妊娠線予防オイルおすすめ人気9選【薬局やドラッグストアの市販品・コスパが良い】

日焼け止め

赤ちゃんの誕生を心待ちにしている妊娠中の女性。「妊娠線は作りたくない」「美容面で気になる」といった方も多いのではないでしょうか。

家事や子育てに忙しいことから、なかなか自分のケアに時間をかけることができず、ついおろそかになってしまうという方もいらっしゃることでしょう。とはいえ、肌の保湿ケアをしないことには妊娠線という一生モノの痕が残ってしまうのも事実です。

そんな時には妊娠線予防オイルで保湿ケアすることが大事。妊娠線予防オイルは使用することで肌の伸びがよくなり、妊娠線を作りにくくする効果が期待できます。

そこで今回は、さっと塗れて妊娠線を予防できる保湿オイルをご紹介します。比較的薬局やドラッグストアで手に入りやすく、お財布にも嬉しい商品を厳選していますので、ぜひご覧ください。

 

そもそも妊娠線とは

妊娠中に現れてしまう妊娠線とは、妊娠中の急激な体型の変動・体重の増加によって引き起こされる肉割れ線になります。別名はストレッチマークとも呼ばれていますが、医学的に使用されている線状皮膚萎縮症もしくは皮膚伸展線条という正式名称もあります。

妊娠線は初期から現れる妊婦さんもいますが、多くは体型が大きく変動していく中期以降に現れやすくなります。理由としては、7か月目以降は赤ちゃんの体重が1か月で約500gほど大きくなることや、つわりなどが落ち着き食欲が戻ることで体重が増加することが中期以降に現れやすくなります。

妊娠線と呼ばれるため、妊娠線はお腹の下あたりにのみ発生すると考える人もいます。確かにお腹の下あたりは一番妊娠線が現れやすい場所ではありますが、実は二の腕・脇の下・バスト・背中・おしり・太もも・膝裏などにも現れることがあるのです。

妊娠線が最初に現れるときはピンク色・赤味のある線がアザのように出てきて徐々に赤黒く変化していきます。ずっと赤黒いわけではなく、自然と赤黒さは無くなり、白っぽい線でよく見ないと分からないほど、目立たなくなるケースもあります。しかし妊娠線が完全に無くなることはないといわれています。

子どもの誕生は待ち遠しいものですが、出産後も残ってしまう妊娠線は極力少ない方が良い人も多いでしょう。妊娠線は、きちんとケアをしてあげることにより予防をすることができます。

 

妊娠線ができる理由

妊娠線は全ての妊婦さんに発生するものではなく、妊娠線が出来ない妊婦さんもたくさんいます。乾燥肌の人・骨盤が小さい人などに起こりやすいといわれていますが、もちろん他の原因により妊娠線はできます。乾燥肌など以外に妊娠線が出来てしまう理由には大きく2つが挙げられます。

 

急激に大きくなるお腹に皮膚が順応できない

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの3層構造から成り立っています。人間の目に見えているのは、表皮のみで、表皮の下にコラーゲン・エスラチンなどの肌の弾力成分を含む真皮があり、一番下が皮下組織という構造です。皮下組織は脂肪を含みやすく皮下脂肪がつくのも皮下組織なのです。

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんが育つため、急激な体型の変化や体重の増加が起こることがあります。赤ちゃんの成長により急激な体型の変化や、つわりなどがおさまり食欲が戻ることによる体重の増加によって、皮下組織に脂肪が蓄積されていきます。

3層構造になっているため、皮下脂肪が膨張してしまうと、真皮や表皮も伸びていきますが、柔軟性が低い真皮は膨張することにより限界を迎えて裂けてしまいます。真皮が裂けてしまいますが、柔らかく伸びやすい表皮は表面的に出血することはありませんが、一度裂けてしまった真皮は完全に元にもどることはなく裂けたままの状態なのです。そのため産後ダイエットなどで体重や体型が元に戻っても、真皮が裂けたことにより現れた妊娠線は残り続けてしまいます。

 

ホルモンの影響

妊娠線が出来る原因には、急激な体型の変化・体重の増加以外にもホルモンの影響により皮膚が割れやすい状態になることでも現れます。副腎皮質ホルモンが妊娠中には多く分泌される傾向にあります。副腎皮質ホルモンには、皮膚の基礎代謝(ターンオーバー)・コラーゲンの生成を抑えてしまう作用があります。肌は基本的にはターンオーバーによって約28日周期で新しく生まれ変わりますが、副腎皮質ホルモンによって抑制されてしまうと、古くて伸縮性の弱くなった肌が残ってしまうことになるのです。

