ソロテントおすすめ9選【人気メーカー種類・コスパ最強・初心者用】

アウトドア好きには定番の趣味なのが、キャンプですよね。

1人でキャンプに行きたい時に必要となるのがソロテントです。

大きな買い物になりますし、種類も豊富なので、初めて購入する時には迷ってしまいますよね。

そこでこれから、ソロテントを選ぶ際のポイントと、実際におすすめするソロテントについてこれからご紹介していきたいと思います。

ソロテントの選び方と選ぶ際のコツ・ポイント

キャンプは生活すべてを自分の力だけで行う環境ですよね。

そんな時に身を守ってくれるのがテント。特に1人のキャンプで必要となるソロテントは、本当に安心できる空間になりますね。

せっかく購入するのですから、長い間愛用できるような、あなたの好みにしっかりフィットしたソロテントを選びたいですね。

ソロテントを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、これからそのうちの3つをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

設営のしやすさ・作りやすさで選ぶ

1人での設営は、予想以上に焦ってしまってうまくいかないもの。初心者は特に、設営が簡単なものを選びたいですね。

テントの設営方法には、ワンタッチ式、ポップアップ式、ワンポール式の3つに分かれています。

ワンタッチ式は4本のポールを自分で伸ばして完成させるタイプになっています。頑丈なところが特徴で、本格的なテント泊を体験したい場合におすすめです。

ポップアップ式は収納ケースから出して開くと、そのままテントになってくれるので、設営がとても簡単です。耐久性はそこまで高くありません。

ワンポール式は設営に少し時間は掛かりますが、真ん中に立ったポールを立ち上げることで設営できるので、1人でも簡単に設営できます。

 

重さ・軽さで選ぶ

1人でのキャンプの場合、荷物はできる限り減らしたいものです。

テントが重いと、それだけ持っていける荷物も減らさなければならなくなってしまいますね。

そこで、軽いものを選ぶことがおすすめです。

テントは大きく分けるとシングルウォールタイプとダブルウォールタイプの2種類があります。

シングルウォールタイプの方が軽量ですが、結露に弱いというデメリットがあります。

ダブルウォールタイプはシングルウォールタイプよりも重いですが、軽い素材のものを選べば多少は軽いものを見つけることもできますよ。

軽いものであれば2kg以内のものもたくさんありますので、重量はしっかりチェックしましょう。

 

前室の有無で選ぶ

ダブルウォールタイプであれば、前室がついているものがあります。

前室がついていると、キャンプ道具やバイクなどを収納することができる為、とても便利ですよ。

前室があると居住スペースもしっかり確保することができ、よりゆったりと過ごすことができそうですね。

居住スペースと荷物置き場ははっきり分けたい、という場合には、迷わず前室のあるソロテントを選ぶようにしましょう。

おすすめ人気ソロテントの種類

コールマン クイックアップIG

コールマン クイックアップIG

出典:楽天市場

 

ポップアップ式のソロテント。防水加工がされていたり、虫除け機能をもっていたりするところが嬉しいポイントです。

床からの水の染み込みもしっかりおさえてくれますよ。

重量が約2.5kgで、コンパクトで軽いので荷物もうまくまとめられそうですね。

1万円以下で購入でき、コスパのとても良いソロテントです。

 

ローカスギア Khufu HB Kit

ローカスギア Khufu HB Kit

出典:楽天市場

 

ワンポール式のソロテント。ローカスギアは、軽量に特化しているブランドで、こちらのソロテントはなんと1.1kgという軽さです。

軽さの秘密は、シリコン素材とPUを、ハイブリッド・コーティングしているところにあります。

使いやすさにも細部までこだわっているので、1人でもちゃんと使いこなせそうですね。

 

DOD ライダーズバイクインテント

DOD ライダーズバイクインテント

出典:楽天市場

 

ワンタッチ式のソロテント。前室がついているので、荷物をテントの中にしっかり収納できるところがとても嬉しいですね。

出入口が2ヶ所用意されているので、バイクのような大きな荷物を中に入れた後も出口に困る心配はありません。

耐水圧の機能がついていたり、風通しの良い作りだったりと、嬉しいポイントが盛りだくさんですよ。

 

