毛布おすすめ9選【人気ブランド・肌触り最高・軽くて暖かい種類】

冬の睡眠の時間をより良いものにしてくれるアイテムの1つと言えば、毛布。寒い時期でも暖かく包み込んでくれ、また、柔らかいなどの肌触りの良さのおかげで、ぐっすり眠ることができます。

とはいえ毛布と一言で言っても、毛布の中にも種類が豊富で、どれを選んだら良いのか迷ってしまうものですよね。

そこでこれから毛布を選ぶ際のポイントと実際におすすめする毛布についてご紹介していきたいと思います。

おすすめ人気毛布の種類

ここからは、おすすめの毛布を紹介していきます。ぜひ参考になさってください。

 

東京西川 あったか毛布ブラウンシングル

東京西川 あったか毛布ブラウンシングル

出典:楽天市場

 

人の出す湿気を吸って発熱してくれる毛布を販売しているところが特徴的な東京西川の毛布です。こちらの毛布は、その暖かな素材を2枚重ねている為、より暖かさを感じることができます。2枚重ねていますが軽く作られている為、寝返りをうつのも楽にでき、質の高い睡眠の時間を得ることが可能です。湿気を熱に変えてくれる為蒸れは少なく、しっかり温めてくれます。

 

カルドニード・ノッテ 掛け毛布シングル

カルドニード・ノッテ 掛け毛布シングル

出典:楽天市場

 

柔らかくて、吸湿性、発熱性、保温性を備えている毛布。カルドニード・ノッテの独自素材である“サーモ2000ウルトラソフト”という、アクリルとレーヨンの素材を組み合わせることで、軽量であるものの高い保温性があるので嬉しいですね。

職人の手による細かな起毛工程のおかげで、とても滑らかな肌触りを楽しむことが可能。

デザインも、イタリア人デザイナーが監修しており、とても美しいデザインになっています。

 

シルクオーラ匠プレミアム

シルクオーラ匠プレミアム

出典:楽天市場

 

最高級シルクであるペニーシルクを使用した最高の手触りを楽しむことのできる毛布です。“マザータッチ起毛”という起毛技術を用いて、職人が納得のいくまで何度も起毛しています。そのおかげでこれ以上にない柔らかな仕上がりに。

使用しているシルクの糸がとても細い為、柔らかいだけではなく空気のような軽さにも仕上がっています。寝返りをうつのも楽にでき、朝まで気持ち良く眠り続けることができること間違いなし。

カラーはピュアホワイトとクラシックローズの2色展開になっています。

 

京都西川 フランネルニューマイヤー毛布

京都西川 フランネルニューマイヤー毛布

出典:楽天市場

 

800gという軽さが特徴的な毛布です。軽量ではありますが、体に沿ってしっかりフィットしてくれる為、動いたとしても隙間から冷たい空気が入ってくることもありません。フランネル加工がされており、とてもしっとりと滑らかな肌触りになっています。

コンパクトに折りたたむこともできるので、少しの収納スペースがあれば簡単にしまうことができるので、収納スペースがない場合にも安心です。

 

ディーブレスプレミアム Sofwool 掛け毛布

ディーブレスプレミアム Sofwool 掛け毛布

出典:楽天市場

 

厳選されたオーストラリア産のメリノフリースウールのみを使用している毛布です。“スライバーニット製法”という編み方で仕上げられている為、毛足の長さを活かした柔らかさと暖かさを楽しむことができます。

吸湿性、撥水性に優れている為、汗を掻いても蒸れることなく気持ち良く眠り続けることが可能。また、洗濯機で洗うこともできる為、清潔に保ち続けられというところも、嬉しいポイントの1つとなっています。

 

西川 サンダーソン ニューマイヤーアクリル毛布SD001

西川 サンダーソン ニューマイヤーアクリル毛布SD001

出典:楽天市場

 

イギリスのインテリアブランドであるサンダーソンの毛布。イギリスの王室でも愛用されており、優雅な花柄の美しさが特徴的です。静電気の発生を抑制する加工がされており、抗菌機能や防臭機能も兼ね備えています。アクリル素材の毛布を1枚のみ使用しているニューマイヤー毛布です。

グランドは同色ですが、ヘム部分がピンクとグリーンの2色展開になっています。どちらのカラーもグランドの柄に合っており、とても華やかで美しいです。

 

シービージャパン 筒状の毛布ポケットみたいなモケット

シービージャパン 筒状の毛布ポケットみたいなモケット

出典:楽天市場

 