コラーゲンは真皮に柔軟性を与えてくれる重要な栄養素ですが、コラーゲンの生成も抑制してしまう作用がある副腎皮質ホルモンは、多く分泌されることにより妊娠期間中の肌はターンオーバーが上手く作用しなかったり、コラーゲンの生成が抑えられることで柔軟性に必要な栄養素が十分に行き渡らず、肉割れを起こしやすい状態になってしまいます。急激な体型の変化や体重の増加がない妊婦さんでも妊娠線が現れてしまうのは、副腎皮質ホルモンの分泌が多いことが原因の1つともいわれています。

 

おすすめ人気妊娠線予防オイルの種類

ここからはおすすめの妊娠線オイルについてご紹介していきます。ぜひ参考になさってくださいね。

 

NOCOR ノコア ボディトリートメントオイル

アフタートリートメントクリーム

出典:楽天市場

 

サラサラとした肌触りの良い質感で使いやすいノコアの「ボディトリートメントオイル」。ホホバオイルをはじめとして植物性スクワラン・ピーチカーネルオイルなど植物由来の天然保湿成分が配合されています。ベタつきにくいタイプのオイルになっておりサラサラした質感が魅力で、ビターオレンジ花油由来のオーガニックネロリの香りが優しく香ります。

天然由来のオーガニック製品や、ライトな質感のものを探している人におすすめの妊娠線予防オイルです。発売以来雑誌やメディアなどでも取り上げられることが多く、モンドセレクションを7年連続で受賞するほど多くの妊婦さんの支持を獲得しています。

ノコアのファースト ボディトリートメントオイルが多くの人に選ばれる理由は大きく3つあります。

 

【しっかりと浸透する】

美容ビタミンとも呼ばれているビタミンCをお肌に届きやすい形にしたビタミンC誘導体天然由来成分により、肌の奥までしっかり浸透することです。桃の種を圧搾して抽出したピーチカーネルオイルは、ミネラル・ビタミンEを多く含んでいるため、ゆっくりと時間をかけて皮脂に浸透して保湿をしてくれます。

 

【潤いの元を作る】

保湿だけでなく、自ら潤いを生み出す肌へ整えてくれることです。モロッコの南西部に生育しているアルガンツリーの実から採取される希少なオーガニックアルガンオイルを使用しています。

ビタミンE・ポリフェノールを豊富に含んでいますので、肌に栄養素を与え肌本来の肌めぐりへとサポートしてくれます。また、ムルムルヤシの木から抽出されたムルムルバターにより肌に潤いの膜を作り内側からしっかりと保湿し、ハリ・弾力を強化してくれる効果も期待できるでしょう。

 

【コスパが良い】

使いやすいポンプ式で大容量の100mlであること。オイルの伸びが良いため、毎日使用をしても1本で1か月から1.5か月ほどケアすることができます。お肌のバランスが不安定になりやすい妊娠初期から産後まで使うことができるのもおすすめのポイントですよ。

 

WELEDA(ヴェレダ) マザーズ ボディ オイル

WELEDA(ヴェレダ) マザーズ ボディ オイル

出典:楽天市場

 

ヴィレダのママケアシリーズは、産前、産後のママをいたわる天然由来成分配合のオーガニックオイルを使用したボディー用マッサージオイルです。高品質アーモンドオイル配合で、デリケートな肌にやさしくなじみます。

天然エッセンシャルオイルを使用したやわらかなフローラルのいい香りで、ゆったり癒されながらスキンケアを行うことが可能です。ヴィレダの天然オーガニックマッサージオイルで、妊娠中の保湿ケアにも癒しを取り入れてみてください。

WELEDA(ヴェレダ)マザーズ ボディオイル
ヴェレダ(WELEDA)

 

ネイチャーラボ フレイオイル

ネイチャーラボ フレイオイル

出典:楽天市場

 

世界のママから愛されているオールスキンタイプのマッサージオイルです。フレイオイルは生みの親であるウォルター・ブーホン氏が最愛の奥さんからお腹にできたラインをどうにかしたいと相談されたことからだといわれています。

ウォルター・ブーホン氏は奥さんのために自ら植物オイルを調合し、試行錯誤の末にフレイオイルを完成させたそうです。大切な奥さんの悩みを真剣に考え、作り出したオイルは、世代を超えて多くの女性に愛されています。

植物由来のオイルにビタミンをプラスしているリッチな使用感が魅力のオイル。ひまし油・ホホバオイルなどにビタミンA・Eを配合しており、心地よさに配慮しているテクスチャーが優雅なスキンケアタイムを演出してくれます。アルコール・着色料・防腐剤等などは使用しておらず、ビタミンA・Eと天然植物オイルで、柔軟でみずみずしい肌へと導いてくれます。

また、妊娠予防線として使い、出産したあとでもママご自身が使用することができる他、ベビーマッサージにも使用することができるオイルとなっているのも魅力ポイントです。

 