モンベル クロノスドーム2型(1122491)

モンベル クロノスドーム2型(1122491)

出典:楽天市場

 

モンベルが独自で特許を取得している“バーティカル・クロス・システム”というポールを交差させる仕組みが採用されており、広い居住空間を確保してくれているソロテントです。

2.18kgという軽さも嬉しいですね。

天頂部が広いこともあり通気性にとても優れているので、室内の温度調整を容易に行うことができます。

春、夏、秋と3シーズンに対応しているので、年中通してキャンプへ行きたい場合にとてもおすすめですよ。

 

ロゴス Q-TOP フルシェード 200

ロゴス Q-TOP フルシェード 200

出典:楽天市場

 

ワンタッチ式のソロテントです。設営がとても簡単で、僅か30秒もあれば設営が完了しますよ。

簡単に設営できるとすぐに崩れないか心配になってしまうものですが、心配は必要ありません。

構造はちゃんとしっかりしていますよ。

紫外線防止の加工もされているので、キャンプだけではなく、海水浴などでも活躍しそうですね。

 

コールマン ツーリングドームST

コールマン ツーリングドームST

出典:楽天市場

 

広い前室があるところがとても特徴的なソロテントです。その広い前室のおかげで、開放感抜群となっています。

また、ドアがメッシュ素材だったり、“ベンチレーションシステム”という湿気を逃がすシステムが採用されていたりということもあり、通気性がとても抜群ですよ。

1人でも簡単に設営できるので、安心ですね。

 

エムエスアール ハバエヌエックス

エムエスアール ハバエヌエックス

出典:楽天市場

 

重量が約1.3kgという軽さが便利な、ソロテント。登山用としてとても人気のあるソロテントですよ。

強風にも耐えられる弾力性の高いポールを使用しているので、一度曲がってもすぐに元の形に戻ってくれます。

耐水性が高かったり、居住スペースが広かったりと、嬉しいポイントが盛りだくさんですよ。

設営もとても楽にでき、時間を掛けずに設営することができます。

 

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントUV

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントUV

出典:楽天市場

 

湿気対策にこだわったソロテント。

梅雨の時期に限らず、テントの中は結露しやすいことが悩みの種です。

こちらのソロテントは、テント内の湿気をしっかり逃がすベンチレーションや、フライシートとインターテントの隙間を確保するなどの対策をとっており、結露をしっかり防いでくれます。

ベンチレーションは湿気を逃がすとともに、通気性も高めてくれるので嬉しいですね。

また、紫外線を95%もカットしてくれるUVプロテクションコーティングを使用しています。

 

ディーオーディー カマボコテントソロUL

ディーオーディー カマボコテントソロUL

出典:楽天市場

 

柔らかなナイロン素材を使用しているので、持ち運びがとてもコンパクトなソロテントです。

2人でも十分に寝転ぶことのできるとても広い空間を作ってくれ、ゆったりとくつろぐことができますよ。

夏は涼しく、冬は暖かく使用することができ、年中通して使用可能なのもとても嬉しいポイントの1つです。

通気性にとことんこだわっており、夏は特に涼しく過ごすことができそうですね。

 

まとめ

おすすめソロテントについて紹介していきました。どれも人気のある種類なので、気になるものがあれば、ぜひ手にとってみてください。

今とても人気となっているキャンプ!なかでも、ソロキャンプは人気で、男性女性問わず楽しんでいる方が多いです。

そこで必要になるのがソロテントです。快適なテント選びをしないと、夜にはかなり後悔することになるので注意してください。

迷った時には今回紹介した中から選んでみることをおすすめします。ぜひ、試してみてくださいね。

 

一緒に読まれています

>キャンプ用ケトルおすすめ人気8選【保温可能・速い種類・安いなど】

>最強虫除けスプレーの人気おすすめ8選【屋外やアウトドアで便利】

>保冷バッグおすすめ8選【人気ブランドメーカー・保冷力に効果的】

>保冷剤おすすめ8選【最強の長時間持続・人気種類を比較】