ポケットのような構造で全身をくるんでくれるのが特徴的な毛布です。その為熱を逃がすことなく、しっかり温めてくれます。

熱がこもり過ぎてしまっても足ポケットがある為、そこから足を出せば熱を逃がすことも可能。温度調節が簡単にできる為、眠りを妨げることもなさそうですね。

生地はもこもことした感触になっており、寝心地もとても良いです。寝相の悪い人でも朝まで暖かい状態で眠り続けることができます。毛布に包まれながら何かの作業を行うこともでき、とても便利なグッズです。

 

モフア プレミアムマイクロファイバー

モフア プレミアムマイクロファイバー

出典:楽天市場

 

1kgに満たない軽さが特徴的な毛布です。シルクを上回った繊細な細さのおかげで、体に沿うようにしっかりフィットしてくれ、暖かさを保ち続けてくれます。

洗濯機で洗うことができる為、汗を掻いてしまっても、汚してしまっても安心。速乾性にも優れているので、乾きづらい冬の季節でも、朝洗濯して夜には再び使用することが可能です。また、くるくる丸めてちいさくまとめることもできるので、持ち運ぶこともできます。

カラーは豊富で、フラワーレッド、ノルディックネイビー、ブラウン、アイボリーなど、全部で12色展開になっています。

 

GOBI CASHMERE ゴビカシミヤ ブランケット

GOBI CASHMERE ゴビカシミヤ ブランケット

出典:楽天市場

 

モンゴル最大のカシミヤメーカー【ゴビ社】のカシミヤ100%の毛布。カシミヤ製品のメーカーで世界トップ5だという大手メーカーです。信頼と安心が寄せられるメーカーであるということがわかります。

そんなゴビ社の毛布は、完全自然放牧で育てたれた良質のカシミヤやぎの毛質は世界中から支持されるほど人気が高い商品です。柔らかな肌触りと、高級感が魅力なこの毛布は、普段使いとしても、大切な人へのギフトとしても喜ばれることでしょう。

軽いのにあたたかく、保温力も高いので寒い冬にも大助かりです。また、生地にしっかりとした弾力があり、形崩れしにくいのも嬉しいポイントです。見た目の光沢感が、高級感を演出してくれます。

GOBI CASHMERE ゴビ カシミヤ
GOBI CASHMERE ゴビ カシミヤ

 

毛布の選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

先程も述べたように、毛布は種類が豊富。また、睡眠はより良い生活を送る上で、欠かせない時間ですよね。自分に合った毛布を購入することで、睡眠の質を向上させることができ、生活の質の向上にもつながるのです。

そんな毛布を購入する為には、購入する前に選ぶ際のポイントをおさえておくことが大切。これから毛布を選ぶ際のポイントを3つにしぼってご紹介しますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

素材で選ぶ

毛布に使われる素材によって保温力だけではなく肌触りにも変化します。それぞれの素材の特徴を理解することで、自分にあった毛布を選ぶことができるでしょう。それでは、ここからは素材別ごとに解説していきたいと思います。ぜひ毛布選ぶの参考にしてみてください。

 

【麻】

朝は、毛布以外にもタオルケットやブランケットなどにもよく使われている素材になります。涼しげな肌触りが特徴です。この朝の素材の毛布の利点は、このさらっとした肌触りから、一年中使うことができるという点です。

また、洗濯も簡単で、洗濯機での選択が可能。清潔を保ちたい毛布なのでいつでも洗うことができ、清潔なものを使うことができます。

他の素材の毛布に比べて保温性などにはかけるので、保温性が優れながら麻の毛布を使用したいという方には、厚手の麻の毛布をおすすめします。見た目もカジュアルで、おしゃれな印象を与えてくれるでしょう。

 

【ウール】

ウールとは、羊毛のことをさします。このウールの特徴は保温性が高い点です。また、吸湿・放出性にも優れているのも特徴になります。ふんわりとしたあたたかさがあり、温かさを感じつつ蒸れにくいというのも嬉しいポイントです。

ふんわり感が魅力のウール素材の毛布ですが、毛玉がつきやすいのでこまめな手入れが必要になります。また、汚れもつきやすいので目立ったらすぐに取り除くことをおすすめします。家庭で洗濯できるタイプの毛布を選ぶと簡単に手入れができるでしょう。

 