Pigeon ピジョン ボディマッサージクリーム

Pigeon ピジョン ボディマッサージクリーム

出典:楽天市場

 

ベビー用品国内メーカーのピジョンが販売している、妊娠中の方向けボディーマッサージクリームです。シアバターと2種のコラーゲン、3種のヒアルロン酸が配合されており、肌への浸透成分が角質層までしっかりとなじみます。着色料、香料無添加で肌にやさしく、香りが気になるという方にもおすすめの商品です。ふわっと軽い感触の使用感でベタつかずに使用でき、ポンプタイプで乾燥した肌に手早く使うことができますよ。

 

BIOOIL バイオオイル 美容オイル Biooil

BIOOIL バイオオイル 美容オイル Biooil

出典:楽天市場

 

世界的に根強い人気を誇るバイオイルは、南アフリカ共和国で発売され、現在はなんと162ヵ国で販売されているスキンケアオイルです。有名なセレブからも愛用されており、メーガン妃も普段のスキンケアや妊娠中にも使っていたといわれています。

バイオイルには、12年もの歳月をかけて研究された「ピュアセリンオイル」という肌への浸透成分が配合されており、サラッと塗れて角質深部までベタつかずに浸透します。他のものと比べるとややお値段のするバイオイル。安定期から使用可能ですので、妊娠初期から塗り始める場合は他のオイルと併用して使うこともおすすめです。

BIOOIL バイオオイル 美容オイル Biooil
バイオイル

 

SAKURA&NATURAL マッサージオイル ゴールデンホホバオイル

SAKURA&NATURAL マッサージオイル ゴールデンホホバオイル

出典:楽天市場

 

100%天然由来成分にこだわった非加熱製法のゴールデンホホバオイルです。ホホバから抽出したしぼりたてのオイルをそのまま非加熱製法にすることで、より美容成分が豊富でしっとりとお肌にうるおいを与えます。

ゴールデンホホバオイルには、ワックスエステルといった人間の皮脂に近い成分が豊富に含まれており、お肌にハリとツヤを与え、美容成分の効果を高めてくれることが最大の魅力。オーガニックオイルで低刺激なので、肌の弱い方や全身に使いたい方にもおすすめです。大容量でコスパもよく、ポンプ式で手軽に使うことができます。

 

ヴァセリン ペトロリュームジェリー 保湿クリーム ワセリン

ヴァセリン ペトロリュームジェリー 保湿クリーム ワセリン

出典:楽天市場

 

ヴァセリン社が販売しているワセリンは皮膚の保護や保湿に優れており、無香料・無添加・無着色・防腐剤不使用で、赤ちゃんにも安心して使える保湿剤。価格もリーズナブルで、ドラッグストアなどで手に入りやすいです。

100%ピュアワセリン配合で、肌表面をコーティングしてうるおいバリアを張り、肌を乾燥から守ってくれます。塗ってからしばらくしっとりが続くのは、塗り直しもいらないので嬉しいですよね。

 

ニベア スキンミルク クリーミィー ボディミルク

ニベア スキンミルク クリーミィー ボディミルク

出典:楽天市場

 

ニベアのボディーミルクは角質浸透成分や保湿成分、うるおい持続成分が配合されていて、肌を乾燥から守り、うるおいが奪われるのを防いでくれる商品です。

3種類のタイプからご自分にあった肌質、使用感で選ぶことができます。
さっぱり:乾燥肌~普通肌(さらっとタイプ)
しっとり:超乾燥肌~乾燥肌(しっとりタイプ)
クリーミィ:乾燥肌(なめらかタイプ)

ボトルタイプなので収納する際もかさばらず、持ち運びもしやすいため外出先でもさっと取り出して使用することができておすすめですよ。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン ジョンソン ジョンソン ベビーオイル

Pigeon ピジョン ボディマッサージクリーム

出典:楽天市場

 

ジョンソンのベビーオイルは生後1日の赤ちゃんにも使える低刺激でやさしい商品です。無香料・無着色でミネラルオイルの成分が肌を保護してくれます。さらさらして伸びがいいので、時間をかけずにさっと塗ることができますよ。

オイル成分が肌を柔らかくし、妊娠線の予防にはもちろん、クレンジングやヘアオイルとしての使用もできるため、無駄になる心配もありません。薬局やドラッグストアでもよく販売されている商品のため、低価格で手に入りやすく非常に使い勝手の良い商品です。

 

妊娠線予防オイルの選び方やを選ぶ際のコツ・ポイント

ボディオイルは肌につけて使うものですので、自分の肌に合ったものや気に入った商品を選びたいですよね。

そこで、ここからは商品選びのポイントや選ぶ際のコツについていくつかご紹介します。大事なポイントを意識していただくことで、失敗することなくご自分に合った商品を選ぶことができますよ。

 

