。

このクリームは<うるおいサポート成分+弾力・柔軟性サポート成分>というダブルのサポート成分が配合されていることが特徴です。スーパーヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、エラスチン、アルガンオイルなども配合されています。

クリームはポンプ式のボトルに入っているのでバタバタしがちな産後にも使いやすいですね。長期間、こまめに保湿することが妊娠線予防にはとても重要なので、大容量ボトルに入っていることも嬉しいポイントです。

さらっとした伸びのいいテクスチャで、肌へもすっと浸透してくれます。無香料で赤ちゃんにも使える成分ということも安心ですね。

 

低価格でおすすめを探すなら【ピジョン ボディマッサージクリーム】

 

もう少し低価格で妊娠線予防をしたいという方には、ピジョンのボディマッサージクリームをお勧めします。

このクリームは、ヒアルロン酸とコラーゲン、葉酸が配合されており、保湿に加え、肌のターンオーバーを促すことも期待できます。

テクスチャもさらっとした軽いものとなっていますので使いやすそうですね。

 

一緒に読まれています

保湿力の高いボディクリームをプレゼント!薬局の市販品から選ぶ

青缶の保湿クリームとして有名な【ニベア】

 

とにかく低価格で妊娠線予防をしたいという方にお勧めなのが、実はおなじみのニベアです。

<たっぷりたくさん塗ること>が妊娠線予防の秘訣であることを考えると、クリームの単価は無視できないものです。クリーム量を節約せずにたっぷり使うためにも、ニベアを兼用するという方法が実は最近人気です。

妊娠線予防のための専用クリームに加えてニベアを使うことで、値段を気にせずにしっかりと保湿することができます。特に妊娠後期になるとお腹周りが大きくなり、クリームを塗る範囲も広くなりますので、量を気にせず塗れるのは大きなポイントです。

乾燥しやすい時期こそが妊娠線のできやすい時期です。そんな時期には特にニベアとの併用をお勧めします。

 

mamacharm 妊娠線ケア オイル

mamacharm 妊娠線ケア オイル

出典:楽天市場

 

mamacharmママクリームは、安全なオーガニック成分で作られています。

傷薬や日焼け止めに使われるシアバター、水分を閉じ込めてくれるホホバオイル、ビタミンA・ビタミンE・ポリフェノールなどが含まれていて肌に弾力と柔らかさを与えてくれるオリーブ油、ハリのある肌にしてくれるグレープシードオイル、みずみずしい肌になるナタネ油。

この5種の天然植物成分が肌にたっぷりと潤いを与えてくれます。

また、毎日のマッサージに必要不可欠なのがクリームの伸びの良さ。ママクリームはワンプッシュの少量でも伸びがよく、肌に摩擦を与えない処方になっているので助かります。お腹全体に円を描くように広げて、脇腹からおへそまでゆっくりマッサージしてあげてください。

妊娠線予防に加えて、赤ちゃんの保湿ケアにも使えるので、300gの大容量でずっと使い続けられるお得なクリームです。

 

ママニック 保湿 ボディクリーム

ママニック 保湿 ボディクリーム

出典:楽天市場

 

たまごクラブやリンネなど、雑誌に多数掲載実績のあるマタニティブランド「ママニック」のクリーム。「赤ちゃんのためにできること」をブランドテーマとして商品展開をしています。

このクリームは伸びがよくしっとりするのに、ベタベタ感がなくてさらっと肌になじむので、塗り心地を重視したい人にはぜひ試してほしいです。香りも柑橘系の微香料タイプなので、悪阻中など敏感な時期にも使えるのが嬉しいポイント。

1本120gで大体1ヶ月の使いきり、使い続けたい方にはまとめ買いや定期購入をおすすめします。

たっぷり保湿成分を配合していて、普通のボディクリームとしてももちろん使っていただけるので、お腹が出始める前から、早めの保湿をするのが良いでしょう。

 

エルバビーバ STMオイル STMクリーム

エルバビーバ STMオイル STMクリーム

出典:楽天市場

 

オーガニック成分にこだわりぬいた幅広いケア商品で女性から大人気な、ジョンマスターオーガニックブランドの1つであるエルバビーバ。創業者であるロビン・ブラウン氏が父親になった時、自分の子どもたちを心から信頼してケアしてあげられるオーガニックでパーソナルなケア製品をつくりたい」という情熱を抱いたことから、誕生させました。

紹介したいのは、そんなエルバビーバのストレッチマークオイルとストレッチマーククリームの2個セット。オイルは保湿力が高いので、夜に塗って朝まで肌を乾燥から守り、クリームは伸びがよくなじみがいいので、朝〜日中にかけてベトベトせずにケアできます。

「妊娠線が全くできなかった!」というレビューが多く、さすが信頼の人気ブランドです。

 

まとめ

コスパ最強の妊娠線予防クリームを紹介してきました。いかがだったでしょうか。

妊娠すると幸せになることは間違いないですが、それと同時に不安もやってきます。それが出来ると一生治ることがない妊娠線の存在です。

妊娠線ができやすい人とできにくい人がいますが、どちらも保湿を無視して放置していれば、くっきり妊娠線が出来る確率が急激に上がります。なので、一生痕が残るリスクを避けるために、妊娠線予防クリームでケアしましょう。

専門の妊娠線予防クリームとそうでない保湿クリームがありますが、妊娠線を予防するなら専門の妊娠線予防クリームを使うことがベストです。

一般的な保湿クリームでは、皮膚の奥底まで成分が浸透せず、表面だけケアしていることも多いので注意してください。

 

一緒に読まれています

頭皮保湿スプレーおすすめ10選【人気市販品・保湿乾燥ケア】

頭皮保湿オイルおすすめ10選【人気市販品で保湿して乾燥ケア】

保湿力の高いボディクリームをプレゼント【薬局の人気市販品】

リップバームおすすめ8選【人気ブランド・デバコス種類・色付き】

全身用保湿クリームおすすめランキング【顔も塗れる・薬局の市販品】

ティッシュで肌に優しい柔らかいものランキング!おすすめは保湿性のもの