【綿】

綿の素材は、吸湿性が高い特徴があります。汗を吸い取ってくれつつ、いつでもさらっとした肌触りを実感できるでしょう。麻と同じく、一年中使うことができます。また、家庭での選択も可能なので、いつでも清潔に保つことができるのもポイントです。

この綿素材は天然繊維なので、小さなお子さんや敏感肌の方などでも安心して使うことができます。

 

デザイン・おしゃれさで選ぶ

より良い睡眠の時間を過ごすには、自分好みのデザインの毛布を使用することもとても大切なポイントです。仕事で疲れた夜も、毛布を見て幸せな気分になれれば、質の高い幸せな睡眠の時間を過ごすことができるでしょう。

もともと使用している寝具のアイテム(敷き布団、タオルケット、枕など)に合うようなデザインの中で、あなたの気分をあげることができるデザインのものを選べると良いですね。

 

保温性で選ぶ

毛布の役割といえば、保温することです。より保温性の高いものを選べれば、睡眠の質もきっとあげることができるでしょう。

保温性の高い毛布に使用されている素材は、繊維の間に暖かい空気の層ができやすいもの、また、体温を利用して発熱するものなどがおすすめ。更には、敷き毛布も使用すると、より効率的に体を温めることができます。

 

軽さで選ぶ

寒いとつい温かいもの、毛布をかけているという実感のために重みのあるものを選んでしまいがちですが、毛布をかけすぎることによって体が圧迫されてしまい体温が下がってしまう恐れがあります。(血行が悪くなってしまうため)

重すぎず、体を圧迫しない毛布を選べるといいでしょう。「軽くて温かい」という点がいい毛布選びのポイントです。

 

使い方で選ぶ

毛布には、布団で使うもの以外にも使い方があるのをご存知でしょうか?

勉強や、自宅での仕事をするときに便利なのが「着る毛布」です。この着る毛布は、フードがついているものや、腕が通せるもの、ポンチョのように羽織れるものがあります。一般的な毛布だと、大きすぎてしまったり、羽織ると重さを感じる、持ち運びが不便といったことも、この「着る毛布」だと羽織ることが勧められている毛布のため、手軽に体を温めることができるでしょう。

 

■関連記事はこちら

着る毛布おすすめ8選【人気の温かい種類を比較・おしゃれ可愛い】

 

その他の機能

毛布の中には、保温性以外の機能をもったものもあります。抗菌機能、防臭機能、防ダニ機能などがあると、大人はもちろん、小さなお子さんや赤ちゃんにも安心して使用することが可能です。

また、直接皮膚に触れる毛布ですから、通気性や撥水性の高いものがおすすめ。暖かいと言っても、じめじめとした空間では、質の良い睡眠はとりづらいですよね。からっとした暖かさの中にいる方が、気持ち良く朝まで眠ることができますよ。

まとめ

おすすめ毛布についてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。気になる種類は見つかりましたか?

寒い季節のマストアイテムである毛布。今では本当に幅広い種類が登場しているため、どれを選べばいいか迷ってしまうことでしょう。

そんな困ったときには、今回紹介した内容から選んでみてください。

どれも人気のある毛布ばかり!人気の秘密をぜひあなた自身で確かめてみてくださいね。

 

一緒に読まれています

オイルヒーターおすすめ8選【人気メーカー・省エネ・電気代安い】

電熱ベストおすすめ8選【人気日本製・最強ヒーターベストの種類】

パネルヒーターおすすめ8選【人気メーカー・評判のいい種類・電気代安い】

遠赤外線ヒーターおすすめ8選【人気種類・電気代安い・安全性高い等】

ガスファンヒーターおすすめ8選【人気メーカー・電気代価格安い等】

セミラックファンヒーターおすすめ8選【人気メーカー・小型や大型種類】

デスクヒーターおすすめ8選【人気足元ヒーター・省エネ・安全な種類】

布団クリーナーおすすめ8選【ダニ退治に効果的・口コミ人気種類】

布団乾燥機おすすめ8選【ダニ退治・買ってよかった人気種類】

夏用掛け布団おすすめ8選【ひんやり気持ちいい・人気おしゃれ種類】

ボックスシーツおすすめ8選【人気メーカー・素材や肌触りが大事】

可愛いベッドおすすめ8選【女の子に人気・安い種類・おしゃれ】

いびき防止グッズおすすめ人気8選【薬局市販品・枕・マウスピースなど】

洗える夏用ラグ・カーペットおすすめ8選【ひんやり気持ちいい人気種類】