低刺激でやさしい成分のものを選ぶ

妊娠中の女性の肌は敏感ですので、肌にやさしいものを選ぶことがおすすめです。また、保湿効果の高いものを選ぶことで、予防効果が高くなります。

商品によっては美容成分が入っていたり、オイルの種類が違ったりとその特徴はさまざまです。商品を手に取る際に、どんな成分が入っているのかをチェックすることで安心して使用することができます。なるべく肌への刺激が少なく、添加物は含まれていないものを選ぶ方が良いでしょう。

 

伸びがよく、肌なじみのいいものを選ぶ

妊娠線予防のオイルは毎日おなかにたっぷり塗って使うものなので、伸びの悪いものだと塗りにくいことがあります。そのためクリームタイプの場合はやわらかめ・オイルは固めではなくさらさらタイプがおすすめです。妊娠線予防には毎日コツコツ塗ることが大切ですので、使用感の良さは商品選びの大きなポイントとなります。

 

保湿力の高いタイプ

妊娠線予防のアイテムの中で、1番オイルタイプが保湿力が高いと言われています。オイルタイプの妊娠予防アイテムは比較的に伸びがいいので、少量手に取れば広範囲に塗り込むことができることができるでしょう。また、浸透力も高いので、お腹の全体を保湿することができます。

注意したい点はオイルタイプの妊娠予防アイテムはベタつきを感じやすいということです。気にならないという人もいるかと思いますが、クリームタイプやジェルタイプなど、他のものに比べるとオイル特有のベタつきを感じる場合があります。さらに、オイルを塗った直後に洋服を着たり、下着が当たってしまうとオイルが服や下着についたり、場合によっては染み付いてしまう可能性があるので注意が必要です。

このようなオイル特有のベタつきが苦手な場合や、洋服屋下着などへの付着・または染み込みが嫌だという場合にはオイルタイプを使うのは避けることをおすすめします。もしくは、塗布した後は少し時間を置くと付着することはありませんので、使用方法を工夫してもいいでしょう。

 

サンプル・試供品を試してみる

商品を1番実感しやすいのが、サンプルを試す方法です。店舗によっては陳列棚にサンプルを配置してくれているところもあります。実際にサンプルをご自身の肌に試してつけることで、使用感や肌なじみの良さ、肌に合うかどうかの基準となります。ドラッグストアなどでの購入を検討されている方にはおすすめの方法です。

 

香りは微香料か無香料がおすすめ

妊娠中の女性は、ホルモンバランスの関係によって、強い香りのものが苦手になってしまうことや、以前と香りの好みも変わってしまうことがあります。そもそも香り自体が苦手になってしまう方も中にはいらっしゃるようです。そのため無香料のものか、香りのあるものでも微香料でご自身の好きな香りのものを選ぶのが良さそうです。

微香料や無香料をすすめる上記以外の理由としては、妊娠中に使い切らなかったオイルを産後も使うという場合、特に赤ちゃんにも使うという場合には特に無香料のオイルがすすめられています。デリケートな赤ちゃんの肌には、必要以上の成分が添加されていないものが好ましいので、香り付きのものよりも無香料などの添加されている成分がより少ないものがいいのです。

しかし中には、香り付きのものを使うことによってリフレッシュ・リラックス効果を期待したいという方もいるでしょう。そんな時には香り付きのものと、無香料のものの2つを使い分けるのがおすすめ。例えば、朝には無香料で影響がないオイルを夜には疲れをとったりなどのリラックス効果のために微香料、または香り付きのオイルを使うといいでしょう。

朝と夜の2回オイルを塗ることによって、十分にお腹の保湿もされるのでおすすめです。

 

コストパフォーマンスを考えて選ぶ

毎日使い続けてケアをしてあげることが、妊娠線が現れるのを最小限に抑える重要ポイントです。1か月の使用料の目安は約60mlから80mlといわれていますので妊娠期間中から産後まで1年近く続けるには、かなりの量が必要になります。

コストを抑えるために1回に使う量を少なくすると保湿効果の発揮が少なく妊娠線予防がうまくいかないこともあります。また、安い妊娠線予防オイルを購入しても量が少ないと買い足しにより結果として、コストが大きくなってしまうこともあります。妊娠線予防オイルを購入する際には、内容量と価格に注意して数か月間継続して購入して使うことができる商品かを確認して選ぶのがポイントですよ。

最近では、メーカーから直接購入する場合などは定期購入などで割引となる商品などもありますので、商品単体だけのコストだけでなく、妊娠線予防オイルを使用する期間の合計内容量と合計コストを計算してみるといいでしょう。

 

低刺激でやさしい成分のものを選ぶ

妊娠中に避けたほうがいい成分は以下のものになります。

・ハイドロキノン
・サリチル酸
・パラベン
・トルエン
・トレチノイン

これらは普段より肌の状態が敏感になっている妊婦の方にとっては刺激が強いと言われています。成分をしっかり確認して、心配な方はこれらの成分が含まれているオイルは避けたほうがいいでしょう。

妊娠中の女性に特に人気なのは「天然成分配合」のオイル。妊娠中の敏感な肌やデリケートな時期にぴったりのこのオイルは、安心して使うことができるという声も多いのが特徴です。

また、妊娠することにより、妊娠前と肌の状態が変化することも多いと言われています。そんな時でも天然成分配合のものであれば、どんな肌の人でも使うことができるようなアイテムとなっていますので、安心して買うことができますし、肌に合わないなどといった肌トラブルも予防することができるでしょう。

肌トラブルなど、妊娠期は一つでも多くの不安を軽減していきたいものです。天然成分配合のものを使い、肌に優しいアイテムを使うことで快適に妊娠中の生活を送ることができるでしょう。

 

アレルギーテストも大事

最近では、「アレルギーテスト済み」のものや「パッチテスト済み」のものも出て着ており、敏感肌の人でも安心して使うことができる商品も増えてきています。「アレルギーテスト済み」または「パッチテスト済み」の妊娠予防アイテムについては、全て「どんな人の肌にも使える優しい成分で作られている」ということになります。

どんな妊娠線予防オイルを使ったらいいのかわからないという方や敏感肌の方、妊娠後の肌質の変化が心配などという方にはこのような「アレルギーテスト済み」「パッチテスト済み」のアイテムを使うことがおすすめです。

肌に優しい成分で作られていることにより、赤ちゃんが生まれてからもベビーオイル代わりや、引きづつきお母さんのボディーオイルとしても使うことがで切るのでとても便利です。

 

内容量で選ぶ

妊娠予防線オイルを選ぶ際には、内容量で選ぶのも1つのポイントです。妊娠中期から赤ちゃんが急激に成長するため妊娠線もできやすくなります。

妊娠線を予防するためには毎日最低1日2回のケアが必要です。1日に2回のケアが必要な妊娠線予防は、アイテムの消費スピードも早いため、なるべく大容量のタイプがいいでしょう。

お腹が大きくなってくると買い物に行くのも大変な時がありますよね。大容量タイプのオイルを選んだりまとめ買いできるオイルを選ぶなどして、買い物の頻度を減らすのにも大容量タイプはおすすめです。

 

口コミで選ぶ

妊娠線予防のクリーム1つとっても、たくさんの種類があって迷ってしまう人も多いことでしょう。そんな時には、SNSやネットで調べて実際に使った人の口コミをチェックするのも一つの手です。

公式サイトの口コミではなく、SNSなどの口コミはいい評価もそうでない評価も書いてあり、実際に使った人の生の声を聴くことができます。「使ってみたら~だった」ということは、実際に使った人にしかわからないことですし、何種類も試すことができない中でそのような声を聴いて判断するということは妊娠線予防オイルの賢い選び方ではないでしょうか。

妊娠線予防はいつからするべき?

妊娠線予防はいつから始めたら良いのでしょうか。おすすめされているのは、妊娠発覚後すぐから始めること。妊娠発覚後は、さほどおなかも大きくはないので予防といってもイメージが付きにくい方が多いかと思いますが、妊娠線ができにくくするには皮膚を柔らかくしておくことが大切なのです。

妊娠線は固い皮膚の状態で、おなかが大きくなると皮膚が耐え切れずに妊娠線ができてしまいます。そのため、妊娠発覚後のおなかが大きくない状態から皮膚を柔らかくしておき、おなかが大きくなった時でも皮膚が伸びる状態にしておくことで妊娠線を予防することができるのです。

おなかの大きさや段階は個人差があります。おなかが大きくなるタイミングと妊娠線ができるタイミングは必ずしも否定するわけではありません。自身のおなかの皮膚の状態によっては妊娠線が早い段階から目立ってしまう可能性もあるでしょう。そのため、できるだけ早い時期から妊娠線予防をしておくのが安心だといわれています。

 

妊娠予防オイルはいつまで塗ればいいのか

妊娠初期から塗ることが進められている妊娠予防オイルですが、いつまで塗るのがいいのでしょうか?

妊娠線というと、おなかが大きくなる時にできるイメージであり、それ以降のことはあまり耳にしませんよね。しかし、おなかの大きさが戻るときにも皮膚には大きな負担がかかるのです。臨月の大きなお腹から元に戻ろうとするので、急激な変化に皮膚も耐えられなくなってしまうのです。

その影響により、妊娠線は1度できたら戻りにくいとされています。そのため、出産した後もしばらく妊娠予防オイルを塗って、肌を保湿する必要があるのです。

妊娠線オイルを塗り終わる時期は、お腹が出産する前に戻るまでが目安とされています。しかし、出産後は子育てが待っており、大変さは続きます。なかなかしっかりとケアを続けることが難しい人も多いでしょう。

お腹が戻るまでがいいとされていますが、最低でも産後から1か月までは塗り続けられると結果が全く変わってきます。産後1か月という時期は、妊娠前のおなかにほとんど戻っている時期です。このお腹が戻る際には、大きくなっていた時の状態に比べて肌の負担も少なくなっています。せめてこの時期までには妊娠ケアを行いましょう。

妊娠線のケアをしなくても跡が残るだけで支障はない人もいますが、なかには妊娠線が目立ってしまった、炎症が起きてしまった、肌の調子が悪いといった問題が起こってしまう可能性もあります。

このような事態になってしまっては、かえって大変なことになり、「妊娠線ケアをしておけばよかった」などと後悔することにもなりかねません。そうならないためにも、せめて産後1か月までは妊娠線ケアをすることをおすすめします。

 

妊娠線予防オイルの効果的な塗り方とは

ここからは、より効果的な妊娠予防オイルの塗り方についてご紹介します。是非参考にしてみてください。

 

オイルを塗るタイミングは1日2回

まず、オイルを塗るタイミングですが、「朝とお風呂上がり」の2回がいいとされています。お風呂上がりは、肌の柔らかくなっているので保湿されていると思いがちですが、実は肌に潤いを与えたほうがいいタイミングなのです。とても乾燥しやすい状態になってしまったいるので、しっかりと妊娠予防のオイルを塗ることが大切です。

1日2回以上オイルを塗ることで、お腹が常に保湿されている状態に近くなります、できるだけ無理のない範囲で塗ることを心がけましょう。

さらに、塗る際には少し手の温度で温めてから塗るとさらに効果的です。オイルの人肌に温められることで伸びも良くなりますし、馴染みも良くなりますよ。

 

体のパーツごとの塗り方

お腹

くるくると大きく円を描くように塗るといいでしょう。手の力を抜いて優しく塗布してみてください。お腹が大きくなってくると、おへそから下の部分が見えにくくなります。そのためつい塗るのを忘れてしまったり、塗り忘れが出てきてしまいがちですので、できるだけ忘れずに塗るといいでしょう。

 

胸は、産後の授乳期に向けてリンパの流れを良くすることが大切です。赤ちゃんへ母乳をあげる準備段階として妊娠機からのケアがポイント。胸は全て下から上へとリンパの流れを意識しながら行うといいと言われています。胸の下などは塗りムラなどができてしまいがちなので意識的に塗り込んでいきましょう。

 

お尻〜太もも

お尻から太ももに関しても、リンパの流れを意識して下から上にオイルを塗っていきます。力を入れすぎず、優しく塗り込んでください。妊娠きはむくみやすいとも言われているので、リンパの流れに沿ってオイルを塗りながらマッサージをするともっと効果的です。

 

ふくらはぎ

お腹が大きくなってくると、ふくらはぎを触ったり、オイルを塗ったりするときの態勢がきつく感じる場合があります。お腹が苦しい、息苦しいと感じる場合にはオイルを塗るのは控えてください。

お腹がそこまで大きくないうちや、妊娠して間もない時にはお腹の大きさや、重さを体で支えるべくむくみやすくなり、ふくらはぎに疲れが溜まりやすかったりします。できる時には足を曲げてリラックスした態勢になりながら、オイルを下から上へと塗り込んでください。特に足首は、オイルを塗りながらマッサージも兼ねてリンパを流すようにするとむくみが軽減されますよ。

 

二の腕

二の腕は特に脂肪がつきやすい部分とも言われています。下から上へ脂肪を流すようなイメージでオイルを塗りましょう。力を入れすぎると赤くなってしまったり、痛みを伴ったりする場合がありますので、マッサージを兼ねて行う場合でもほどよい加減で行なってください。

 

妊娠線ができやすい場所

妊娠線はお腹の下あたりだけにできるわけではありません。お腹の下あたり(子宮がある位置)は、お腹が大きくなるため妊娠線ができやすくなる場所ではありますが、お腹以外にもできますので注意が必要です。

お腹の下あたり以外で妊娠線ができやすいといわれている場所が、二の腕・脇の下・バスト・背中・太もも・膝裏などがあります。妊娠線は痛みなどがないといわれているため、中々気づくのが難しいものです。特に見えにくい場所などは注意してケアをしてあげるのがおすすめです。

 

妊娠線は妊婦全員に出るわけではない

妊娠線は必ず妊婦さん全員に出来るわけではありません。妊娠線ができやすい人とできにくい人がおり、妊娠線ができやすい人には4つの特徴があるので、当てはまる人は妊娠線対策に気を付けてみてはいかがでしょう。

妊娠線ができやすい人の4つの特徴は乾燥肌・骨盤が小さい・経産婦・多胎妊娠です。乾燥肌の人の場合、乾燥は肌の柔軟性を低下させてしまうため、慢性的な乾燥状態が続いている人は妊娠線ができやすい傾向となります。

骨盤が小さい人や経産婦・双子ちゃんなどの多胎妊娠の人などは、お腹が大きくなりやすいのが特徴です。皮下脂肪で大きくなるだけでなく、子宮の膨らみによっても妊娠線ができやすくなります。真皮組織は、横向きに対する伸縮率が弱いため前にお腹が大きく出てくることで、皮膚が横に引っ張られてしまうと妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

妊娠線は妊娠中期以降にできやすい

妊娠線ができやすくなるのは体型の変動が大きくなりだす妊娠中期以降といわれています。7か月以降は、お腹の赤ちゃんは1か月で500gほど大きくなることもあり、つわりが落ち着くのと同時に食欲も出てくるため第重が増加しやすくなる時期でもあります。そのため、お腹の赤ちゃんの成長とつわりが落ち着き食欲が出てくる時期が重なるため、体重の増加に繋がり妊娠線ができやすくなるとされています。

 

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防するのは急激な体重の増加に気を付けるなどの方法がありますが、実はそれ以外にもあるのです。

 

リラックスして過ごす

体重の変化に気を付ける以外に、妊娠線を予防するにはリラックスして過ごすことも大切です。妊娠している期間は、副腎皮質ホルモンが増加するのですが、副腎皮質ホルモンの増加も妊娠線が出来る1つの原因であるといわれています。副腎皮質ホルモンの1つであるコルチゾールは、身体と心のストレスに反応して分泌されるため、別名ストレスホルモンとも呼ばれています。

つわりなどによる身体の疲れからくるストレスや、不安などからくるマタニティーブルーなど身体と心の両方にストレスを感じやすくなってしまいます。心と身体のストレスがコルチゾールの分泌を促してしまうことがありますので、リラックスして過ごすことが妊娠線を予防する方法でもあるのです。

リラックスして過ごすことでお母さんや赤ちゃんの心と身体の健康だけではなく、妊娠線の予防にも繋がりますので、ご自身がリラックスすることができる環境などを整えてみるのもおすすめです。

 

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線は必ずしも全員にできるものというわけではありません。それは程度も含まれます。

妊娠線ができやすいといわれている人の特徴は以下の通りです。自身が当てはまるかどうか、ぜひチェックをしましょう。

・乾燥肌、敏感肌の方
・睡眠不足の方
・第二子、双子を妊娠している方
・痩せている方
・甘いものや油っぽいものを好む方

妊娠線は、皮膚に現れるものですので肌の調子とも密接な関係にあります。乾燥している肌であれば妊娠線が目立ちやすく、生まれやすいのです。

潤いがあり弾力がある肌の場合には妊娠線ができにくく目立ちにくいとされています。肌が乾燥したり、潤いや弾力がかけてしまったりする肌というのは、食生活や生活習慣の乱れも一つの原因です。

妊婦期間は特に自身の健康や生活習慣に注意する必要があります。自身の健康状態や摂取する食べ物によってお腹の赤ちゃんの発育に影響するためです。

以上の特徴に当てはまる方は、生活習慣や食生活に気を配ったり、妊娠予防のケアを早くから始めたりしてみてください。

 

効果的な妊娠予防マッサージ

妊娠予防がより効果的になるようにマッサージ方法をチェックしましょう。自身の好みや肌に合った妊娠予防オイルとともに、しっかりとケアができるといいですね。

① 妊娠予防オイルを手に適量乗せる
② 手のひらを合わせて妊娠予防オイルを温める(皮膚になじみやすくなります)
③ 下腹部のあたりから胸のほうへとゆっくり優しく塗りこむ(おなかを圧迫しないように気を付けましょう)

妊娠線予防のマッサージの際には力を入れる必要はありません。皮膚にやさしくオイルを塗りこむことによりじんわりと皮膚にしみこませていきます。くれぐれもおなかの中に赤ちゃんがいますので、力を入れすぎないようにしてください。

また、摩擦や力加減などによっては皮膚が炎症を起こしてしまったり、赤みの原因となってしまいます。マッサージをやりなれていない、またはやったことがないという方は、力加減が難しいかと思います。そんな時には手に力を入れずになでるくらいの加減を意識してみてください。

 

妊娠線は消えるもの?

1度できてしまった妊娠線は自然に消えるのでしょうか?残念ながら妊娠線は1度できてしまうと完全に消すのは難しいといわれています。

妊娠線ができている状態というのは、皮膚の内側の組織が断裂してしまっているということであり、いわゆるケガをしている状態になります。しかし、表面的なケガとは違って、体の内側の組織を完全に修復するということは難しいのです。

年齢によってケガの跡なども治りにくくなりますよね。それと同じく、体の内部の組織が回復するというのは難しいですし、それ以上に困難なのです。

1度できた妊娠線を消す方法は、現在確認されていません。そして、1度でき始めた妊娠線はどんどん増えていき、目立っていくことが多いです。そのため、妊娠線ができる前から予防をすることが大切なのです。

 

妊娠線ができてからでは遅い?

妊娠している方の中には妊娠線予防の適切なタイミングを知らないまま、妊娠線ができてしまったという方もいるかと思います。「1度できてしまったらもうておくれなのか」と不安になりますよね。

程度にもよりますが初期の段階であれば妊娠線の進行を遅らせたり目立つのを防ぐことができるとされています。妊娠線を確認できたその日から、乾燥が気になるときなどにこまめに保湿ケアをしていきましょう。

また、保湿ケアと同じく大切なのは「生活習慣を正す」ということ。適度に体を動かし、食事に気を付け、入浴で体を温めて皮膚を伸ばすという習慣も合わせて大切です。

クリームとオイルの違いと特徴は?

妊娠線予防アイテムといってもクリームやオイル・ローションタイプなど様々なテクスチャーがあります。クリーム・オイル・ローションタイプはそれぞれに違いや特徴があります。それぞれの違いを把握して自分に合った妊娠線予防アイテムを選ぶことが大切です。クリーム・オイル・ローションタイプのそれぞれの特徴などを見ていきましょう。

 

クリームタイプ

まずはクリームタイプの妊娠線予防アイテムです。クリームタイプは乾燥肌の人や乾燥する季節のスキンケアにおすすめのタイプです。肌に潤いを与えてくれる力と、潤いを保ってくれる両方の力が強いため、妊娠中期間が乾燥しやすい時期と重なる妊婦さんにおすすめのタイプでしょう。

1年中乾燥肌の人もいますが、基本的に冬は乾燥しやすい時期になります。そのため、夏の暑い時期などはクリームタイプはべたつきやすく使い勝手が悪く感じることもあるでしょう。オイルやローションと比較すると、少量では肌に伸びにくいため使用量が多くなることもありますので、夏と冬でクリームタイプとその他で使い分けるのもおすすめです。

Mama&Kids ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム
ママ&キッズ

 

オイルタイプ

オイルタイプの妊娠予防線アイテムはオーガニック由来の成分のみで作られている商品が多いため、敏感肌の人にもおすすめのタイプのアイテム。伸びが良いので妊娠線ができやすい箇所だけでなく全身のケアにも使うことができるのが大きなポイントです。オイルタイプの妊娠線予防アイテムは、保湿力には優れていますが保水力は少し低めのため乾燥肌の人などは別のアイテムと併用するのもいいでしょう。

AMOMA(アモーマ) マタニティオイル
AMOMA natural care

 

ローションタイプ

ローションタイプの妊娠線予防アイテムは、クリーム・オイルタイプ両方の良いところを持っているタイプ。滑らかで伸びやすく、ベタつかないタイプも多く揃っており、夏場のお手入れにも最適なタイプの妊娠線予防アイテムです。

クリームとオイルタイプ両方の良いところを持っているローションタイプですが、保水力・保湿力はクリーム・オイルタイプと比較すると少し低いので、朝はローションタイプ、夜はクリームかオイルでしっかりとケアすると併用するのがおすすめです。

Mama&Kids ママ&キッズ ベビーミルキーローション
ママ&キッズ

 

まとめ

今回はおすすめの妊娠線オイルについてご紹介していきましたが、気になる種類は見つかりましたか?

女性なら気になる妊娠線。絶対に痕は残したくないことでしょう。

そんなときには妊娠線オイルで丁寧にケアをして、痕を残さない努力をするようしてくださいね。

 

一緒に読まれています

妊娠線予防クリームおすすめ【コスパ最強人気市販品・薬局やドラッグストア】

出産祝いのギフトカードおすすめ【バースデイ・人気ギフト券】

オーガニックプロテインおすすめ【人気市販品・ダイエットに効果的】

婦人体温計おすすめ人気【薬局やドラッグストア市販品・妊婦用】

ベビーシャワーもらって嬉しいもの【おすすめ人気プレゼント】

ボディクリームおすすめ【人気プレゼント・薬局市販品・いい匂い】

汗拭きシートおすすめ【赤ちゃんも使える・いい匂い人気種類】

赤ちゃん(子供)部屋でも安全な加湿器おすすめ人気種類【寝室でも安心】

正確に測れる非接触体温計おすすめ人気【赤ちゃんや大人も使える】

蚊取り線香おすすめ【人気市販品・赤ちゃんへの影響や害がない大丈夫】

除菌スプレーおすすめ【赤ちゃんにも安心な市販品・安全人気消毒】